連載ヨットレース繁盛記。春っていいよね!

  • 27
  • Mar

 さて、今回のホビーホークチームは、葉山マリーナヨットクラブの「MUSTO CUP」に参戦してきました。前日までは、寒い雨の予報。しかし、雨雲は吹き飛んで、レース当日の相模湾は爽やかな青空が広がりました。レースの結果もナカナカ良かったようで、もしやみなさん、脱皮した? チームの成長も気になる今回の繁盛記です。(BHM編集部)


MUSTO CUPは31艇が参加。これだけ集まると壮観です。ミドルボート選手権を見ているようです。photo by O.Yuko

ヨットレース繁盛記!ドタバタ編
MUSTO CUP

 春です! あっと言う間に桜が満開です! 葉山の山も萌えはじめ、モコモコしてきました。もう少しすると山全体が一気にパステルカラーになって、美味しそうな和菓子みたいになってきます。そんな春っぽいウキウキ感を全身にまとって、今週は「第4回 MUSTO CUP」に参加しました。(文/石丸寿美子)

 直前まで、天気は雨ベタの予報。週間予報なんて当てにならないのは重々承知の上だけど、毎日天気図をチェックして、予報が変わるたびに一喜一憂するのはサンデーセーラーの性なので仕方ありません。そして予報は見事に外れ、青空もチラ見えするくらいの春らしいコンディションになりました。バンザイ! 風もしっかり吹いてます。

『花まるロケットスタート成功。素敵だー』

 外来艇7艇を含め、参加艇は31艇。顔ぶれを見るとなんだかプレ・ミドルボート選手権みたいになっています! ひょー。強豪揃いです。がんばらないとー!

 第1レース。いつもの北東風よりやや東寄りの風軸です。ほんの少しカミが高いのと、右振れ傾向だったのとで、カミスタートを狙うフネが多く本部船側は混雑してきました。今回は、思い切って早目に高い位置まで出てみたら四方にルーム十分になったので、そのままラインを流し、花まるのロケットスタートを決めることができました!

 振り向くと混雑した本部船の際で何艇もが重なっています。案の定、黄色と紺色の忌々しい三角の旗。珍しく良いスタート切った時に限ってゼネリコというのは、まったくもって残念な法則です。でも、仕切り直しのスタートでは珍しく法則を覆し、さっきと同じくらい良いスタートを決めることができました。

 景色イイです〜。写真に収めておきたいくらいに。でもまだまだ序盤なので歯は見せないでおきます。重いブローがガツンと入るたびに、レールにずらっと並んだみんなが渾身のスーパーハイクアウトをしてくれるので、パワーがスピードに変換されていく感覚を楽しみながらの上りレグです。素敵だー。

 気分良く1上マークをまわります。ダウンウインドになると大きいフネは流石に速く、徐々に同じようなサイズがゴチャっと集まってきました。レースの後半は少し風が落ち、最後あやしい東寄りの風が入ってきたけれど、スタートダッシュと前半の貯金で何とか持ち堪え、着順18位、修正7位です。合格ライン。


バウチームです。ギャグも一級品。photo by O.Yuko

『ウホ! なんだか今日はイイ感じ』

 第2レースを前に、青空が広がって風がどんどん落ちてきました。このまま晴れあがると南のヒョロヒョロ風になってしまいそうなので、この時ばかりはみんなで雲を熱烈応援します!

 風が大きく東に振ったので、上マークはそのままにスタートラインを移動してみたけれど、結局やや振れ戻した感じ。風弱いのでとにかく船足を止めないようにきれいに出ることだけを考えてのスタートです。なんと1レース目よりも更に良いスタートとなりました。オヨヨ! どうしちゃったんでしょう今日は(でもまだ歯は見せないでおきます)。

 上マークに近づいて行くと、時折ハイクアウトするくらいのいい風が残っています。今日は何だかいいフィーリングです。パフの中で、ヘルム感覚に任せてゴリゴリ上って行ける感じがヒジョーに気分良く、急に上手くなったような錯覚に陥ります。ま、錯覚ですけど。

 その後のコースも良かったです。2上では1艇だけだったけど右を信じてコースエンドに突っ込み、更にゲイン。いつもミートはもっぱらレグ違いで、今まで一緒になんて走った事ないような速いフネたちと最終上マークを回航します。レース終盤まで絡めるのは上出来です。ウホ!(でもまだ歯は見せないでおきます)

 一時は南に変わるような気配のパフも入って来ましたが、そこまでは至らず、そのままフィニッシュとなりました。着順12位、修正6位。このレースもまずまずでした。

 最後まで小躍りもしなかったし、歯も見せなかった成果? で、総合成績は5位。おぉー。参加艇の顔ぶれを考えれば片手シングルは上出来です。途中、あまりの景色の良さに若干にやけて口角あがってしまったけど、どうやらヨットの神様にはバレなかったみたいです。

 本日、クルーワークもコースもすばらしかったです。いろいろ、発展途上というのは楽しいものです。来月から葉山にも新しいチームが増えるとか。やっぱり春っていいですね。いくつになっても、何か新しい事が始まるワクワク感があります。桜が散ると、いよいよさわやかな季節到来です!


頼りになります。スーパーコースを引いてくれたタクティシャンの関根さん。Photo by hobbyhawk

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ