市野が東西470制覇!関西選手権レポート

  • 07
  • Aug

 8月3、4日、新西宮ヨットハーバーで470級、スナイプ級、セーリングスピリッツ級の「関西選手権」が開催されました。(文・写真/兵庫県セーリング連盟)


国体で採用されている女子、少年男女種目のセーリングスピリッツ級。16チームが出場しました

 今年の全日本インカレが新西宮で開催されるせいでしょうか、関東/近北/九州水域からも強豪校が集まり、社会人も加わって賑やかなレースとなりました。

 初日は南からの海風で5レースを消化。スナイプ級の最終レースはフィニッシュ時には無風となり、20艇近いDNFを出す波乱のレースとなりました。

 例年であればこの時期は太平洋高気圧が張り出して安定した南西から西のシーブリーズに恵まれるところですが、大陸からの高気圧の勢力も強く、夕方に陸風と海風が完全にぶつかるという珍しいコンディションとなりました。

 2日目も南風に恵まれ、軽風で始まった6レース目から最終レースでは、8mを超えるコンディションとなり、軽風から順風までのオールラウンドな選手権になりました。

 470級は先週の関東470に引き続き市野/大矢組(和歌山県連)、スナイプ級は安定の大井/伊村組(TSUJIDO/日大)、セーリングスピリッツ級は宮川/栗栖組(和歌山県連)となりました。

 社会人の有力セーラーに混じって、地元の関西学院大が上位入賞に食い込んでおり、11月の全日本インカレに向けて着々と仕上げてきているようにも見えます。しかし、他水域からの遠征組は運営や海面の癖を勉強に来ているフシもあり、まだまだ3カ月先のことはわからないでしょう。

 学生選手は11月の全日本インカレで、セーリングスピリッツ級の選手は今月末に開催される「海の甲子園/西宮セーリングカップ」でお会いできることを楽しみにしております。

 なお、大会の写真集や動画を兵庫県セーリング連盟のウェブサイトで公開しておりますので、よろしければ御覧ください。


470級のスタート。2日間で8レースを消化しました


今年の全日本インカレが同水域で開催されることから、関東から遠征した大学ヨット部もありました。この関西選手権では関西学院大が健闘しました


セーリングスピリッツ級成績


470級成績


スナイプ級成績

◎兵庫県セーリング連盟
http://www.jsaf.or.jp/hyogo/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ