日本惜しくもメダルを逃す。マヨルカ島プリンセスソフィア杯最終日

  • 03
  • Apr

 4月2日、プリンセスソフィア杯最終日メダルレース。470級に出場した吉田 愛/吉岡美帆は、総合4位となりメダル獲得を逃しました。優勝は5位から大逆転したポーランドが、金メダルを獲得しました。男子の土居一斗/今村公彦はメダルレースを5位フィニッシュし、総合10位で大会を終えました。(BHM編集部)

7Z7A3628
470級男子優勝のマット・ベルチャー/ウィル・ライアン(オーストラリア)。初日から首位を独走しました。優勝が決まっていたメダルレースでも手を抜かず2位フィニッシュし、王者の貫禄をみせつけました。photo by Junichi Hirai

7Z7A3334
ナクラ17級はビリー・ベッソン/マリエ・リオウ(フランス。写真手前)が圧勝しました。フランスはMVPに与えられるプリンセスソフィア杯も獲得しました。photo by Junichi Hirai

7Z7A3448
470級女子のスタート。風が不安定な時間帯で、この後、風がだんだん弱くなっていきました。photo by Junichi Hirai

313A8323
大会を通してコミュニケーション力が高まったというベネッセチーム。惜しくもメダルを逃しましたが、リオへ向けて課題つぶしのトレーニングが続いています。来週はヨーロッパ選手権に出場します。photo by Junichi Hirai

7Z7A3563
接戦の470級女子を制したのはポーランドです。上マーク2位回航からフィニッシュへ。ブラジルがフィニッシュ間際の混戦で7位となり、2点差で優勝を決めました。photo by Junichi Hirai

313A8376
メダルレースを観戦する日本選手。レース観戦も勉強の場です。photo by Junichi Hirai

7Z7A3854
セレモニーがおこなわれたのは、中世のスペイン都市を再現したプエブロ・エスパニョール。厳重なセキュリティーのなかソフィア王妃が来場し、すべての賞のプレゼンテーターを務めました。photo by Junichi Hirai

4J5A3424
プリンセスソフィア杯恒例となっている金メダリスト集合写真。このセレモニーでは日本でよくある長々としたスピーチなど一切ありません。ソフィア王妃ですらスピーチしません。王妃が全員に賞賛の声をかけ杯を渡すだけです。シンプルですが、勝者を讃える気持ちが伝わるあたたかいセレモニーです。photo by Junichi Hirai

◎第47回プリンセスソフィア杯
www.trofeoprincesasofia.org
◎バルクヘッドマガジン・フェイスブック写真集
PRINCESA SOFIA Day6 photo
PRINCESA SOFIA Day5 photo
PRINCESA SOFIA Day4 photo
PRINCESA SOFIA Day3 photo
PRINCESA SOFIA Day2 photo
PRINCESA SOFIA Day1 photo


最終日ダイジェスト。映像提供:レイラインメディア

第47回プリンセスソフィア杯 最終日成績
470級男子 77艇参加
ゴールドフリート
1. AUS Mathew Belcher / Will Ryan 21p
2. USA Stu Mcnay / Dave Hughes 49p
3. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 57p
4. GBR Luke Patience / Chris Grube 76p
5. GRE Panagiotis Kampouridis / Efstathios Papadopoulos 76p
6. RUS Pavel Sozykin / Denis Gribanov 83p
7. ARG Lucas Calabrese / Juan De La Fuente 85p
8. ESP Jordi Xammar / Joan Herp 87p
9. SWE Anton Dahlberg Dahlberg / Fredrik Bergstrom 87p
10. JPN 土居一斗/今村公彦 88p
20. JPN 市野直毅/長谷川孝 146p
シルバーフリート
50. JPN 高山大智/木村直矢 131p

470級女子 66艇参加
1. POL Agnieszka Skrzypulec / Irmina Mrozek Gliszczynska 48p
2. BRA Fernanda Oliveira / Ana Barbachan 50p
3. GBR Amy Seabright / Anna Carpenter 52p
4. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 53p
5. NED Afrodite Kyranakou / Anneloes Van Veen 60p
6. SLO Tina Mrak / Veronika Macarol 65p
7. AUS Carrie Smith / Jaime Ryan 77p
8. CHN Xiaoli Wang / Lizhu Huang 77p
9. ISR Gil Cohen / Nina Amir 100p
10. NED Michelle Broekhuizen / Marieke Jongens 115p
33. JPN 山口祥世/畑山絵里 193p

レーザー級 参加152艇
ゴールドフリート
1. NZL Andrew Maloney 57p
2. BRA Robert Scheidt 66p
3. CRO Tonci Stipanovic 72p
シルバーフリート
86. JPN 瀬川和正 259p

RS:X級女子 62艇
ゴールドフリート
1. RUS Olga Maslivets 27p
2. ITA Flavia Tartaglini 51p
3. NED Lilian De Geus 56p
シルバーフリート
54. JPN 伊勢田愛 202p

RS:X級男子 85艇
1. GBR Tom Squires 24p
2. POL Pawel Tarnowski 40p
3. GRE Vyron Kokkalanis 41p
シルバーフリート
80. JPN 工藤 輝 269p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ