東京五輪ラジアル女子、レーザー男子日本代表選考ポイント発表

  • 26
  • Jul

 7月に境港で開催された「レーザー世界選手権」の結果を受けて、日本セーリング連盟オリンピック強化委員会は、現時点の日本代表選考得点を発表しました。(BHM編集部)


第2回日本代表選考で81点を獲得した土居愛実(総合15位)。photo by Junichi Hirai

 第1回目の開催となったレーザー男子は、南里研二がオリンピック出場条件となる国別35カ国以内(34カ国目)の成績で3点を獲得。2回目の選考となるラジアル女子は81点を取り、合計190点へ伸ばしました。

 レーザー級男女は2020年2月メルボルンで開催される世界選手権が最終選考となり、合計得点のもっとも高い選手、もしくは総合3位以内の成績をあげた選手が日本代表に内定します。


国枠を獲得し3点を取った南里研二。レーザー男女は来年2月メルボルン世界選手権が最終選考となります。photo by Junichi Hirai


日本代表選考 レーザー男子、ラジアル女子得点表(2019年7月25日時点)

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ