日本49er牧野/高橋、FX宮川/高野、リオ五輪代表に内定!

  • 13
  • Mar

 3月12日、UAEアブダビ「ASAFアジア選手権2016」最終日。リオ五輪アジア大陸クオリファイを掛けた最後の戦いがおこなわれました。レーザー級は、ロンドン五輪に続き国枠獲得ならず。49er級は牧野幸雄/高橋賢次、49erFX級は宮川恵子/高野芹奈がクラス優勝し、リオ五輪の切符を手にしました。(BHM編集部)

16.03.12_313A9423
FX級代表に内定した宮川恵子/高野芹奈。photo by Junichi Hirai

 最終日メダルレースは、アブダビらしい軽風の戦いとなりました。12時にスタートを予定していたものの風は吹かず。長い長い風待ちの後、安定した風(5ノット前後)が入りだし、午後3時すぎにレーザー級からスタートしました。

 メダルレースに出場した安田真之助、南里研二、瀬川和正は、弱い風にもまれながらも上位で戦いを進めます。しかし、前日4位の安田はOCSにより失格。瀬川が2着、南里が3着でフィニッシュしますが、マレーシア、タイの壁を崩すことはできず、国別3位でリオ五輪出場権利を逃しました。

 レーザーと別界面でおこなわれた49er級も神経をすり減らす軽風コンディションです。牧野幸雄/高橋賢次は相手となるインド、タイ、韓国をケアしながら、上マークをオマーンに続いて2位回航。その後、ベテランらしくしっかりと相手を抑えてフィニッシュして、牧野は3度目、高橋は二度目の五輪出場を決めました。

「きょうは風が弱かったけれど、風向は安定していました。ボートスピードは大丈夫と思っていたので、ちゃんとスタートして、真ん中で様子を見ながら3位以内に入ることを考えました。北京五輪は出場しただけで終わってしまった。ロンドンは「もうちょっとやれる」と思ったけれど、それができず。今回は足りなかったものをしっかり準備して戦います。ブラジルで完全燃焼します」(牧野幸雄)

「期間中ストレスを感じる戦いが続きました。緊張感が常にあり、でも集中力は途切れずに戦えたと思います。風が弱く展開が読めないので、苦しめられるレースもありました。いま自分は33歳、牧野さんは36歳。ここまで戦えてきたことに感謝します。オリンピックは燃え尽きるつもりで、全力でぶつかります」(高橋賢次)

16.03.12_313A9428
牧野幸雄/高橋賢次。photo by Junichi Hirai

16.03.12_7Z7A8967
歴史に残る名勝負となった日本49erFX、メダルレースのスタート。photo by Junichi Hirai

 最終レースとなった49er級FXには、日本4チームが4位までを占め、さらに上位3チームが同点首位という特別な状況でおこなわれました。トップを取ったチームが五輪代表となるシンプルであり、選手には過酷な最終戦です。このなかで、抜けだしたのは、後半になって絶好調の宮川恵子/高野芹奈です。軽量チームで軽風コンディションを得意とするだけに、ファーストレグからグイグイと先行していきます。

 宮川/高野は1上トップ回航から逃げ切り、優勝を決めると同時に、リオ五輪日本代表に内定しました。両選手ともに五輪初出場。高野芹奈は、先週誕生日を迎えたばかりの18歳です。関西第一高の卒業式を終えてこの大会に挑みました。

「軽風ならスピードがあるのは分かっていました。これは大きなアドバンテージになっていて、メダルレースもスピードで前に出られました。いまは代表になった実感がありません。「わたしが行くの?」という気持ち。オリンピックまでノープランだし、この大会まで自費で活動していたので、今後の活動資金はありません。これから計画を立てていきます」(宮川恵子)

「たのしくセーリングすることを第一に考えていました。(宮川)恵子さんとは私生活でも気が合う部分が多くてのびのびできました。でも、昨日は緊張してあまり眠れなかった。海に出てセーリングして、スタート5分前になったら吹っ切れて、いつも通りに走れました」(高野芹奈)

 高野のヨット歴は3年程度。中学で同じクラスだった田中美紗樹(関西第一高卒)に誘われてヨットをはじめ、全日本選手権、インターハイ、国体、仁川アジア大会、420世界選手権(2015年女子3位)に出場するなど目覚ましい成長を遂げている選手です。

 ASAFアジア選手権が終わり、日本は49er級、49erFX級で、リオ五輪出場を決めました。牧野幸雄/高橋賢次、宮川恵子/高野芹奈、おめでとう!

16.03.12_313A8834
国別3位、惜しくも五輪出場を逃したレーザー男子。本当に惜しかった。photo by Junichi Hirai

313A9135
優勝と同時に日本代表を決めたトヨタ自動車東日本49erチーム。photo by Junichi Hirai


大会最終日ダイジェスト映像:制作:デイリーセーリング

49er級 参加8艇 最終成績
1. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 18.0p
2. KOR Bongjin Chae / Dongwook Kim 27.0p
3. OMA Musab Al Hadi Hashim / Al Rashdi 28.0p
4. IND Ganapathy Kelapanda / Varun Thakkar 28.0p
5. JPN 高橋稜レナード/小泉維吹 30.0p
6. THA Don Whitcraft / Dylan Whitcraft 36.0p
7. KOR Sungwok Kim / Hoyeob Yang 46.0p
8. IND Aman Mohan / Shubham Pillai 59.0p

49erFX級 参加8艇 最終成績
3. JPN 宮川恵子/高野芹奈 15.0p
1. JPN 松苗幸希/原田小夜子 17.0p
2. JPN 波多江慶/板倉広佳 21.0p
4. JPN 深沢瑛里/大熊典子 32.0p
5. MAS Rufina Hong Mui Tan / Connie Riverra Tsen 37.0p
6. IND Varsha Gautham / Aishwarya Chezhiyan 37.0p
7. IND Ekta Yadav / Shaila Charls 53.0p
8. GBR Karyna Manuel / Abigail Hewitt

レーザー級 参加41艇 最終成績
1. MAS Khairulnizam Mohd Afendy 30.0p
2. THA Keerati Bualong 38.0p
3. MAS Ahmad Latif Kahn Ali Sabri Khan 41.0p
4. JPN 南里研二 45.0p
5. JPN 瀬川和正 49.0p
6. CHN Zhou Jinfu 50.0p
7. CHN Chen Huichao 59.0p
8. MAS Muhammad Farhan Hamid 70.0p
9. JPN 安田真之助 120.0p
7. CHN Qiao Jian 124.0p
19. 樋口 碧 101.0p
20. 北村勇一朗 102.0p
24. 藤本拳 130.0p
25. 西尾勇輝 133.0p

◎バルクヘッドマガジン・フェイスブック写真集
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day1
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day2
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day3
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day4
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day5
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 FINAL Day
◎ASAF Asian Championship 2016
http://www.ac2016.asiansailing.org/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボートオーナーズクラブ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ