新連載「ヨットレース繁盛記」スタート!

  • 08
  • Jan

 全国のヨットレースを紹介しているバルクヘッドマガジンでは、このたび新連載を用意しました。その名も「ヨットレース繁盛記!ドタバタ編」です。レポートしてくれるのは、石丸寿美子さん。葉山を拠点に〈ホビーホーク〉で活動するお姉さんスキッパーです。このたび連載記事をお願いしたところ、快く承諾いただけました。

 石丸さんは、毎月2回の葉山マリーナクラブレースに命をかけるヨット馬鹿ウーマンです。クルーザーレースとディンギーレースの二足のわらじを履いていて(最近はクルーザーメインのようですが)、相模湾のレースを中心にロングレースにも出場する「ヨット道」をマイペースで歩んでいます。

 ストイック系ヨットレース一辺倒になりがちなバルクヘッドマガジンですが、今年は、そんなにガツガツしないセーリングや、ゆるーいクラブレースも大きく取り上げていきたいなぁ、と考えています。

 ヨットに乗って遊ぶなら、クラブレースもディンギーもクルージングでもまとめて目一杯たのしむのが一番! 新連載「ヨットレース繁盛記」で、そんなヨットレースのおもしろさみたいなものが伝わればうれしいです。みなさん、気軽にお付き合いください。(BHM編集部)


新年初乗り、初レースはHMYCクラブレースに参加しました。photo by O.Yuko

ヨットレース繁盛記!ドタバタ編
HMYCニューイヤーズレガッタ

『新年初レース。お正月ゴロゴロしたせいか角度が悪い』

 葉山マリーナヨットクラブ(HMYC)レース2013年シリーズが始まりました。今年も怒涛の21レース。うまく行ったりトホホだったり、今年も色々ありそうですが、楽しく盛り上がって行きたいと思います。新年第1回は「ニューイヤーズレガッタ」に〈ホビーホーク〉で出場しました。(文/石丸寿美子)


まずは、年始め恒例の海上安全祈願祭でしっかり安全祈願。10時30分過ぎにドックアウトです。photo by O.Yuko

 海の上に出てみると思ったより風があるようです。でもマークをセットしているうちに、しだいに風がひょろひょろになって来ました。おまけに北〜西まで振れまくりです。

 予報に反して、めずらしい西寄りの軽風でのスタートになりました。穏やかな晴天なのでこの後南西に振れて行くのか、それとも案外気温が低いので岸の風に振れ戻すのか、むずかしいところです。

 今はややシモ有利のバイアス。左のエッジから軽いパフが降りてきています。振れが激しいので真ん中のきれいな所から出ます。ややショートながら悪くないスタートです。

 シフトもそうだけど、強弱も激しく、周囲の船もヘディングがあっちこっちを向いています。そして左がいいように見えたんです確かに。そしてその甘い香りに誘われて左海面へ…。

 中盤まではよかったのですが、その後ガッツリ30度以上右に振れ戻り、フレフレの中を辛抱強く右へ伸ばしていた艇がトップ艇団となって遥か前で上マークをまわって行きます。

 それにしても、角度も悪すぎです。走りの精度もイマイチです。お正月ゴロゴロしすぎたせい? 上下のレースも11月末以来なので、なんかセンサーが鈍ったか、ネジが1コ抜け落ちた感じです。見かけの風のめまぐるしい変化に感覚が付いて行かなかったり。

 ダウンウインドでは、またまた左に大きく振れたり、戻ったりの本当にメチャクチャな風。長いレースとなりました。最終のダウンウインドの頃にようやく走れるようになって、ちょっと挽回したけれどここまででした。


第1レースは30艇中着順22位、修正16位と、真ん中落ち。ガーン。photo by O.Yuko

『スタート勝負で…。結果オーライだぜ!』

 時間が押しているけれど、第2レースの予告信号が揚がりました。なんと2レグの指示。スタート勝負です。ドキドキします。シモ艇を先に行かせてラップを切ろうとしたけどうまくいかず、やや苦しい走り出しです。でもすぐにタックできたので結果オーライでした。

 1レース目の反省から、トリマーとの会話を多くして、できるだけ感覚を共有するようにしてみます。走っている時と風が抜けた時の見かけの風の変化にもだんだんついて行けるようにって、慣れてきたのもあり、走りの精度もちょっとだけあがってきました。

 コースも、丁寧にシフトを拾っていけたので、今度はかなりイイ景色です。格上の艇団の後ろにくっついて、上マークを回航。最後のダウンウインドはとにかくフネを止めずに滑らせるのみです。フィニッシュ直前で絡んでいた大型艇をカミ突破で振り切ります。

 単細胞なのですぐに歯を見せたくなりますが、なんとか最後まで集中を保って着順12位。修正6位。わー。なかなか前を走らせてもらえないけれど、いつもこのあたりでフィニッシュできるようにするのが目標です。

 総合は16-6の第11位でした。うーん、定位置。いつもの目標であるところのシングルにはちょっと届かなかったけど、参加艇も30艇と多かったので…、と言い訳をしておきます。今日は、軽量快速艇向きのコンディションでした。

 優勝はメルジェス24〈ESPRIT〉、速かったです! 第1レースではGP33〈SPANK〉を振り切ってのファーストホーム。堂々の優勝でした。HMYCのクラブレースは今年も熱くなりそうです。

 実は、今回も例によって人が足りず、お正月早々人集めの日々でした。はー、もう憂鬱。レースなんてやんなっちゃう。などと新年早々から辟易としていましたが、ありがたいことに結果的には人数が揃いちゃんとレースをすることができました。

 そして、なんだかんだ言っても終わってみれば毎回チョ〜楽しかった! となるのです。感謝です。どうもありがとうございます! ヨット好き「おねえさん」として、今年も楽しくガンバリマスのでよろしくお願いいたします。


石丸寿美子さんの新連載「ヨットレース繁盛記!ドタバタ編」。次回もおたのしみに!写真は2009年和歌山でおこなわれたテーザーワールドのものです。(かっこいいおじさんじゃない方。かっこいいお姉さんが石丸さんです。お酒が大好き)。photo by Junichi Hirai

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ