池田・池田組が優勝!浜名湖で開催、テーザー級オータムレガッタ

  • 19
  • Sep

 9月15、16日、静岡県浜名湖・ビーチスマリーナでテーザー級「オータムレガ​ッタ」が開催されました。地元の浜名湖勢はもちろん、三連休に絡​めて、遠征組は稲毛、江の島、蒲郡、大阪北港から計11チームが参加し、浜名湖の風を満喫しました。(レポート・写真提供​/日本テーザー協会)


浜名湖ビーチスマリーナで開催されたテーザーオータムレガッタ

 初日、開会式前から半数位の艇がセールアップして待機できる程の​無風状態。一旦陸上待機が確定すると、昨年の蒲郡ワールドで5位​入賞した浜名湖の高橋洸志氏によるセーリングクリニックが開催さ​れました。

 コンディションに合わせたセールセッティングの考え方​、シーンによって工夫している点など、高橋氏のヨットに対する情​熱と愛情が溢れ出るクリニックで、参加者はそれぞれに自分のセー​リングに取り入れるポイントを得られたようです。

 しばらくすると、そよそよ風が広がり、約5時間の風待ち後に第1レーススタートとなりました。

 水面がさざ波も立たない程の微風の中、霧雨のような雨も降り、進​んでいるのか? 宇宙に浮かんでいるのか? というような感覚です。そのような中で静かにレースは展開しました。

 ”ヨット好き”で先に出艇&練習していた池田・池田組がコース短縮された上マークでトップフィ​ニッシュ。その後、軽部・軽部組、長谷川親子組と続きます。

 初日はこの1レースでタイムアップとなり終了。帰着の頃には土砂​降りとなり、ホース要らずの解装となりました。

 夜のパーティーではビーチスマリーナさんのバラエティーに富んだ​美味しいパーティーメニューに加えて、テーザー浜名湖フリートキ​ャプテン提供によるスペシャルメニュー”かんたろうのミニ鰻丼”も。

 ミニと言っても侮るなかれ。ミニの丼に鰻が2枚重ね!そして​タレご飯はおかわり自由。つまり、器がミニなだけの、立派な”極上鰻丼”。全員で美味しくいただきました。

 明けて2日目は、秋晴れの爽やかな朝。しかし気温は上がるが風は​上がらない予報。一旦陸上待機となりましたが1時間後に第2レースがスタートし、昨日の第1レースからは見違えるような走りを見せた​荒岡・玉置組がトップ。

 続く第3レースは1上マークトップの池田夫妻組を皆が追う展開の中、関​口・上松組が抜け出てフィニッシュ。第4レースはそれで奮起したか? 池田組トップで荒岡・玉置組が続​きます。

 最終第5レースはこの日のレースで終始トップ争いに絡んでいた荒​岡・玉置組が二度目のトップをとり、レガッタが終了しました。

 気温も戦いも熱い2日目が終わり、総合優勝は初日の首位をキープした​池田・池田組となり、賞品の「鰻」をゲットしました。

 2位は終始上位でまとめた軽部・軽部組、3位は2日目の活躍でジャンプアップした荒岡・玉置組でした。マスター優勝軽部・軽部組、グランドマスター優勝石塚・國武組で​成績確定となりました。

 次のレースは、10月20、21日に葉山新港で開催される「第33回テーザー全日本選手権」です。詳しくは日本テーザー協会公式HP(http://tasarjapan.org)をご覧ください。


蒲郡世界選手権5位の高橋選手による講習会


オータムレガッタは2日間で5レースおこなわれました


優勝の池田夫妻組


2018テーザーオータムレガッタ成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ