江の島で開幕!世界のトップセーラーが競う470全日本選手権

  • 21
  • Aug

 8月22〜26日、江の島ヨットハーバーで「第47回 全日本470級ヨット選手権」が開催されます。デンマーク世界選手権が終わったばかりの470級ですが、海外チームを含め83艇がエントリーしています。(BHM編集部)


江の島で開幕した470全日本。台風19号、20号の動きが気になります。海岸線はすでに波高く、たくさんのサーファーがいました。photo by Junichi Hirai

 エントリーリストは下記のとおりです。今週はじまるインドネシア「アジア競技大会」に出場する吉田 愛/吉岡美帆、磯崎哲也/高柳 彬は不参加。また、イタリアで開催される「470級ジュニアワールド」に出場する選手も出場しません。

 しかし、ロンドン五輪金メダル、リオ五輪銀メダルのマット・ベルチャー/ウィル・ライアン(AUS)をはじめ、スペイン、オーストリア、オランダから東京五輪を目指すトップセーラーが出場します。

 注目は世界選手権から続く日本男子の熾烈な戦いです。今週は台風の影響で荒れる可能性もありますが、世界レベルの走りを見せてくれるでしょう。また、日本女子は先の世界選手権で銀メダルを獲得したスペイン(Silvia Mas Depares / Patricia Cantero Reina)にどこまで食らいつけるのかも見どころです。

 470全日本は、8月26日まで開催されます。江の島ヨットハーバーは、これから470全日本、ワールドカップ、オリンピックウィークと続くため例年以上のにぎわいをみせています。


レース前日は大会受付・計測がおこなわれました。photo by Junichi Hirai


西宮からの遠征してきた大阪大。photo by Junichi Hirai


470全日本と並行して運営チームはワールドカップの準備も進めています。W杯で使うマークを膨らませチェックしました。photo by Junichi Hirai


夕方、江の島ヨットハーバー2階でおこなわれた開会式。photo by Junichi Hirai

◎江の島470全日本選手権
https://www.alljpn470.org/


470全日本選手権2018 エントリーリスト

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ