沖縄東海、ベンガル独走、残り160マイル

  • 01
  • May

 5月1日、低気圧による影響で足を伸ばした〈Bengal〉は、黒潮の追い潮を受けて四国・室戸沖まで寄せ、そこから紀伊水道、潮岬を目指して北上しています。残航158マイル(17時30分現在)。これから北東風の影響でアップウインドとなるため、刻んだコースを強いられそうですが、かなり速いペースでフィニッシュすると思われます。順調に風を受けられれば、2日早朝のフィニッシュも考えられます。(BHM編集部)


猛スピードで進む〈Bengal〉。フィニッシュは5月2日の予定です

 イエローブリックのリアルタイム航跡を見ると、〈Bengal〉から約95マイル離れて、土佐清水30マイル沖に〈ESPRIT〉、すぐ後ろには〈CRESCENT〉。ラムラインよりも東を狙っている〈GUST〉、〈朝鳥〉、〈PETITE〉が近い距離で戦っているのが分かります。

 また、リタイアした〈弥勒〉は、伊江島南で座礁後、近くを走っていたフェリーの救助艇により救助。雨がひどく、視界がかなり悪い状況だったようです。乗員、船は一旦、伊江島港へえい航され、その後、宜野湾港マリーナへ戻りました。

 マスト損傷の〈TREKKEE〉は、4月30日に50ノットのなかで2度のブローチング。その際、マストホールを損傷したためリタイアしたという情報が大会本部に入ってきています。〈TREKKEE〉は、奄美大島・古仁屋港に入港し、地元ヨットクラブに手伝ってもらってマストを抜き、種子島などを経由して、神奈川三崎のホームポートへ戻るとのことです。

◎2012沖縄〜東海ヨットレース
http://okinawa.toscrace.jp/
◎沖縄〜東海ヨットレース航跡図
http://yb.tl/oktk2012

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ