日本5クラスでメダル獲得。江の島オリンピックウィーク2018閉幕

  • 25
  • Sep

 9月23日、五輪金メダリストから次世代のユースセーラーまで、28カ国・地域から377人が参加した「ASAF セーリングカップ JSAF 江の島オリンピックウィーク2018」が4日間の日程を終え、閉幕しました。(文/西 朝子 江の島オリンピックウィーク実行委員会)


470級入賞チーム。3位オーストリア、2位スウェーデン、1位岡田奎樹/外薗潤平。photo by Junichi Hirai

 日本勢は470級男子・女子、レーザー級、RS:X級女子、420級の5クラスで表彰台にのぼり、金メダル3個、銀メダル1個、銅メダル1個を獲得する活躍を見せました。

 40艇が出場した470級では、岡田 奎樹/外薗 潤平組が総合優勝、吉田 愛/吉岡 美帆組は総合5位で女子優勝を飾りました。

 岡田/外薗組が本格的にコンビを組んだのは今年に入ってからですが、8月に行われた470級全日本で2位(日本人1位)、セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会で優勝、今大会も優勝と国内では敵なしの強さを発揮しています。

「良いレースができました。ワールドカップでやり残したことが何点かありました。今大会ではその点が少しは良くなったかなと思います」(岡田)

「8月から続いた大会で成績が残せたことは嬉しいです。3つのレガッタでは良い点も改善点も見つかりました。これから一つ一つクリアしていきたいです」(外薗)。

 8月の470級世界選手権大会で優勝しワールドチャンピオンとなった吉田 愛/吉岡 美帆組は、男子と遜色のない走りで総合5位、女子では断トツの優勝でした。


「ワールドカップシリーズから艇を替えいろいろ試してみました。風が弱いレガッタでしたが苦手な風域でもそれなりに戦え、成績をまとめられたことは良かったと思います」(𠮷田)。

「オリンピックウィークでは男子と一緒にレースをし、ここでタックされたらいやだなと思う場面でしっかりマークされるなど、シビアな場面が多くてとても勉強になった大会でした」(吉岡)

 3日間で全8レースを行ったRS:X級女子。得意の軽風野中、最終日の3レースをすべて1位でまとめ、総合2位に順位を上げたのがRS:X級の大西 富士子です。今シーズン最後の大会で表彰台に上りました。


「中国勢も速いのでパンピングをがんばりました。風の振れや入りが複雑な海域なので周りをよく見てレースをしたことが結果に繋がったと思います」(大西)

 レーザー級の南里 研二は最終日に粘って3位に踏みとどまりました。

「難しいコンディションの中でスコアをまとめることができました。ナショナルチーム選考がかかった大会ということもあり、慎重にレースをしたことが逆に良かったのかもしれません」(南里)

 ユースセーラーが競った420級で、全3レース、オールトップフィニッシュで優勝したのが山口県立光高校ヨット部の玉山 義規/高菅 峻組です。


「江の島はうねりと風がとても難しくて、コース取りもすごく苦労し頭を使いました。でもトップがたくさんとれたことは嬉しくて、また海外の選手がたくさんいる環境でレースができたことはとても勉強になりました」(玉山/高菅)

420級2位には葉山町セーリング協会の青山 知央/桑野 明日佳組が入りました。高校1年生と中学3年生女子コンビです。


「初日は風が弱いのにうねりが大きく、2日目、3日目は細かい波があって私たちが苦手としていたコンディションで不安でしたが、毎朝、チューニングをしっかり見て自分たちが練習してきたことを生かせたので良かったです」(青山/桑野)

 今年の江の島オリンピックウィークはレガッタを通して軽風が続き、五輪出場を決めた海外のトップ選手にとっても気が抜けない神経戦が繰り広げられました。

 そんな難しいコンディションの中、日本勢が複数のメダルを獲得したことは、来る五輪に向け大きな弾みとなりました。五輪前年となる来年には、どんな顔ぶれが江の島に集まるか楽しみです。

江の島オリンピックウィーク フォトギャラリー
9月21日 前日
9月22日 レース初日
9月23日 レース2日目
9月24日 最終日・表彰セレモニー


最終日ハイライト映像

ASAF Sailing Cup JSAF江の島オリンピックウィーク2018 成績
【RS:X級男子】(最終成績)
日本チーム参加6艇(7カ国・28艇)
1位:Mateo Sanz LANZ(スイス)
2位:Kieran HOLMES-MARTIN(イギリス)
3位:Mengfan GAO(中国)
9位:富澤 慎
16位:池田 健星
20位:尾川 潤
22位:福村 拓也
23位:倉持 大也
25位:三浦 圭

【RS:X級女子】(最終成績)
日本チーム参加9艇(11カ国・20艇)
1位:Hongmei SHI(中国)
2位:大西 富士子
3位:Yunxiu LU(中国)
7位:小嶺 恵美
9位:伊勢田 愛
10位:須長 由季
12位:新嶋 莉奈
14位:松浦 花咲実
16位:渡辺 純菜
17位:山辺 美希
19位:原 百花

【49er級】(最終成績)
日本チーム参加2艇(12カ国・20艇)
1位:Benjamin BILDSTEIN/David HUSSL(オーストリア)
2位:James PETERS/Fynn STERRITT(イギリス)
3位:Isaac McHARDIE/William McKENZIE(ニュージーランド)
6位:古谷 信玄/八山 慎司
9位:高橋 稜/小泉 維吹

【49erFX級】(最終成績)
日本チーム参加4艇(9カ国・16艇)
1位:Martine Soffiatti GRAEL/Kahena KUNZE(ブラジル)
2位:Klara WESTER/Rebecca AINSWORTH(スウェーデン)
3位:Sophie WEGUELIN/Sophie AINSWORTH(イギリス)
9位:原田 小夜子/永松 瀬羅
11位:波多江 慶/板倉 広佳
14位:山崎 アンナ/高野 芹奈
15位:松苗 幸希/齊藤 由莉

【フィン級男子】(最終成績)
日本チーム参加4艇(7カ国・11艇)
1位:Nicholas HEINER(オランダ)
2位:Andrew MALONEY(ニュージーランド)
3位:He CHEN(中国)
8位:國米 創
9位:藤村 裕二
10位:佐藤 嘉記
11位:西尾 勇輝

【470級男女】(最終成績)
日本チーム参加23艇(12カ国・40艇)
1位:岡田 奎樹/外薗 潤平
2位:Anton DAHLBERG/Fredrik BERGSTROM(スウェーデン)
3位:David BARGEHR/Lukas MAEHR(オーストリア)
5位:吉田 愛/吉岡 美帆(女子1位)
6位:磯崎 哲也/高柳 彬
9位:市野 直毅/長谷川 孝
11位:出道 耕輔/中川 大河
14位:河合 龍太郎/中澤 太郎
15位:田中 美紗樹/野田 乙心(女子4位)
16位:宇田川 真乃/今村 公彦
21位:小泉 颯作/疋田 大晟
25位:林 優季/西代 周(女子8位)
26位:村瀬 志綱/樫本 達真
27位:村田 俊彦/田中 健太郎
29位:高宮 豪太/久保田 空
30位:吉村 彰人/出本 稜太
31位:柳内 航平/武内 元彦
32位:西村 宗至朗/秦 和也
33位:元津 志緒/古橋 捷太
34位:佐香 将太/上園田 明真海
35位:小泉 凱皇/嶋田 篤哉
37位:木崎 悠太/兼子 烈
38位:蜂須賀 晋之介/永島 慶也
39位:小木曽 涼/小森 瑛祐
40位:武藤 大和/中島 渉吾

【ナクラ17級】(最終成績)
日本チーム参加4艇(10カ国・17艇)
1位:Jason WATERHOUSE/Lisa DARMANIN(オーストラリア)
2位:Gemma JONES/Jason SAUNDERS(ニュージーランド)
3位:Mateo Majdalani/Eouenia Bosco(アルゼンチン)
4位:村山 仁美/渡部 雄貴
7位:飯束 潮吹/畑山 絵里
10位:梶本 和歌子/川田 貴章
16位:深沢 瑛理/梶本 恆平

【レーザー級】(最終成績)
日本チーム参加17艇(7カ国・26艇)
1位:William De Smet(ベルギー)
2位:Finn LYNCH(アイルランド)
3位:南里 研二
5位:瀬川 和正
10位:北村 勇一朗
12位:鈴木 義弘
14位:粟野 和昭
15位:宮田 一志
16位:杉山 航一朗
17位:樋口 碧
18位:児玉 洋輝
19位:大塚 邦弘
20位:藤井 章一郎
21位:木村 俊介
22位:北川 邦弘
23位:能代 弘
24位:大川 晃弘
25位:清水 二二男
26位:堀田 学

【レーザーラジアル級】(最終成績)
日本チーム参加24艇(19カ国・56艇)
1位:olores MOREIA(ウルグアイ)
2位:Zoe THOMSON(オーストラリア)
3位:Paige RAILEY(アメリカ)
11位:廣瀬 翔大
14位:土居 愛実
20位:冨部 柚三子
24位:多田 桃子
28位:服部 陸太
31位:荒井 かおる
33位:小林 紫帆
35位:中山 由菜
38位:三浦 帆香
40位:小屋 エミリ
41位:大村 杏奈
44位:須田 英実子
45位:大久保 優輝
46位:柿元 麻衣
47位:白石 誉輝
48位:遠藤 海七希
49位:太田 七海
50位:多田 緑
51位:松原 穂岳
52位:黒田 浩渡
53位:山内 俊夫
54位:玉山 雄大
55位:鈴木 万三
56位:近藤 佑香

【420級】(最終成績)
日本チーム参加32艇(2カ国・33艇)
1位:玉山 義規/高菅 峻
2位:青山 知央/桑野 明日佳
3位:嶋倉 照晃/吉井 稀世輝
4位:国見 有/金光 浩志
5位:内貴 航路朗/山地 海心
6位:梅野 真紗子/田村 優衣
7位:大石 駿水/青木 武斗
8位:林 玄/久保田 賢人
9位:青山 瑞希/福田 桃奈
10位:田原 隼宇/上田 直樹
11位:M Daniel Kei M YAZID/M Ryan Sei M YAZID(シンガポール)
12位:秋元 佑介/監物 幸汰
13位:宇田川 涼太郎/福田 祥大
14位:石井 茜/石井 航
15位:熊野 卓郎/梶原 一真
16位:磯村 麟之介/有馬 祐二
17位:吉田 奈緒/坂井 友里愛
18位:金子 道之介/西田 悠大
19位:内田 愛理/鈴木 久美子
20位:須河内 陽夏/寺岡 志保
21位:三村 颯斗/田尻 遊
22位:栗原 新太郎/田主 凌麻
23位:田原 瑠華/遠藤 啓祥
24位:若林 柊吾/田畑 詠一朗
25位:堀田 結衣子/中野 つばさ
26位:大澤 雄帆/吉浦 弘太朗
27位:永嶋 杏樹/村上 紗也
28位:高田 陽介/片山 昇真
29位:秋葉 優吾/小林 大悟
30位:加藤 遼大/海老澤 快
31位:高崎 成/菊谷 育未
31位:大林 弘季/芦立 健太郎
31位:二橋 悠希/寺田 航

◎江の島オリンピックウィーク
https://www.jeow.org/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ