第34回同志社ウィーク。長い風待ち、レース初日1レース実施

  • 19
  • Mar

 3月19日、同志社ウィークが始まりました。本大会の参加艇数は、470級62艇、スナイプ級63艇。遠方からは東北大学、鹿児島から鹿屋体育大学も参加し、社会人から学生まで幅広い選手が集まり、柳が崎ヨットハーバーは普段にはないにぎわいを見せています。(文・写真/同志社ウィーク実行委員会)

16.03.19_03
同志社ウィークレース初日は振れ幅が大きい風で1レースおこなわれました

 昨夜から降り続いていた雨が霧雨に変わる中、開会式が行われました。午前中は小雨が降ったり止んだりの繰り返しで、長い風待ちとなりました。バースでは招待選手を学生たちが取り囲んで、レクチャーを受ける姿も見られました。

 雨が止み、そよそよと風が入り始め12時30分に出艇となりました。なかなか安定しない琵琶湖特有の振れと強弱の大きな風で、両クラス共に1レースを実施しました。

 トップを走った選手、そうでない選手、明暗が分かれる展開になりましたが、まだレースは序盤です。最終日でどのような変化が起こるのか、期待が高まります。

16.03.19_01
合計125艇が出場する今年の同志社ウィーク。東北、鹿児島からの参加があります

16.03.19_02
海上に出ますが風がなかなか安定しません

16.03.19_04
日没の時間が迫るなか、両クラス1レース実施しました

16.03.19_snipe
同志社ウィーク初日スナイプ級成績

16.03.19_470
同志社ウィーク初日470級成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボートオーナーズクラブ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ