蒲郡強風全日本インカレ完結!470日本大、スナイプ、総合優勝は早稲田大

  • 07
  • Nov

 11月6日、愛知県蒲郡で開催された「第81回全日本学生ヨット選手権」最終日。強風予報の蒲郡沖は北西風が吹き上がり、20ノットを超えるガストが選手を襲います。第81回全日本インカレは、近年まれにみる強風シリーズとなりました。(BHM編集部)

ch6i6373
スナイプ級、総合優勝を決めた早稲田大・平川主将の胴上げ。photo by Junichi Hirai

 470級の高山大智/木村直矢(日本大)は、最終日も1-1位を決める驚愕の走りを披露しました(全11レース中7回トップ)。日本大は高山/木村の低得点を核に、さらにシリーズを通して崩さない走りを見せた玉山千登/服部勇輝、今井拓也/市川一帆の安定成績を加えてクラス優勝を決めました。

 また、慶応 vs 早稲田のスナイプ対決は、第10レースで慶応大が2-10-3位(合計15点)の会心のスコアで早稲田大に1点差まで迫ります。両校一騎打ちとなった勝負は最終レースに託されました。風がさらに吹き上がった最終第11レースで、トップマークを回航したのは早稲田大でした。

 慶応大は強烈な追い上げを見せて9-8-7位(合計24点)という最高のレースを見せましたが、早稲田大はその上をいく2-1-5(合計8点)。軍配は早稲田大にあがりました。早稲田大は470級準優勝、スナイプ級優勝、総合優勝を獲得。前回三連覇を決めた時と同じ蒲郡の地で、同じ三連覇を達成しました。

「本当に苦しい戦いでした。予想していた通り、慶応大、日本大との戦いになり、特に慶応スナイプの実力は分かっていた。2日目(6レース)が終わった時点で慶応大と9点差。厳しさを感じていましたが、ここからが本番だという気持ちで戦いました。今年のチームは個性豊かなメンバーです。セーリングの対しての上級生、下級生の壁はなく、意見の食い違いや議論することも多かったけれど、インカレが近づくにつれて総合優勝という目標を軸にチームがまとまっていくのを感じました。レース期間中、強風レースで身体は疲れているのに、なかなか寝付けませんでした。今晩はゆっくり寝られそうです」(平川主将)

 スナイプ級の最終レースのできごとです。強風のなかダントツのトップを走っていた早稲田大の永松 礼/川上健太が、最終レグで船を風上に立ててストップ。ここで10艇身ほど後ろを走っていた2位の平川竜也/三宅功輔を待ってトップをゆずり、2艇が並んでフィニッシュする場面がありました。後輩の永松/川上が、平川主将に花道をおくる粋な演出です。優勝のよろこびと後輩のはからいに涙をこらえきれず、大泣きでフィニッシュする平川/三宅が印象的でした。

 強風シリーズとなった「第81回全日本学生ヨット選手権」。ポイント差の少ない戦いに神経をすり減らしながらも、踏ん張り、勝利をつかんだ早稲田大の「底力」を感じずにはいられません。早稲田大は(同志社大以来)インカレ史上2校目となる総合四連覇へ挑戦します。来年の全日本インカレは福井・若狭湾で開催されます。

ch6i5668
全日本インカレ最終日。蒲郡沖は白波が立ち、強烈なブローで走れなくなる選手も出てきましたが、事故なく無事レースを終えました。photo by Junichi Hirai

ch6i4591
何度こうしたシーンを見たでしょう。強風経験の少ない選手には厳しいコンディションだったのは確かです。しかし、強風レースを重ねて上達している選手もみてとれました。photo by Junichi Hirai

ch6i3949
470級優勝の日本大、玉山千登/服部勇輝。「先週におこなわれた蒲郡ウィークでチームの走りが良く手応えを感じました。総合優勝するためにはまず470が優勝しなくてという気持ちで挑みました。後輩の高山/木村がよく走ってくれたのはもちろんのこと、だれかがミスをしてもそれをカバーしていく雰囲気があり、いいムードで戦えたことが勝利につながりました」(玉山)。photo by Junichi Hirai

7z7a2563
2005年大会(江の島)以来となる470クラス優勝を決めた日本大。photo by Junichi Hirai

ch6i4785
スナイプ級11レース中3レースのトップを飾った杉山 航一朗/大木晃太/三輪虹輝(同志社大)。photo by Junichi Hirai

7z7a2615
最終レース、早稲田大スナイプが並んでフィニッシュ。「4年間のいろんなことが頭に浮かんできて涙がこみあげてしまい、フィニッシュラインが見えていなかった」と平川主将。photo by Junichi Hirai

ch6i6347
着艇後の早稲田大。早稲田大の4年生は6名。昨年セーリング後に脳梗塞で倒れた清原駿選手は回復してチームのサポートにつとめました。全員でつかんだ総合優勝です。photo by Junichi Hirai

ch6i6696
6年前、先輩が三連覇した時と同じポーズで写真を取りたいと並んだ優勝写真です。photo by Junichi Hirai


全日本インカレ最終日。映像提供/レイラインメディア

◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー(全日本インカレの写真を掲載しています)
http://junhirai.photoshelter.com/portfolio
◎バルクヘッドマガジン・フェイスブック
https://www.facebook.com/bulkheader
◎第81回全日本学生ヨット選手権(中部学生ヨット連盟)成績速報等
http://www.ayf.jp/school

第81回全日本学生ヨット選手権・最終成績
470級
1位 日本大 349点
1位 早稲田大 380点
3位 慶応大510点
4位 日経大 614点
5位 同志社大 676点
6位 明海大 780点

スナイプ級
1位 早稲田大 486点
2位 慶応大 501点
3位 同志社大 589点
4位 九州大 698点
5位 関西学院大 743点
5位 日本大 753点

総合
1位 早稲田大 866点
2位 慶応大 1011点
3位 日本大 1101点
4位 同志社大 1265点
5位 関西学院大 1672点
6位 明海大 1826点

d81_470
470級最終成績

d81_470_jouin
470級乗員リスト

d81_snipe
スナイプ級成績

1111d81_snipe_jouin
スナイプ級乗員リスト

d81_sougou
総合成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ