暗雲立ち込める博多湾、無風全日本インカレ

  • 01
  • Nov

 11月1日、福岡小戸・全日本学生ヨット選手権2日目。博多湾は本日も風に恵まれません。朝から小雨の福岡市ヨットハーバーは次第に本降りになり、選手たちはセーリングセンターの屋内へ一時退避。雨は昼前に上がり、そのタイミングで全艇出艇しました。(BHM編集部)

 しかし、期待の風は吹き出すことなく、選手たちは静かな海で漂うばかりです。1時半過ぎにAPHがあがりハーバーバック。その後、レース委員会より各大学の代表者が集められ、全校合意のもと下記の帆走指示書の変更がおこなわれました。

・11月2日の最大レース数を4→5レース
・11月2日、3日のスタート時刻を1時間早め9時30分
・11月3日の最大レース数を2→3レース
・ブリーフィングの開始時間を7時45分に変更

 大会2日目も風は吹かず、初日と含めてまだ1レースもおこなわれていない全日本インカレ。明日こそ、風よ吹け!

14.11.01_06
雨が上がって選手たちは出艇準備。ハーバーには士気を鼓舞する大きな掛け声が響き渡ります。photo by Junichi Hirai


全日本インカレ2日目のダイジェスト映像です。日本経済大、金沢大、京都大、関西大主将のインタビューがあります。映像:デイリーセーリング

14.11.01_05
選手たちは曳航してレース海面へ向かいましたが風吹かず。大会2日目もレースはおこなわれませんでした。photo by Junichi Hirai

福岡全日本学生ヨット選手権・ホームページ
http://intercollege-yacht2014.jimdo.com/
全日本インカレ速報ツイッター
https://twitter.com/zennichi79
全日本インカレ・フェイスブック
https://www.facebook.com/79th.yacht

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ