次世代470バトル開始!福岡470全日本2日目

  • 21
  • Nov

 11月21日、福岡で開催されている470級全日本選手権2日目。あざやかな青空が広がる博多湾は、朝からいい風が吹いています。風の冷たさから冬の到来を感じさせるピリッとした空気のなかでレースがはじまりました。大会2日目は最大20ノット前後まであがる絶好のコンディションで4レースを消化。これですべての予選レースを終え、明日より上位、下位グループに分かれる決勝シリーズに入ります。(BHM編集部)


470全日本2日目は中風から強風で4レースおこなわれました。photo by Junichi Hirai

 編集部が予選を観戦して感じたことは、全レースとも似たようなレース展開になるということ。トップグループと下位グループの間が時にはハーフレグ〜1レグほどの差がついてしまい、実力差がはっきり結果にあらわれているということです。

 しかし、これは当たり前のことで、強風レースではロングコースが採用されるため、ボートスピードのあるトップグループは、長い距離を走るほど差を広げる結果になります。予選を終えた段階で、土居/今村、松永/吉田のナショナルチーム男子と次期ナショナルチームを狙う五輪キャンペーン組、さらに韓国チームは必ず前半でマークを回航していきます。

 そのなかでも土居/今村は、横綱相撲にも似た見事な走りを見せてくれました。本日の彼らは1-1-2-(DNC)。2位となる松永/吉田とトップを争っていましたが、松永艇が第5レースで4着に入ったのを見て最終レースをカット(捨て)レースにしても予選トップ通過が確定。持ち点「0」(予選トップに与えられる得点です。2位は2点、3位は3点、4位は4点…とポイントが与えられます)で決勝レースへ駒を進めました。

 土居/今村、松永/吉田が上位に入ることは前評判通りであり、興味深いのは『彼らの次に誰が上がってくるのか』です。今回の全日本選手権は、12月に和歌山で開催される2014年度ナショナルチーム選考の前哨戦であり、現時点の実力をはかるという意味もあるのです。

 ボートスピードに定評あり、東京国体で優勝した飯束/八山。学生超セーラーを続々排出する日本経済大の現役、磯崎/石井、愛媛県国体代表選手の今村/大嶋、過去に全日本選手権二連覇を達成した市野/高瀬、自費キャンペーンながらも世界選手権へも挑戦した澤村/橋口、会社勤めしながら五輪活動をはじめた河合/小川、和歌山を拠点にシエスタチーム・ディンギー部門で活動する宮川/内野あたりが、上位に絡みメダルレースに入る可能性があります。さらに、予想以上の馬力を発揮している関/轟、渡辺/野呂、実力派の韓国チーム、新チームで力をつけてきた女子の吉田/吉岡にも注目です。

 明日22日から6レース予定されている決勝シリーズは、見どころ満載の内容になりそうです。


470全日本大会2日目成績表。成績速報は(http://www.fsaf.net/470)に掲載されます


大会2日目ダイジェスト。関/轟、韓国チーム、土居/今村のインタビューがあります。movie create by Kazushige Nakajima / Dailysailing.com


博多湾の美しい島々、半島を背景にレースがおこなわれています。photo by Junichi Hirai


第6レースでトップを取った今村/大嶋(愛媛県セーリング連盟)。彼らも日本経済大出身。成績表を見ると日経大OBがたくさんいます。photo by Junchi Hirai


選手たちから「奴らは速い」と評判の飯束/八山(SPN)。11月初旬から現地合宿して大会に挑んでいます。photo by Junichi Hirai


昨年より大きく成長した姿を見せる土居/今村(チームアビーム)。AUSのロンドン五輪・金メダルチームと練習するなどハイレベルなトレーニングをしています。コーチのルスラナ・タランは来日していません。photo by Junichi Hirai


メルジェス、スナイプとの並行活動から470の練習量が減っているというスリーボンド・松永/吉田。photo by Junichi Hirai


慶應大ヨット部時代のコンビでキャンペーンを開始した河合/小川(三井住友海上)。photo by Junichi Hirai


インカレより上のセーリングを目指す現役学生チームにも注目。九州大の田中/平松(21位)。photo by Junichi Hirai


地元、日本経済大の濱本/中川(16位)。photo by Junichi Hirai


唐津西高校で夏までヨット部に在籍し、FJ、420、SSで活動していた岡田/宮口(24位)。来春より大学へ。photo by Junichi Hirai


松永/吉田(スリーボンド)と合同練習をしてきた同志社大の村田/西野(18位)。photo by Junichi Hirai


次期日本経済大のエース、磯崎/石井。磯崎はOP後、高校、大学2年までクルー専門で活躍しました。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ