15日スタート、レーザーラジアル世界選手権

  • 15
  • May

 5月15〜20日までドイツ・ホルテンハーゲンでレーザーラジアル級世界選手権が開催されます。出場するのは、日本ナショナルチームに加えて、出場権利を持つ合計6選手。ラジアル級は昨年12月に蛭田香名子選手により五輪出場国枠を獲得しているので、この世界選手権で日本最高順位を獲得した選手が日本代表候補となります。(BHM編集部)

◎レーザーラジアル級世界選手権・出場日本選手
土居愛実(1993年8月29日生まれ。山手学院高出身。慶應義塾大1年在学)
原田小夜子(1988年1月8日生まれ。鹿屋体育大出身。鹿屋体育大職員)
松苗幸希(1986年7月29日生まれ。鹿屋体育大出身。室蘭市体育協会)
冨部柚三子(1990年7月21日生まれ。日本女子大学)
長谷川哲子(1986年3月3日生まれ。静岡大出身。豊田自動織機)
多田桃子(1993年2月23日生まれ。唐津西高出身。日吉染業)

 また、ビデオグラファーの中嶋さんよりイエールSOFで撮影した土居、原田、松苗選手のインタビュー映像が届きました。実力が拮抗しているだけに、どの選手が代表になのか予想できません。ナショナルチーム外の選手にもチャンスは同等にあります。また、選手たちは国際大会の経験値が少ないだけに、きびしい大会になることも想像されます。みんな、がんばれ!


レーザーラジアル世界選手権に向けて、土居、原田、松苗選手インタビュー

◎World Laser Radial Women’s Championship 2012
http://www.laserworldchampionship.com/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ