村越勝利!マッチレース伊藤園カップ第2戦

  • 19
  • May

 5月18日、葉山で「伊藤園カップ第2戦(MR2)」が開催されました。このイベントは、4月から11月まで年間8戦が予定される、日本で唯一の賞金マッチレースです。第2戦には5チームがエントリー。初夏の南風がぐんぐんと上がる絶好のコンディションで総当り戦がおこなわれました。(BHM編集部)


伊藤園をスポンサーに装いも新たに開催されている伊藤園カップ。年間8戦がおこなわれます。photo by Junichi Hirai

 ワンポンリーフ+スピンではじまった第1フライト。吹き上がってくる風とともに白熱した戦いが見られました。ボートコントロールも重要なラフなコンディションで、日本マッチレースの先駆者、戸谷壽男と女子だけでチームを結成する藤井麗、葉山マリーナヨットクラブ所属〈スターボードjr〉に乗る名物兄弟、村越俊介が接戦を見せます。

 見どころは、戸谷対藤井の同点対決です。フィニッシュ間際で、先行する藤井を後位置からうまくフィニッシュラインに流れ込み、鼻差で勝利しました。優勝は、マッチレースのヘルムスマンは久々という村越俊介が貫禄の全勝で第2戦を制しました。

「普段は、父、弟と一緒に葉山マリーナヨットクラブのクルーザーレースを中心に活動しています。マッチレースにも挑戦しようとMRにエントリーしていますが、昨年は参加が集まらず中止になることもありました。今年から、伊藤園カップになり、たくさんのエントリーがあることを期待しています。自分たちは、仕事の都合で、長期の休みは取りにくい。今年は、葉山で開催されるマッチレースに出場して、力をつけていきたいと思っています」(村越俊介)


伊藤園カップ第2戦を制した村越俊介チーム。photo by Junichi Hirai


全員女子で挑戦する藤井麗チーム。レース中、叫び声も聞こえましたが、真剣かつ楽しそうに乗ってました。photo by Junichi Hirai


〈サベージ〉チームが母体の安原チーム。がんばってました。photo by Junichi Hirai


こちらで写真集を公開しています。バルクヘッドマガジン写真集・2013伊藤園カップ第2戦

◎伊藤園カップ第2戦成績
1位 村越俊介
2位 戸谷壽男
3位 藤井麗
4位 安原保
5位 大野捻久

——————————————

 今年の伊藤園マッチレースの概要は次のとおりです。興味のあるかたは、ニッポンセールトレーニング葉山(nst2000-yn※y3.dion.ne.jp。※を@に代えて)までご連絡を。

◎伊藤園カップ概要
 4月27日の開幕戦MR-1から11月2日のMR-8までのうち、MR-8は、MR-7までの累積ポイント上位6チームによる優勝決定戦がおこなわれます(辞退チームが出た場合は順次繰り上げ)。

 MR-1からMR-7までの各レースの優勝チームには、30000円。またMR-8で決定する年間1位には300000円、2位100000円、3位50000円が与えられます。

 各レースのエントリーフィーは、1チーム20000円とします(昨年度までは25000円でした)。レースの3週間前予定でレース公示の発信、2週間前にエントリー受付で先着6チームとします。

 なおできる限り出場の機会、ポイントの加算を公平にするため、MR-2よりMR-7までは前回の優勝者は一時スタンバイ(出場見合わせ)とし、6チームに満たない場合は参加可能となります(その次の大会でスタンバイの条件は解消)。

2013年伊藤園マッチレース日程
MR1 4月27日(土) 1位 市川航平
MR2 5月18日(土) 1位 村越俊介
MR3 6月22日(土)
MR4 7月20日(土)
MR5 8月17日(土)
MR6 9月14日(土)
MR7 10月5日(土)
MR8 11月2日(土)…優勝決定戦

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ