日本メダル圏内継続!仁川アジア大会2日目

  • 25
  • Sep

 9月25日、仁川アジア大会2日目。朝からさわやかに晴れ渡ったワンサンマリーナ沖は、軽風が継続的に吹いています。大会2日目は、この風を狙ってスタート時刻が1時間早められ、早いテンポでレースが進むかに思われましたが…。期待された風は、だんだん弱くなっていきました。(BHM編集部)

14.09.25_01
6カ国が出場する470級。土居/今村は4レースを終えて暫定1位。photo by Junichi Hirai

 レースはレーザーラジアル級がレース途中でキャンセルされた他は、ぎりぎりの風で1レースを行いました。470級男子の土居/今村は上マークを4位で回航。落ちついた様子でリーチングレグで3艇をごぼう抜き、さらに1位を走っていた中国までも抜いてトップフィニッシュを果たしました。初日に続いて1位をキープしています。

 また、同じ海面でおこなわれた420級男女は、風の残っているうちに1レース実施。小泉/松尾は3位で総合2位につけていますが、1位マレーシアとの差が若干広がることになりました。女子の田中/高野は総合3位を保守しています。

 午後になり風がなくなって2時にハーバーバック。470級、420級は終了となり、レーザーラジアル級、OP級だけが、夕方に吹いてきた風で海に出てレースをおこないました。

 ラジアル級の土居愛実は4位を取って前日トップから総合2位に。ラジアル級はRS:X級と並んでアジアの強豪が揃うクラスです。中国はサンタンデールISAFワールド13位、シンガポール、タイはISAFユースワールドからの実力派。どの国もトップ選手が出場しているのはいうまでもありません。そのなかでレーザーラジアル級の土居は、健闘しているといえるでしょう。

 明日26日からはシエスタチーム(坂本、和田、岡本、今井)が出場するマッチレースが始まります。

14.09.25_02
レーザー級男子のハイレベルな微風タッキングマッチ。近い将来、この中に日本が入れますように!photo by Junichi Hirai

14.09.25_03
リラックスムードの420級、田中/高野。関西大学第一高校の2年生です。この夏はISAFユース、420ワールド、インターハイ、和歌山特訓合宿を経てアジア大会へ。photo by Junichi Hirai

14.09.25_04
前回まで採用されていた470級女子は29er級女子に変わりました。29er級には6カ国が出場。前回の470級女子(3カ国)よりも艇数を集めています。タイからはOPワールド優勝選手が出場しています。インドも速い!photo by Junichi Hirai

14.09.25_05
奥に見えるのは、ハーバーにディスプレイされているリアルタイム・トラッキングの大型モニタ。今回はTracTracが採用され、もちろんPCからも見ることができます。photo by Junichi Hirai

14.09.25_06
土居兄妹。慶応大秋入学の土居愛実は9月から3年生になりました。photo by Junichi Hirai

仁川アジア大会 2日目成績
470級男子 参加6カ国 5レースまで

1. 土居一斗/今村公彦 JPN 10.0p
2. KIM Changju / KIM Jihoon KOR 11.0p
3. LAN Hao / WANG Chao CHN 17.0p
4. THAMSOONTORN Navee / BUTMARASRI Nut THA 20.0p
5. KU ZAMIL Ku Anas Bin / MAZELAN Mohamad Hafizzudin Bin MAS 21.0p
6. BALLADARES Ridgely / DIMAPILIS Whok PHI 26.0p

レーザーラジアル級女子 参加8艇 4レースまで
1. ZHANG Dongshuang CHN 6.0p
2. 土居愛実 JPN 8.0p
3. CHANYIM Kamolwan THA 12.0p
4. YIN Yueling Elizabeth SIN 17.0p
5. HAMID Nur Amirah Binti MAS 19.0p
6. LEE Gyeongjin KOR 25.0p

420級男子 参加9カ国 5レースまで
1. NORIZAN Mohamad Faizal Bin / ABDUL AZIZ Ahmad Syukri Bin MAS 8.0p
2. 小泉維吹/松尾虎太郎 JPN 11.0p
3. LOH Jia Yi / YEO Jonathan SIN 14.0p
4. TSE Sui Lun / CHIK Ho Yin HKG 17.0p
5. JADKLAY Jirawat / PHETSIRI Sarawut THA 31.0p
6. KIM Wooyop / KIM Insu KOR 32.0p

420級女子 参加6カ国 5レースまで
1. LIM Min Kimberly / SIEW Kiah Hui Savannah SIN 7.0
2. JAMIL Nuraisyah Binti / SALLAHUDDIN Umi Norwahida Binti MAS 10.0p
3. 田中美紗樹/高野芹奈 JPN 17.0p
4. LEE Nakyung / CHOI Seoeun KOR 20.0p
5. JIANG Xinyu / SHEN Xinyu CHN 24.0p
6. CORREA Diya Anna / ARSIWALLA Zara Khuzaima IND 27.0p

RS:X級男子 参加9カ国 6レースまで
1. WANG Aichen CHN 7.0p
2. LEUNG Ho Tsun Andy HKG 12.0p
3. LEE Taehoon KOR 12.0p
4. BOONSAWAD Ek THA 16.0p
5. 富澤 慎 JPN 22.0p
6. ONG Leonard SIN 32.0p

※マッチレースは9月26日から始まります。
※正確な成績は大会公式サイトで確認してください。
※6レース以上で1レースの成績がカットされます。

◎17th Asian Games INCHON2014
http://www.incheon2014ag.org/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ