風と潮の戦いか?韓国アジア大会はじまる

  • 24
  • Sep

 9月24日、韓国仁川(インチョン)でアジア大会セーリング競技が始まりました。セーリング会場は、この大会のために作られた仁川西部のワンサンマリーナ。町の人も知らないほど新しいマリーナのようで突貫工事で作られたという噂です。しかし、会場は広く、マリーナ建物は大きく立派。しかし、売店やカフェ、クラブハウスのようなものはなく、必要最低限の設備が揃う競技場といった印象です。(BHM編集部)

14.09.24_04
アジア大会が始まった仁川ワンサンマリーナ。日本は出場しませんが、ホビー16級、29er級、OP級もおこなわれています。photo by Junichi Hirai

 ハーバーから選手村まではシャトルバスが行き来しています。所要時間は約40分。日本選手たちはマンションの日本棟に他競技の選手も一緒に宿泊しています。アジア大会のほとんどの競技はバス移動が主になっています。そのため、全選手が同じような時間にバスに乗っていハーバーへ。終わったらバスの時間の都合で選手村へ帰る、を繰り返すことになります。

 選手に話を聞くと、選手村は、良い所もあり悪い所もあり。ネット環境は相当悪いようです。また、国内で「エレベーターが止まってしまい日本サッカー代表選手が22階まで歩いた」というニュースがありましたが、マッチレース代表の坂本選手も被害にあったらしく、「ぼくも忘れ物しちゃって、12階まで歩いて上がったんですよ!」と息巻いていました。でも、日本マッチレースチームは減量だったので良かった、とも。

 さて、大会初日は温帯低気圧に変わった台風の影響で、雨、風が強くなると予想されましたが、雨雲は午前中に通り過ぎ、雨も小雨程度。風は序盤15ノット前後まで上がりましたが、その後は5ノット程度まで落ちていきました。大会初日は、明日以降の微風予報を踏まえて各種目とも3〜4レースを実施しました。

「明日から風がなくなるの?」と中村健一コーチに聞くと、「ここは潮が強くて、きょうも1ノット以上流れていました。風が弱くなるとレースできる海面じゃなくなる。前に進めませんから。17日から前入りしている日本チームも風が弱くて練習には困りました。きょう(420級男女が)4レースやってうまくまとめられました。仁川のコンディションを考えるといいスタートを切れたと思います」(中村)

 韓国コーチの話では「ココは1年に3回しかトラピーズに乗れる日がないヨ」というほどライトコンディションだそうです。大会は9月30日までおこなわれますが、残り一週間「潮と風を読む」神経戦になりそうです。

 大会初日の成績は公式成績が発表され次第、掲載します。

14.09.24_05
スペインISAFワールドから直行組の470級男子、土居一斗/今村公彦(チームアビーム)。「時差ボケきついですね」と今村。第1、最終レースを1位で決め、2位韓国と同点現在暫定1位。同じく土居愛実(ラジアル。慶応大)、富澤 慎(RS:X。トヨタ自動車東日本)もサンタンデールから飛んで参加しています。photo by Junichi Hirai

14.09.24_01
仁川の町中にあるメインプレスセンター。(マリーナ常駐のBHM編集部には関係ありませんが)、関係者が仕事するテーブルと椅子がずらりと並んでいます。サンフランシスコ・アメリカズカップのメディアルームよりも広いです。photo by Junichi Hirai

14.09.24_03
選手、コーチには大会側が用意したお弁当が配布されます。「これがサルモネラ菌が出たという弁当か…」と思いながら、宮野RS:X級コーチの食事を見ていました。photo by Junichi Hirai

14.09.24_02
無味乾燥としたマリーナメインゲート。本当に突貫工事で作ったのが分かります。東京五輪はこんなゲートにしてほしくありません。photo by Junichi Hirai

仁川アジア大会 初日成績
470級男子 参加6カ国

1. 土居一斗/今村公彦 JPN 9.0p
2. KIM Changju / KIM Jihoon KOR 9.0p
3. LAN Hao / WANG Chao CHN 12.0p
4. THAMSOONTORN Navee / BUTMARASRI Nut THA 14.0p
5. KU ZAMIL Ku Anas Bin / MAZELAN Mohamad Hafizzudin Bin MAS 18.0p
6. BALLADARES Ridgely / DIMAPILIS Whok PHI 22.0p

レーザーラジアル級女子 参加8艇
1. 土居愛実 JPN 4.0p
2. ZHANG Dongshuang CHN 5.0p
3. CHANYIM Kamolwan THA 9.0p
4. HAMID Nur Amirah Binti MAS 13.0p
5. YIN Yueling Elizabeth SIN 15.0p
6. KUMANAN Nethra IND 18.0p

420級男子 参加9カ国
1. NORIZAN Mohamad Faizal Bin / ABDUL AZIZ Ahmad Syukri Bin MAS 7.0p
2. 小泉維吹/松尾虎太郎 JPN 8.0p
3. LOH Jia Yi / YEO Jonathan SIN 12.0p
4. TSE Sui Lun / CHIK Ho Yin HKG 13.0p
5. KIM Wooyop / KIM Insu KOR 25.0p
6. JADKLAY Jirawat / PHETSIRI Sarawut 26.0p

420級女子 参加6カ国
1. LIM Min Kimberly / SIEW Kiah Hui Savannah SIN 6.0
2. JAMIL Nuraisyah Binti / SALLAHUDDIN Umi Norwahida Binti MAS 8.0p
3. 田中美紗樹/高野芹奈 JPN 14.0p
4. LEE Nakyung / CHOI Seoeun KOR 16.0p
5. JIANG Xinyu / SHEN Xinyu CHN 18.0p
6. CORREA Diya Anna / ARSIWALLA Zara Khuzaima IND 22.0p

RS:X級男子 参加9カ国
1. WANG Aichen CHN 4.0p
2. LEE Taehoon KOR 9.0p
3. BOONSAWAD Ek THA 11.0p
4. LEUNG Ho Tsun Andy HKG 15.0p
5. 富澤 慎 JPN 15.0p
6. CHANG Hao TPE 18.0p

※マッチレースは9月26日から始まります。

◎17th Asian Games INCHON2014
http://www.incheon2014ag.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ