英セールフォーゴールド、予選終了

  • 07
  • Jun

 ウエイマスで開催中のセールフォーゴールド3日目。南から15ノット前後でスタートした1日でした。途中、雨が降ったエリアもありましたが、風は徐々に強まり、最後のラジアル級レースは南西20ノットに達しました。(文・写真/JSAFオリンピック特別委員会)


ウエイマスのハーバー。photo onEdition 2012

 予選最終日であったため、ボーダーにいた470級男子の原田・吉田組は1点が重要な戦いとなりましたが、ぎりぎりの23位でゴールドフリート(決勝ラウンド上位グループ)に残りました。49erは出艇数の半分ではなく、ゴールドフリートは常に25艇と決まっているため、牧野・高橋組も20位でゴールドに残りました。RS:X級は男女とも順位を上げました。

 明日から決勝グループでの戦いになりますが、予報では午後から30ノットを超えると出ており、スタート時刻を10時に早めて行います。

470級女子
7位 近藤 愛/田畑和歌子 (22)-6-10-7-3-19
「1レース目は良かったけれど、2レース目はまずスタートが悪かったです。それでも1上はシングルで回っていたのに、2上は真ん中でうまく走れず、両側からいかれてしまいました。まるで、藻がひっかかっているような感じでした」(近藤)

「ガッコーンと順位が落ちた後に、ひょっとしてとセンターをあげて見ましたが、藻だったかもしれません。もう周囲の艇に行かれてしまった後だったからわからないです。もっと早く気が付けばよかった」(田畑)

470級男子
23位 原田龍之介・吉田雄悟 (20)-7-13-14-10-12
 最初は205度(風上マークの方向。ほぼ南南西)で設定、3ラップのレース。スタートラインから風上マークを見た延長上にポートランド半島があり、その影響を受けて左右に分かれ、軸が2つあるような場所でのレースでした。風が左へ変化してからは比較的安定しているものの、ポートランドを超えてくる風は強弱があってバウンドするようになっていました。コースは短く周回が多かったので、昨日同様、スタートが肝心でした。

「いつもは、2分前とか早めにラインに付いて、しっかりラインの距離を見るのですが、今回は左右のどちらから出るかを決められず、ラインに付くのが遅れています。そこから出遅れ、最初のタックを打ちたいところで打てず、悪循環に陥っています」(吉田)

49er級
20位 牧野幸雄/高橋賢次 11-5-7-12-(BFD)-3-7-12-12
 前よりも船が速くなったので、レースが安定するようになってきました。レースの中で良かったこと悪かったことが選手も含めて明確にすることができているので、世界選手権の時よりも進歩しています。今日は外防波堤内でのレースで、雲の影響で強弱があり、戦い方が難しい海面でした。


「今までよりはだいぶマシになりました。ゴールドフリートの常連になってきました。明日から上位相手に思い切りやります」(牧野)

レーザーラジアル級
46位 土居愛実 20-15-20-(24)-24-19
 1レース目は12位でまわりましたが、集団の中で潮とポジションに反して内側に入ってしまい順位を落としてしまいました。第2レースは吹き上がった風の中で潮を考えたコースを引いて大きく順位を上げました。土居の課題は見えています。学ぶ姿勢と前に向かう強い気持は健在です。


「潮がある時のダウンウインドのコースがわかってきました。でも、スピードが足りないのでもっと練習が必要です」(土居)

RS:X級男子
17位 富澤 慎 11-13-26-(31)-15-13
 防波堤外のDエリアでのレースでした。このコースで南西からの風だと、コースは左海面が有利。タック2回で上マークへ行く感じがトップコースでした。

「昨日よりも乗っているフィーリングが良くなり、今日は戦える気分で走れました。でもスタートが悪くて、行くべき方向へ行き遅れてしまいました。2レース目はスタートした後にメディアボートの引き波が影響して走れずに遅れてしまいました。慎重に運行してほしいですね」(富澤)

RS:X級女子
21位 須長由季 (29)-19-27-19-5-21
 しっかり周りを見て小さくまとまらず、伸び伸びレースをするようにアドバイスをしました。そのせいなのか1レース目はシングルフィニッシュ。とてもよい走りができました。2レース目はスタートラインに入るのが遅くなり、出遅れて順位は中位になってしまいましたが、今までのようなレース展開ではなく、コースを大きく見ることができていたと思います。6番アップの21位に上昇しました。

「1本目は左海面へ突っ込んで良かったけれど、2本目はだめでした。スタートを失敗して左に突っ込んで…。いつもの私ならその後でちょこまかしてしまうのですが、今日は耐えて、耐えて、耐えながら左で盛り返し、ダウンウインドでも順位を上げることができました」(須長)


大会3日目ダイジェスト

◎Skandia Sail for Gold Regatta
http://www.skandiasailforgoldregatta.co.uk/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ