親子ペアも出場!江の島テーザー級オータム

  • 24
  • Oct

 10月19日、江の島ヨットハーバーで「テーザー級オータムレガッタ」が開催されました。17艇が参加し、その内の3艇は親子ペアというテーザーらしいアットホームな雰囲気でレースがおこなわれました。(レポート・写真提供/日本テーザー協会)

14.10.24_11
江の島で開催されたテーザー級オータムレガッタ2014

 第1レースは、北東の風2〜3メートルでスタートし、全艇の2/3が左海面へ、1/3が右海面へと艇を進めて第1上マークを目指しました。1上マークは右海面を走った池田・秋吉組がトップ回航。僅差で右海面を走った佐藤・村岸組が回航をしました。その後、風が弱くなり2上マークでコース短縮となり佐藤・村岸組がトップフィニッシュしました。

 第2レースは、東の風2〜3mでスタートしました。各艇風の振れに合わせたタックを繰り返しましたが、2下マークをトップ回航した石川・泉艇がフィニッシュマークを間違えて上マークに向かうというハプニングがあり、順位が入れ替わりました。

 その結果、1位は池田・秋吉組となりました。第2レース終了後に風が無くなって海面が鏡になってしまい、本日のレースは終了となりました。オータムレガッタの優勝は池田・秋吉組、準優勝は佐藤・村岸組、3位は石川・泉組となりました。

 テーザーには、上位艇がその技術をみなさんに伝えるという良い雰囲気があります。前日の午後には、恒例の練習会がありました。

 夜の反省会には20人前後が集まり、ほろ酔い加減でセーリング理論の談義に花を咲かせます。佐藤さんから「国際選手を目指すなら」という事で細かなメインセールコントロールとティラーさばきの話がありその内容に一同納得、反省会は大いに盛り上がりました。

 次回は11月1〜3日に千葉県稲毛で「テーザー級全日本選手権」が開催されます。

14.10.24_10
2014テーザー級オータムレガッタ成績表

14.10.24_12
優勝の池田・秋吉組

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ