軽風続く。リオ五輪テストイベント3日目フォトレポート

  • 18
  • Aug

 8月17日、リオデジャネイロで開催されているリオ五輪テストイベント3日目。本大会では、リオ五輪を想定しておこなわれているため、本番と同様にレース期間中レイデイが設けられています。本日はRS:X級男女がレイデイで小休止。その他のクラスはレース日となります。(BHM編集部)

7Z7A3658
リオ五輪テストイベント3日目。470級男女は内海面の中央でおこなわれました。photo by Junichi Hirai

 リオのレース海面は広く、端から端の海面までボートがフルスロットルで走っても30分以上掛かります。相模湾の海面でいえば、江の島を拠点とすると葉山、長者ヶ崎ぐらいまでの範囲でしょうか。レース艇は延々とえい航してレース海面へ向かいました。

 大会3日目の風は南から吹いています。前日よりも風は冷たく、夕方近くはジャケットを着ていてもよいほど。「冷たい南風」は日本人からすると違和感があり、ここが南半球であることをあらためて認識します。リオは日本と逆で、いまの夏の時期が1年でもっとも気温が低くなります。

 フィン級、レーザー級、ラジアル級、49er級FXは、大西洋に出る湾外の海面で予定されていましたが、風が弱く、湾内のレースが終了した後、その海面へ戻ってレースがおこなわれました。端から端のレース海面まで、選手たちは長時間掛けて大移動です。こうしたレース海面の変更は、ISAFセーリングワールドのような合同世界選手権ではまれにあることで、選手には臨機応変の対応が求められます。

 大会3日目までの成績は下記の通りです。470級男子の土居一斗/今村公彦は、第3レースを5位、第4レースを3位でフィニッシュしましたがUFD。失格にはなりましたが、毎レース上位に食い込むレースをしています。また、吉田 愛/吉岡美帆は6-4位を取り、初日の失格がカットレースになったことで総合7位にあがってきました。

 まだはじまったばかりのテストイベントでは、3日目を終えて毎日似たコンディションが続いています。南を軸にした軽風で10ノット程度。突発的なブローが入ることもありますが、長く続きません。潮は強く、風も陸の影響を受けます。あたまを使うむずかしい海面ですが、日本選手は決して苦手な海面ではないように感じています。

 大会4日目は、49er級がレイデイになります。

4J5A7513
第4レースのUFDが悔やまれますが、世界のトップと互角の戦いを見せている土居/今村。昨年のテストイベントの成績は18位でした。photo by Junichi Hirai

4J5A8652
至近距離で上マークをまわりダウンウインドで迫力の走りをみせる49er級。現在、ニュージーランドがトップです。photo by Junichi Hirai

4J5A8087
7位にアップした吉田 愛/吉岡美帆。昨年のテストイベントでは17艇中10位でした。photo by Junichi Hirai

4J5A8357
ブローが入りエキサイティングな走りをみせるナクラ17。波しぶきが霧のよう。photo by Junichi Hirai

7Z7A3613
出艇前、レーザークラスのスロープ。photo by Junichi Hirai

4J5A7233
メディアボートの対応が悪いと嘆いていたら2艇になりました。それでもフォトグラファーで満杯です。photo by Junichi Hirai

4J5A7708
470級男子はUSAがトップに。ベテラン選手ですが、ロンドン五輪(12位)後に急成長してきた選手です。photo by Junichi Hirai

4J5A7951
牧野幸雄/高橋賢次。49er級は前日の遅れを取り戻すべく4レース連続でおこないました。photo by Junichi Hirai

7Z7A3618
出艇前の吉田 愛、吉岡美帆。「今年いっぱいは順位の目標を決めず、自分たちの課題をひとつずつ改善していきたいと思っています。初日のUFDは攻めていたせい。今回は気後れしないで攻める戦いをしたい」(吉田)。photo by Junichi Hirai

7Z7A3625
49er級FXの松苗幸希。「未熟なのはわかっていますが、クローズでは走り負けしていない場面もある。それを維持して走らせられるようになりたい。この大会に出場することは貴重な経験になります」。photo by Junichi Hirai

4J5A9067
470級が終わった後、海面を移動しておこなわれたレーザーラジアル級が遅番に。日没近くまでおこなわれました。photo by Junichi Hirai

4J5A9119
成績は15位のまま。土居愛実。photo by Junichi Hirai

4J5A9239
光が反射して神々しさが増したキリスト像。photo by Junichi Hirai

◎ISAF Aquece Rio International Sailing Regatta 2015
http://www.sailing.org/olympics/rio2016/home
◎Aquece Rio
http://www.aquecerio.com/

470級男子 参加22艇
1. USA Stuart Mcnay / David Hughes 6-2-1-(9) 9.0p
2. SWE Anton Dahlberg / Fredrik Bergstrom 2-(11)-4-4 10.0p
3. CRO Sime Fantela / Igor Marenic 3-(7)-7-1 11.0p
9. JPN 土居一斗/今村公彦 11-5-5-(23) 21.0p

470級女子 参加18艇
1. CHN Shasha Chen / Haiyan Gao 1-3-2-(13) 6.0p
2. USA Anne Haeger / Briana Provancha 2-2-3-(6) 7.0p
3. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 6-1-(10)-1 8.0p
7. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 (19)-10-6-4 20.0p

49er級男子 参加20艇
1. NZL Peter Burling / Blair Tuke 2-6-1-(12)-1-1 11.0p
2. AUT Nico Delle – Karth / Nikolaus Resch 5-2-7-2-4-(11) 20.0p
3. ESP Diego Botin / Iago Lopez Marra 1-4-8-5-(10)-4 22.0p
13. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 12-12-11-(14)-8-13 56.0p

49er級FX女子 参加19艇
1. ITA Giulia Conti / Francesca Clapcich 1-2-3-(10) 6.0p
2. ARG Victoria Travascio / Maria Sol Branz 2-(7)-4-1 7.0p
3. BRA Martine Soffiatti Grael / Kahena Kunze (20)-3-2-2 7.0p
18. JPN 松苗幸希/原田小夜子 17-(19)-16-17 50.0p

レーザーラジアル級女子 参加28艇
1. LTU Gintare Volungeviciute Scheidt (10)-3-8-1-7 19.0p
2. USA Paige Railey 13-1-(29)-2-8 24.0p
3. FIN Tuula Tenkanen 7-11-5-(19)-1 24.0p
15. JPN 土居愛実 1-(21)-16-16-13 46.0p

RS:X級男子 参加28艇
1. CHN Aichen Wang 4-1-1-1-2-(5) 9.0p
2. FRA Pierre Le Coq 1-6-5-3-3-(9) 18.0p
3. GRE Byron Kokkalanis 7-(17)-6-2-6-1 22.0p
23. JPN 富澤 慎 20-19-19-(25)-19-25 102.0p

RS:X級女子 参加20艇
1. FRA Charline Picon 1-7-6-2-(11)-1 17.0p
2. POL Malgorzata Bialecka 3-2-3-6-4-(8) 18.0p
3. ESP Blanca Manchon 4-4-5-(8)-2-6 21.0p
15. JPN 須長由季 17-(20)-10-9-18-15 69.0p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ