大詰めロンドン五輪。日本470男子18位敗退

  • 08
  • Aug

 ロンドン五輪10日目。約半分の種目が大会を終え、レースの数が一気に少なくなったウエイマス。本日はRS:X級男女の最終メダルレースがおこなわれました。RS:X級男子は、メダルレース前に金メダルを確定したオランダ。女子はスペインが金メダルを獲得しました。(BHM編集部)

 大会も終盤に入り、日本選手が出場する種目は残すところ470級男女のみ。470級男子はフリートレース最終日となりましたが、一矢報いることはできず。おこなわれた2レースを17位、15位で総合18位でロンドン五輪を終えました。

原田龍之介
「短かったようで長い4年間でした。色々なことがありました。特に最初のほうで世界選手権や国際大会でいい結果を出してしまって、自分たちが下がっていったというわけではなく、徐々に、徐々にまわりが上がっていったところに、自分たちがついていけなかった。練習中はいいところを出せても、レースでは…。五輪で自分の力を出せなかった。これが自分たちの力だったんだと思います」

吉田雄悟
「まだ、オリンピックを戦ったという実感がありません。これまで、1つ1つのレースを大事にしてきたので、五輪もひとつのレースとしてしっかり反省しないといけないと思うし、反省しないと次にもつながらないと思っています。また、ひとつステップを越えていきたい」

 また、470級女子の近藤/田畑は13-7位で総合10位にアップしました。しかし、第8レースのマーク回航時にブラジルから抗議が出されているもようで、現地時間8日朝に審問がおこなわれるとのこと。審問の結果次第では順位が大きく変化します。

 大会11目は、470級女子と準々決勝がおこなわれている女子マッチレース、そして49er級のメダルレースがおこなわれます。49er級は、金メダル(AUS)、銀メダル(NZL)が確定しています。


18位で五輪を終えた原田/吉田


金メダルのオランダ。Dorian Van Rijsselbergeとコーチ。


北京では4位。ロンドンで念願の金メダルを獲得したマリナ・アラバウ(スペイン)


470級男子。写真のGBR(22点)とオーストラリア(18点)はメダル確定。メダルレースでは2艇による金メダル争奪戦がおこなわれます


「定位置からなかなかはい上がれい…。でも、ひとつでも上に上がれるように。その時のことしか考えていません」近藤
「2レース目は快心のスタートでしたが、それでも(前に)行けなかった。ボートスピードとかで、行ける行けないがある。風の振れが、結構あって2上でジャンプアップできた。そういうチャンスもあるので、しっかり最後までレースしたいと思います」田畑


「オリンピック自体はそれほど気負いはなかったが、まわりの選手のレベルが、かなり高まってきてると実感した。世界選手権よりぜんぜん仕上がりが違う。ボートスピードだけでなくてタクティクスとか、スタートとか、そういうところで全然違っていた」原田


デーヴィッド・キャメロン英国首相(写真右)が観戦に訪れました。同国のメダリスト(ベンとシンプソン)が案内役をつとめます。photo onEdition


RS:X級銀メダルのニック・デンパシー一家。奥さんのサラ・エイトン(イングリング級でアテネ、北京で金メダル)は一時470級でロンドンを目指しましたが、活動を休止して夫のサポートに。家族でつかんだ銀メダルです。photo onEdition

◎ロンドン五輪成績
470級女子 参加20艇
1. NZL 2-6-2-5-(10)-4-1-1 21.0p
2. GBR (6)-1-4-6-1-6-5-2 25.0p
3. NED 1-8-6-4-2-(18)-4-3 28.0p
4. FRA 10-(17)-1-8-12-3-7-6 47.0p
5. BRA 11-5-(14)-1-6-10-10-10 53.0p
6. GER (19)-2-7-13-15-5-6-5 53.0p
7. USA 7-3-5-7-19-(20)-3-9 53.0p
8. ITA 8-10-(18)-2-3-1-16-17 57.0p
9. AUS 14-7-3-(21)-9-7-9-14 63.0p
10. 近藤/田畑 9-4-17-(19)-11-9-13-7 70.0p

470級男子 参加27艇
1. AUS 3-(9)-2-1-1-1-3-5-1-1 18.0p
2. GBR 2-1-4-2-3-4-1-(6)-3-2 22.0p
3. ARG 5-(24)-3-9-17-8-2-2-5-6 57.0p
18. 原田/吉田 19-12-(25)-12-7-11-21-17-17-15 131.0p

49er級 参加20艇
1. AUS 8-1-2-4-2-1-(10)-6-9-5-4-1-1-1-3 48.0p
2. NZL 9-7-1-7-3-5-9-11-7-2-1-2-(15)-6-6 76.0p
3. DEN 2-4-14-6-(16)-15-5-7-13-6-16-4-4-3-9 108.0p
18. 牧野/高橋 16-13-17-14-(18)-11-18-16-18-18-14-15-6-2-10 188.0p

RS:X級男子 参加38艇
1. NED Dorian Van Rijsselberge 15.0p
2. GBR Nick Dempsey 41.0p
3. POL Przemyslaw Miarczynski 60.0p
4. GER Toni Wilhelm 64.0p
5. FRA Julien Bontemps 70.0p
6. GRE Byron Kokalanis 77.0p
7. NZL Jon-Paul Tobin 96.0p
8. CAN Zachary Plavsic 100.0p
9. BRA Ricardo Santos 113.0p
10. SUI Richard Stauffacher 127.0p
28. 富澤慎 25-25-25-29-24-26-(34)-30-21-4 209.0p

RS:X級女子 参加26艇
1. ESP Marina Alabau 26.0p
2. FIN Tuuli Petäjä 46.0p
3. POL Zofia Noceti-Klepacka 47.0p
4. UKR Olga Maslivets 48.0p
5. GER Moana Delle 51.0p
6. ISR Lee-El Korzits 56.0p
7. GBR Bryony Shaw 59.0p
8. FRA Charline Picon 89.0p
9. ITA Alessandra Sensini 95.0p
10. CAN Nikola Girke 109.0p
21. 須長由季 19-23-22-22-22-(24)-22-20-18-12 180.0p

レーザー級 参加49艇
1. AUS Tom Slingsby 43.0p
2. CYP Pavlos Kontides 59.0p
3. SWE Rasmus Myrgren 72.0p
4. CRO Tonci Stipanović 77.0p
5. NZL Andrew Murdoch 87.0p
6. GER Simon Grotelueschen 92.0p
7. GBR Paul Goodison 93.0p
8. URU Alejandro Foglia 106.0p
9. GUA Juan Ignacio Maegli Aguero 108.0p
10. FRA Jean Baptiste Bernaz 119.0p

レーザーラジアル級 参加41艇
1. CHN Lijia Xu 35.0p
2. NED Marit Bouwmeester 37.0p
3. BEL Evi Van Acker 40.0p
4. IRL Annalise Murphy 44.0p
5. GBR Alison Young 60.0p
6. LTU Gintare Volungeviciute Scheidt 82.0p
7. FIN Sari Multala 94.0p
8. USA Paige Railey 104.0p
9. CZE Veronika Fenclova 105.0p
10. MEX Tania Elias Calles 116.0p
32. 土居愛実 29-32-31-27-26-(36)-30-22-27-29 253.0p

フィン級 参加24艇
1. GBR Ben Ainslie 46.0p
2. DEN Jonas Hogh-Christensen 46.0p
3. FRA Jonathan Lobert 49.0p
4. NED Pieter-Jan Postma 52.0p
5. CRO Ivan Kljakovic Gaspic 55.0p
6. SLO Vasilij Zbogar 63.0p
7. NZL Dan Slater 83.0p
8. ESP Rafa Trujillo Villar 86.0p
9. SWE Daniel Birgmark 90.0p
10. FIN Tapio Nirkko 92.0p

スター級 参加16艇
1. SWE Fredrik Loof / Max Salminen 32.0p
2. GBR Iain Percy / Andrew Simpson 34.0p
3. BRA Robert Scheidt / Bruno Prada 40.0p
4. NOR Eivind Melleby / Petter Morland Pedersen 63.0p
5. NZL Hamish Pepper / Jim Turner 70.0p
6. GER Robert Stanjek / Frithjof Kleen 70.0p
7. USA Mark Mendelblatt / Brian Fatih 71.0p
8. POL Mateusz Kusznierewicz / Dominik Zycki 72.0p
9. FRA Xavier Rohart / Pierre-Alexis Ponsot 86.0p
10. IRL Peter O’Leary / David Burrows 95.0p


女子マッチレース準々決勝・途中成績

◎ISAF OLYMPIC
http://www.sailing.org/olympics

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ