沖縄東海、2着〈ガスト〉早朝フィニッシュ

  • 03
  • May

 沖縄宜野湾から720マイルを走る沖縄〜東海ヨットレース。5月3日5時31分02秒、〈GUST〉が朝もやの蒲郡にフィニッシュしました。昨晩の大王沖では、45ノットのガストと雨で視界はほぼゼロの状況。メインセールをおろし、ストームジブだけで走っていたとのこと。伊良湖水道でも船団にはばまれるなど、最後の最後に難関が待っていたようです。(BHM編集部)

 〈GUST〉は、ラットのペデスタル・チェーンをつなぐ部分が突然切れて走行不能に。すぐに緊急ラダーを取り付け、クルーがデッキ下にもぐってチェーン接続部分をシートでスプライス処置してレースを継続しました。また、レース中にクジラ、ジンベイザメと衝突した感触があったとのことです(バウかキールにぶつかり、衝撃は座礁とは違ってブヨンという感じ)。信じられないことが起こるものです。おつかれさまでした!

 5月3日朝の蒲郡は雨があがって曇り空。フィニッシュライン付近は、風がだいぶ落ちて5ノット前後といった状況になりました。今後、レースはゆっくり進行していくと思われます。


3日早朝フィニッシュした〈GUST〉。つかれた表情のなかにも走りきった充実感がみられました。photo by Junichi Hirai


フィニッシュする〈GUST〉。蒲郡沖ではかなり風が弱くなりました。photo by Junichi Hirai


今回〈GUST〉にはアイシンエーアイの加藤央人(26歳。写真右)、トヨタ自動織機の鈴木三太郎(26歳)のディンギーセーラーが乗り込みました。今年はじめ、青山オーナーに誘われて乗艇が決まったとのこと。はじめての長距離レースをがんばりました。「レース中は、そうとう吐きました!」とまだまだ元気なのは若者のパワーでしょうか。photo by Junichi Hirai


使用前。こちらは沖縄・宜野湾港で出港前のさん橋で撮影したふたり。日焼けと若干濃くなったヒゲ、そして疲れた表情が厳しいオフショアレースを物語っています。photo by Junichi Hirai

◎2012沖縄〜東海ヨットレース
http://okinawa.toscrace.jp/
◎沖縄〜東海ヨットレース航跡図
http://yb.tl/oktk2012

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ