日本、オリンピック出場へ向け最終舞台へ。アブダビASAFアジア選手権

  • 12
  • Mar

 3月11日、予選最終日となったアブダビ「ASAFアジア選手権2016」5日目は、各クラスとも軽風で3レースを実施しました。49er級の牧野幸雄/高橋賢次は、得点差を広げて1位を保守。レーザー級は安田真之助が2位のタイに6点差で4位につけています。49erFX級は、日本3チームが同点1位でメダルレースへ挑むという、信じられない展開を迎えることになりました。(BHM編集部)

16.03.12_313A3272
軽風の戦いとなった予選最終日。日本FX女子4チームが並んでダウンウインドを走ります。photo by Junichi Hirai

 このような筋書きをだれが想像できたでしょう。リオ五輪代表決定の緊張感が最高潮に達しました。49erFX級は、上位4位をすべて日本が占めたことにより、リオ五輪出場国の権利をほぼ確実としました。いま日本に与えられた問題は、「だれがオリンピック出場権利を獲得するのか?」です。

 宮川恵子/高野芹奈が前日に続く好調を見せて1-1-2位を奪取。宮川/高野は前日から3連続1位を決めて絶好調です。これで一気に成績上トップに駆け上がりました。前半戦で上位に立った松苗幸希/原田小夜子、波多江慶/板倉広佳は、一進一退ながらも順位を保ち、この3チームが13点で並んでメダルレースへ挑みます。

 日本チームの実力に大きな差はありません。予選のレース内容からは、女子特有の調子の良し悪しで成績に影響する流れを感じますが、だれが五輪の切符を手にするのか予想できません。

 49er級の牧野/高橋は、他チームに先行を許しながらも2位のインドに6点差、3位の韓国とは7点差にひろげました。メダルレースは得点が2倍になるため、ライバル艇の得点を考えたレースがおこなわれます。牧野/高橋はインド、韓国、タイを意識した戦いになると予想されます。

 レーザー級はトップのマレーシアがリードしてクオリファイに王手。安田真之助がオリンピック出場権利を獲得するには、中国とタイに先行し、タイには2国の間に2艇入れてフィニッシュしなければなりません。

 ASAFアジア選手権最終日は日本の正念場となります。メダルレースは現地時間12時から(日本時間午後5時)、レーザー級から順次おこなわれる予定です。

313A3050
レーザー級の安田真之助。明日のメダルレースで逆転を狙います。photo by Junichi Hirai

16.03.12_313A2273
松苗幸希/原田小夜子。photo by Junichi Hirai

16.03.12_313A2399
宮川恵子/高野芹奈。photo by Junichi Hirai

16.03.12_313A2444
波多江慶/板倉広佳。photo by Junichi Hirai

16.03.12_313A3342
逃げ切って五輪出場なるか。49er級の牧野幸雄/高橋賢次。photo by Junichi Hirai


大会5日目ダイジェスト映像:制作:デイリーセーリング

49er級 参加8艇 7レース終了時
1. JPN 牧野幸雄/高橋賢次 12.0p
2. IND Ganapathy Kelapanda / Varun Thakkar 18.0p
3. KOR Bongjin Chae / Dongwook Kim 19.0p
4. THA Don Whitcraft / Dylan Whitcraft 20.0p
5. OMA Musab Al Hadi Hashim / Al Rashdi 26.0p
6. JPN 高橋稜レナード/小泉維吹 26.0p
7. KOR Sungwok Kim / Hoyeob Yang 34.0p
8. IND Aman Mohan / Shubham Pillai 45.0p

49erFX級 参加8艇 7レース終了時
3. JPN 宮川恵子/高野芹奈 13.0p
1. JPN 松苗幸希/原田小夜子 13.0p
2. JPN 波多江慶/板倉広佳 13.0p
4. JPN 深沢瑛里/大熊典子 20.0p
5. IND Varsha Gautham / Aishwarya Chezhiyan 27.0p
6. MAS Rufina Hong Mui Tan / Connie Riverra Tsen 31.0p
7. IND Ekta Yadav / Shaila Charls 39.0p
8. GBR Karyna Manuel / Abigail Hewitt 47.0p

レーザー級 参加41艇 7レース終了時 ※10位までメダルレースへ進出
1. MAS Khairulnizam Mohd Afendy 20.0p
2. THA Keerati Bualong 30.0p
3. CHN Zhou Jinfu 36.0p
4. JPN 安田真之助 36.0p
5. MAS Ahmad Latif Kahn Ali Sabri Khan 39.0p
6. JPN Kenji Nanri 39.0p
7. CHN Qiao Jian 40.0p
8. JPN Kazumasa Segawa 45.0p
9. CHN Chen Huichao 47.0p
10. MAS Muhammad Farhan Hamid 54.0p
19. 樋口 碧 101.0p
20. 北村勇一朗 102.0p
24. 藤本拳 130.0p
25. 西尾勇輝 133.0p

◎バルクヘッドマガジン・フェイスブック写真集
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day1
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day2
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day3
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day4
ASAF ASIA CHAMPIONSHIP 2016 Day5
◎ASAF Asian Championship 2016
http://www.ac2016.asiansailing.org/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
関東ミドルボートオーナーズクラブ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ