本吉夏樹が連覇!伊藤園マッチレースシリーズ最終戦クリスマスマッチ

  • 19
  • Dec

 12月15、16日、葉山マリーナで「伊藤園マッチレースシリーズ クリスマスマッチ in 葉山マリーナ」が開催されました。若手を含めた7チームがエントリーし、昨年度大会に引いて本吉夏樹選手が優勝しました。(レポート・写真提供/樋口良彦 レース委員長)


葉山沖で開催された伊藤園マッチレースシリーズ・クリスマスマッチ。2日目は美しい虹があらわれました

 伊藤園マッチレースシリーズは、株式会社伊藤園の協賛により、4月から4回のマッチレースを葉山マリーナで開催しています。クリスマスマッチは12月にシリーズ最終戦として開催されました。

 レース初日は第2フライト終了後に艇のトラブルなどがあり、一旦延期されましたが、ラウンドロビンの4フライトを実施。2日目は北風の良いコンディションに恵まれ、ラウンドロビンシリーズを、1位市川選手、2位本吉選手、3位加藤選手の順位で終了。

 セミファイナルシリーズを経て、ファイナルシリーズ決勝戦に勝ち残ったのは市川選手と本吉選手。決勝戦第1フライトは市川選手が先取し、続く第2フライトは本吉選手が勝利しました。

 決勝となった第3フライトでは、フィニッシュライン直前まで市川選手が先行しますが、フィニッシュ直前のジャイブで本吉選手が先行。本吉選手が逆転優勝を決めて優勝賞金を手にしました。

 レース後は葉山マリーナのエメラルドルームで表彰式が開催されました。

「NSTの競技艇は、マッチレースをするためにつくられました。マッチレースはアメリカズカップに直接つながります。今後も国内のマッチレースシリーズを主催するので、ぜひ多くの選手に参加してもらいたい」とNST小田切会長が挨拶しました。

 今回のレースは20代から60代までの幅広い選手が参加しました。今後も多くの若い選手にマッチレースに挑戦してもらいたいと思います。

2018クリスマスマッチ成績
優勝 Natsuki Motoyoshi
2位 Kohei Ichikawa
3位 Takuya Kato
4位 Kenji Kubota
5位 Isao Uematsu
6位 Toshihisa Mitoma
7位 Masashi Sugawara


年間シリーズ伊藤園マッチレース最終戦に7チームが出場しました


逆転優勝を飾った本吉チーム

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ