学生セーラーが横浜ヘリーハンセンに集合!スチューデントナイト開催

  • 06
  • Feb

 2月5日、横浜みなとみらいで「スチューデントナイト」が開催されました。このイベントは、ヘリーハンセンが大学生を招待しておこなう一夜限りのスペシャルイベントです。同時に開幕した「第82回全日本インカレ写真展」(2月12日まで)と合わせて、ヘリーハンセン・横浜マリン&ウォーク店は、学生ヨット色に染まりました。(BHM編集部)

20180205-20180205-KIMG0087
今年も大盛況となった第3回スチューデントナイト。あっという間の3時間でした。photo by Motti

 2016年に始まったスチューデントナイトは今年で3回目をむかえます。今年は昨年よりも多い42名(遠くは新潟からも参加!)の大学生セーラーが集まりました。

 セーリングシーズンを前に、普段はなかなか話せない他校と交流して情報交換したり、トップアスリートから役立つ話を聞いたり、貴重な時間を過ごしました。

 トップアスリートによるトークショーでは、YAMAHA Sailing Team ‘Revs’でオリンピックを目指す高山大智選手、宇田川真乃選手、そしてスナイプ級で活躍する大井祐一選手が参加。バルクヘッドマガジン編集長も一緒にトークショーをたのしみました。

 トークショーでは、トップアスリートのトレーニング方法や食事について、レース前の準備や、海に出られない時の練習方法など話題は広がり、大学生からは「ブローはどうやって見たらいいですか?」など具体的な質問も飛び出し、セーリング上達のヒントをたくさん得ていたようです。

 スチューデントナイトは、海外遠征の多い高山選手、宇田川選手にも刺激になったようで、普段はなかなか交流する機会のない学生選手からパワーをもらっていました。

 バルクヘッドマガジン編集長も毎回あたらしい刺激をもらっています。スチューデントナイトは講習会や勉強会ではありません。リラックスして、トップセーラーと話ができるひとときです。

 ゆるーい感じではじまり終わるスチューデントナイト。次回開催を楽しみにしたいと思います。

20180205-20180205-KIMG0078
トークショーに参加してくれたトップアスリート(写真左から)宇田川真乃選手、高山大智選手、大井祐一選手とBHM編集長。photo by Junichi Hirai

20180205-20180205-KIMG0074
インカレ写真展も始まりました。50以上の写真パネルが展示されています。現役選手もOBOGのみなさんも、ぜひご覧になって全日本インカレの雰囲気を感じてください(写真はその場でご購入できます)。

―バルクヘッドマガジン全日本インカレ写真展―

開催日:2018年2月5日(月)〜12日(月) 11:00~20:00

場所:HELLY HANSEN MARINE&WALK店

〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-3-1 マリンアンドウォーク内
TEL:045-228-9877

20180205-20180205-KIMG0080
インカレ写真展ではバルクヘッドマガジン記事(2017年11月1日)で紹介した、現存する1951年当時の新聞も展示しています。これは、1952年(昭和26年)宮城県松島で開催された全日本学生ヨット選手権が、スポーツ新聞「アサヒスポーツ」の一面を飾った時のもの。写真はスナイプ級で昔から変わらないインカレの熱気が伝わってきます。寄贈:坂井春那氏

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
ファーストマリーン
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ