日本大、早稲田大、慶応大混成ドリームチーム優勝!大学対抗&U25マッチ最終日

  • 03
  • Mar

 3月3日、「セイル・オン 第8回JYMA選抜 大学対抗&U25ヨットマッチレース」最終日は朝から小雨で風弱く、陸上待機ではじまりました。昼過ぎに弱い風でおこなわれた決勝は、ドリームチーム(村上義龍)とWEED 九州大学(鄭 愛梨)の戦いとなり、二連勝したドリームチームが優勝を飾りました。おめでとうございます!(BHM編集部)


(昼も夜も)完全勝利を果たしたドリームチーム。前列左から、村瀬志綱(慶応大4年)、村上義龍(日本大4年)、岩月大空(早稲田大4年)、後列左から武内元彦(慶應大4年)、岡 豪太(慶應大4年)、赤木恒平(日本大4年)、宮野菜々(日本大4年)。photo by Junichi Hirai

ドリームチーム 村上義龍ヘルムスマン・コメント
「今回は(インカレの)ライバルたちと手を組んで、信頼できるチームメイトと出場しました。楽しみながら満足の結果を出せたので、充実した3日間でした。(勝因は?)コミニュケーションを多く取って話しながら動けたので、他のチームと比べてミスは少なかったと思います。2月から毎週練習して、ボートスピードには自信がありました。マッチレースはルールを駆使して戦うので勉強になったし、ディンギーにも活かせそうです。いままでのヨット人生でタイトルを取ったことがなかったので、最高にうれしいです」


優勝のドリームチーム。メンバーは入れ替わりでしたが、2月は毎週海に出て練習しました。練習量の勝利です。photo by Junichi Hirai


微風戦となった決勝戦。ボートスピードに優れるドリームチームが九州大を逆転しました。photo by Junichi Hirai


決勝フライトの3、4位決定戦は、Kudo (東京大学)がGenius Neo(九州大学OB)を2勝で破り3位を獲得しました。photo by Junichi Hirai

第8回大学対抗&U25マッチレース最終成績
1.ドリームチーム(日本大、早稲田大、慶応大)/村上義龍
2.WEED (九州大)/鄭 愛梨
3.Kudo (東京大)/西坂惇之
4.Genius Neo(九州大OB)/河原田健介
5.早稲田大/元津志緒
6.磯辺(日本大、明海大、法政大)/植木武成
7.和歌山大 /髙木勇佑
8.京都大 FULL SAIL /中川裕基
9.村松の再挑戦(甲南大)/村松昂祐
10.神奈川大/井藤みく
11.神戸大/陸奥田航大


成績表


選手、運営のみなさん、おつかれさまでした。今年も3日間しっかりヨットレースを満喫しました。来年はどんなチームが出場するのでしょうか? 今から楽しみです。photo by Junichi Hirai


大学対抗&U25マッチ最終日ダイジェスト。映像提供:レイラインメディア

◎バルクヘッドマガジン・フォトギャラリー
3月1日 大学対抗&U25マッチ 初日
3月2日 大学対抗&U25マッチ 2日目
3月3日 大学対抗&U25マッチ 最終日
====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ