東風勝利!ボルボオーシャン第6レグ、ブラジル〜ニューポート

  • 14
  • May

 ブラジル・イタジャイからアメリカ・ニューポートまで5010マイルを競ったボルボオーシャンレース第6レグは、約3分差で東風レースチームがアブダビオーシャンレーシングを下しました。東風は第5レグでディスマストのためリタイアしていますが、アブダビに次いで総合2位をキープしています。次回、ニューポートからポルトガル・リスボンまでの大西洋横断・第7レグは5月17日にスタートします。(BHM編集部)

Volvo Ocean Race 2014-15 - Leg 6 to Newport
第6レグでは各艇デッドヒートが繰り広げられ中国・東風が勝利しました。写真は5位フィニッシュに甘んじたアルビメディカ。ニューポートがホームポートです。photo Amory Ross / Team Alvimedica / Volvo Ocean Race

◎ボルボ・オーシャンレース第6レグまでの総合成績
Abu Dhabi Ocean Racing 11
Dongfeng Race Team 17
Team Brunel 21
Team Alvimedica 24
MAPFRE 24
Team SCA 35
Team Vestas Wind 44

 残り3レグしかないを考えると、アブダビのトラブルがない限り、東風の総合逆転はむずかしいかもしれません。しかし、中国・東風は、今回のボルボオーシャンレースで最も評価を得ているチームであることに間違いありません。(主に)フランスと中国の混成チームですが、オーディションで選ばれた中国選手はテレビ番組で特集されるなど国内ではヒーローとして取り上げられています。

 また、舵誌に掲載されていたクヌート・フォスタッド(CEO)へのインタビューにもありましたが、メディアクルーの活躍は目覚ましいものがあります。2大会前からはじまったメディアクルーの映像配信とトラッキングは世界一周レースの応援方法を根本から変えました。陸上にいながら、毎日、毎時間のレース状況が届けられるのです。

 特に今回各艇に同乗しているメディアクルーの想像力には脱帽します。ご紹介する写真を見れば分かるもので、これまでの2大会ではなかったアイデアで撮影されています。海の上の船での撮影は陸とはまるで異なります。撮影のために動ける範囲は限られるし、レグによっては単調な作業になることも予想されます。それでも、考えに考え抜いて、これだけの撮影をおこなっているのは尊敬いたします。

 しかし、今回のボルボオーシャンレースは、フォスタッドCEOの好評価とは別に、今後イベントの成功を左右する課題が出てきていると編集部は考えています。

 その1つは情報が多すぎるために、情報の受け手であるわたしたちが食傷気味になっていること。毎日のように発表されるニュースが多すぎるために、受け手が情報の重さ(価値)が判断できなくなっているのが現状ではないでしょうか。

 もう1つは組織が考える以上に、視聴者、読者、応援するセーラーは「刺激」を求めるようになってしまったことです。ワンデザインボートが採用されたことで世界一周を競技・ゲームとして見たならば、過去最高の魅力を持っているでしょう。レースを追っているみなさんなら分かると思いますが、スタートからフィニッシュまで相手艇が見える至近距離で戦っています。これはワンデザインボートゆえのメリットでしょう。

 しかし、ワンデザインボートになりヨットレースのゲーム性が高くなりましたが、単調にもなっているように思えます。わたしたちが心の何処かで期待する「見たことのないようなスペクタクル」は登場しません。前回以上のものを期待してしまい、受け手側が勝手にハードルをあげているのが問題です。

 こうしたことを編集部は考えていますが、組織の評価はどうなのか分かりかねます(公に成功裡に終わることは誰でも予想できますが)。今週土曜日には、はやくも次回大会(2016〜17年?)ボルボオーシャンレースの概要が発表されるとのこと。次回、ボルボオーシャンレースに変化はあるのか、ないのか? その辺りを注目したいと思います。

◎Volvo Ocean Race
http://www.volvooceanrace.com/

Volvo Ocean Race 2014-15 - Leg 6 to Newport
凪の時間はiPadで読書もしています。以前、ウイットブレレッド世界一周(現ボルボオーシャンレース)に〈ヤマハ〉で出場した小松一憲さんと話していた時、クルーは荷物制限があり本を1冊だけ持ってきて良いと言われ「国語辞書」を持ち込んだ、と話されていたのを思い出しました。時代は変わるものですね。Amory Ross / Team Alvimedica / Volvo Ocean Race

Volvo Ocean Race 2014-15 - Leg 6 to Newport
14日目、アルビメディカからマフレが見える。Amory Ross / Team Alvimedica / Volvo Ocean Race

Volvo Ocean Race 2014-15 - Leg 6 to Newport
ニューポートまで残り750マイル。セーリングしながらウインチを修理するアルビメディカ。photo Amory Ross / Team Alvimedica / Volvo Ocean Race

15.05.14_DFG_150423_greenfield_25091
第6レグ4日目の東風レースチーム。写真は中国選手のJin Hao Chen。photo Sam Greenfield / Dongfeng Race Team / Volvo Ocean Race

15.05.14_DFG_150502_greenfield_30603
男臭の漂う東風のキャビンです。photo Sam Greenfield / Dongfeng Race Team / Volvo Ocean Race

15.05.14_DFG_150503_greenfield_31069
シートチェンジする東風レースチーム。photo Sam Greenfield / Dongfeng Race Team / Volvo Ocean Race

Volvo Ocean Race 2014 - 15 Leg 6 to Newport
スタンの非常用ハッチからGOPROで撮影するマフレのメディアクルー。Francisco Vignale / MAPFRE / Volvo Ocean Race

15.05.14_SCA_150503_halloran_DSC04009
ブラジルをスタートして14日目。大西洋を北上するSCA。写真はセールをパッキングするリズ・ウォーデレイ。photo Corinna Halloran / Team SCA / Volvo Ocean Race

15.05.14_SCA_150506_halloran_DSC04483
ジャイビング中のSCA。photo Corinna Halloran / Team SCA / Volvo Ocean Race

15.05.14_VOR_150506_weiss_7468
第6レグを制した東風レースチーム。第5レグのディスマストが悔やまれます。photo Billie Weiss / Volvo Ocean Race

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポールスチュアート
日本レジャーチャンネル
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ