華やかに閉幕。和歌山J/24世界選手権を終えて

  • 25
  • Sep

 9月19〜23日まで和歌山で開催された「J/24世界選手権」が終わった。最終日は2レースが成立、全8レースを実施した結果、ドイツから参加した〈JJOne〉(Daniel Frost)の優勝で幕を閉じた。(レポート/今津浩平 J/24世界選手権実行委員会)

7z7a8935
初日からトップを保守。理想的なスコアリングでワールドタイトルを奪取した〈JJOne〉。photo by Junichi Hirai

 大会は途中、和歌山直撃の台風が通過。丸1日のレースキャンセルが余儀なくされたが、それ以外の4日間は、皮肉にも微風〜軽風のコンディションに終始した。

 迷走台風は、実施前から大会運営関係者を悩ませ、また、直撃が決まったとなれば、今度は関係者全員が、そのために奔走することになった。一方で、微風〜軽風はレース委員長をさぞかし悩ませただろうと推察する。

 このような悩ましいコンディションは、大会運営関係者の技量を試すことになったが、それを高い次元で見事に成し遂げた点だけをとってみても、当大会は成功だったと評価できるだろう。

 もちろん、大会の準備には、大変な労苦が伴ったはずだ。会期中にしか滞在しない筆者には、氷山の一角しか見えないのだが、その水面下には、想像を超える多くの人のエネルギーが費やされたと推察する。

 大会会期中の選手達の笑顔から、また、円滑にすすむ大会の進行状況から、それらすべての準備がしっかり功を奏したのだと確信する。

 ヨットレースイベントは、当たり前だがレースが主体だ。だから、計測を含むレース運営以外の、例えばソーシャルな要素は、必要にして最小限のクオリティが求められる。

 そして、その加減もまた、オーガナイザーの腕の見せどころになるが、開会式から毎日のアフターレースイベント、そして表彰式まで、J/24クラスの大人の要素もしっかり見据えた上質なものだった。

 もちろん、選手の準備も大変なものだったと推察する。その成果として、最終成績2位、3位に日本チームが、加えて女子チームが5位に入賞したことは、J/24クラスの歴史に残るだろう。

 選手はもちろん、J/24協会を含むすべての関係者も、また、新たな楽しみをもって、次の機会に向けて邁進していって欲しいと心から願う。

ch6i9018
〈いちもくさん〉は最終日1点差でワールド2位を獲得。ヘルムスマンの出道耕輔は、同志社大卒業後、スナイプ全日本2度優勝、470活動、同志社大コーチなどさまざまな場面で匠なヨットセンスを見せる。photo by Junichi Hirai

ch6i9812
3位の〈フォックス〉。オリジナルの近藤スキッパー、古賀トリマー、上田バウマンに加え、白石、加原の福岡大出身スターセーラーが乗り込んだ。大会3日目(3レース)、風下スタートから左展開のコース引きは見事。photo by Junichi Hirai

7z7a2596
大会の準備、チャーター艇のメンテ、艇のマスト立てからパーティーまで大忙しだった和歌山チーム。J/24やマッチレースで活躍するシエスタチームも裏方として活躍した。photo by Junichi Hirai

ch6i6526
女子だけのチームで出場しようと集まった〈カナロア〉。軽量ウエイトを活かしたボートスピードで常にトップグループでバトル。女子チームによる総合5位(女子優勝)という歴史的な成績を残した。photo by Junichi Hirai

ch6i1959
ユース優勝(25歳以下)、遠来賞を獲得したペルーの〈Hawky〉。バウマンの女子は19歳。上マーク回航でも余裕のこの笑顔。photo by Junichi Hirai

7z7a4259
最終日2レースで連続トップを決めた〈ラル〉(加藤文弥ヘルムスマン)。積極的にスタートピンエンドを狙うなど攻めるレースが印象的だった。photo by Junichi Hirai

ch6i6661
レース終了後、和歌山マリーナシティホテルで開催されたセレモニー。写真は最高に喜ぶ優勝のドイツ〈JJOne〉。photo by Junichi Hirai

7z7a3221
5日間のJ/24世界選手権が閉幕。次回2017年ワールドはカナダ・オンタリオで開催される。photo by Junichi Hirai


大会最終日ダイジェスト映像

16-09-24_result
和歌山J/24世界選手権最終成績

◎和歌山J/24世界選手権・公式サイト
https://www.j24.gr.jp/2016_worlds/

◎J/24和歌山ワールド・フォトギャラリー
前日 https://goo.gl/photos/vK7N1GvHxwmX15Ss8
レース初日 https://goo.gl/photos/N3qQSETKh9Dkcg4V6
レース2日目 https://goo.gl/photos/dnT6joX1mEzo8DCJ9
レース3日目 https://goo.gl/photos/BTJLR72h6dWZeBYe6
レース4日目 https://goo.gl/photos/fRCQvUSBUez2sAJR7
レース5日目 https://goo.gl/photos/JCVfv1mWDz3w53Sx5

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ