春・相模湾レースシーズンの開幕戦!Audi NIPPON CUP葉山スプリングシリーズ

  • 28
  • Apr

 葉山マリーナヨットクラブ主催「Audi NIPPON CUP 葉山シリーズ」は、インショアレースとして復活し、今年3年目を迎えました。相模湾の今シーズン開幕戦ともいえるこの大会に、今回は駿河湾や関西からの初参加チームを含め、過去最高の35艇が集まりました。(レポート/葉山マリーナヨットクラブ NIPPON CUP実行委員会)

CH6I8778
4月22、23日、葉山沖で2日間開催されたニッポンカップ。初日は軽風、2日目は中風に恵まれ全5レース実施しました。photo by Junichi Hirai

 メルジェス20クラスには6艇のエントリーがあり、若手もベテランも入り乱れ、言い訳無用のワンデザインでガチンコ対決です。IRCクラスはディビジョンA、B、Cの3つにグループ分けされ、どのディビジョンも9〜10艇の激戦区となりました。

 スタート順は、メルジェス20クラスのあと、国内屈指のハイパフォーマンスボートが集まったディビジョンAがスタートし、ミドルボートクラスのディビジョンBとCは同時スタートです。厳しいプッシュ、熾烈なスタート争いは葉山のレースではお馴染みのシーンです。

 北東の軽風の中、第1レースがスタートし、2日間のレガッタが始まりました。安定しない岸寄りの風でなんとか1レースを終えると、早くも風が落ち傾向に。続く第2レースは振れまわる風でコースチェンジをしながらのレースとなりました。

 第3レースは西風の中でスタートしましたが、すでに日が傾きはじめ、帰港時間を考慮してやむなくコース短縮となりました。

 初日は物足りない微風に終始し、気まぐれな風に翻弄された一日でした。軽量ボート有利のコンディションでしたが、スコアを見る限り混戦模様です。

 夕方からはハーバーヤードでウェルカムパーティーがおこなわれ、各艇たっぷりのビールをお腹に流し込み、翌日への英気を養いました。

CH6I7782
大会の本拠地となる葉山マリーナ。ニッポンカップに出場する外来艇の受け入れもおこなっています。photo by Junichi Hirai

 2日目は初日の曇天から一転、朝から爽やかな青空が広がりました。風も12〜15ノットのしっかりした北東風が入り、第4レースは中風域のベストコンディションでおこなわれました。

 昼前には徐々に東に振れていき、風待ちの後、午後には待望のシーブリーズが入ります。スプリングシリーズを締めくくる最終レースは、6レグの長いレースを敢行。最後はお腹いっぱいになるまで葉山の海を満喫してもらい、予定通り2日間で5レースを実施できました。

 IRCディビジョンAは、強豪〈KARASU〉(MILLS41)や、注目の2艇のK36-SAMURAI〈Gaia〉、〈SPANK〉を凌駕する走りを見せた〈GEKKO XI 〉(Melges32)が初優勝しました。

 ディビジョンBは、軽風シリーズも崩すことなくまとめた〈光風〉(First40)が、ディビジョンCは葉山のエース〈ADONIS〉(First35)が磐石のスコアで優勝を飾りました。

 メルジェス20クラスの勝負の行方は最終レースまでもつれ込み、同ポイントのタイブレークの末、〈J.F.P 3〉がタイトルを手にしました。

 3年目を迎えたニッポンカップ。これからどのようなレースに育っていくのか、まだまだ未知数ですが、葉山マリーナヨットクラブではこれからも現役世代の自主運営をモットーに、「レースは厳しく、パーティーは最高のノリで!」というDNAを大切にしながらこのレースを育てていきたいと思います。そして、引き続き相模湾のレースシーンを盛り上げていければと思っています。

 後半戦となるオータムシリーズは10月21日、22日に開催予定です。多くの皆さんの参加をお待ちしています。10月にまた葉山沖でお会いしましょう!

7Z7A7530
6艇が出場したメルジェス20クラスのスタート。photo by Junichi Hirai

7Z7A8000
メルジェス20クラス優勝の〈J.F.P 3〉。photo by Junichi Hirai

7Z7A7585
IRC B・Cクラスのスタート。photo by Junichi Hirai

CH6I8717
IRC A優勝〈GEKKO XI〉(Melges32)。photo by Junichi Hirai

7Z7A8217
IRC B優勝〈KOUFU〉(FIRST40)。photo by Junichi Hirai

CH6I8850
IRC C優勝〈ADONIS〉(FIRST35)。photo by Junichi Hirai

CH6I9394
次回ニッポンカップは10月21日、22日開催です。みなさん、おたのしみに!photo by Junichi Hirai


2017 Audi NIPPON CUP葉山スプリングシリーズ・ダイジェスト映像

Audi NIPPON CUP 2017 葉山スプリングシリーズ最終成績
IRC Division A
優勝 GEKKO XI (Melges32)
2位 KARASU (MILLS41)
3位 Gaia (K36-SAMURAI)

IRC Division B
優勝 KOUFU (FIRST40)
2位 LUCKY LADY VIII (FARR30 IOD)
3位 MIWA (Sydney36)

IRC Division C
優勝 ADONIS (FIRST 35)
2位 HAURAKI (FIRST 35)
3位 O&S (YAMAHA 33S)

Melges20 Class
優勝 J.F.P 3
2位 SWIFT MAGIC
3位 Quatre HIRO

Audi NIPPON CUP葉山シリーズ2017ウェブサイト
http://www.hmyc.or.jp/nc2017/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ