土砂降りのプリンセスソフィア杯。吉田/吉岡、トップと5点差で最終日へ

  • 02
  • Apr

 4月1日、マヨルカ島「プリンセスソフィア杯」5日目。決勝シリーズ最終日は大雨、大荒れの1日となりました。朝から雨雲におおわれたパルマの朝は、いまにも雨が降り出しそうな雰囲気です。レース艇が11時のスタートを目標に出艇すると豪雨が選手を襲いました。(BHM編集部)

313A8173
土砂降りのなかでおこなわれた470級のフィニッシュ間際。風が大きく振れてスタートボードタックのフリーフィニッシュに。photo by Junichi Hirai

 1レースを終えると風が不安定になり、選手はハーバーバック。前線通過の雨と風で気温が一気に下がり、ハーバーのカフェ・レストランにストーブが登場するほどです。しばし陸上待機の後、陸風が安定して吹き出して再出艇。シルバーフリートの出艇は、午後5時前になるハードスケジュールです。ここまで来ると、レース委員会の気合と根性を賞賛するしかありません。

 470級女子の吉田 愛/吉岡美帆は第10レースで2位を取って、メダルレースへ4位進出を決めました。1位2位と5点差、3位と1点差という高ポジションで最終レースへ挑みます。また、土居一斗/今村公彦は第9レースで4位と取って、女子と同じくメダルレースへ駒を進めます。

 日本からはリオ五輪代表2チームがメダルレース進出となり、そのほかの選手は本日で大会を終えることになりました。また、リオ五輪RS:X級女子代表の伊勢田愛は、大会4日目から高熱による体調不良のため後半戦の出場をキャンセルしました。伊勢田の次の大会は、ISAFワールドカップ・イエール大会を予定しています。

313A7337
470級男子のスタート。メダルレースを前にシリーズで怒涛の走りを見せたオーストラリアの優勝が確定しました。photo by Junichi Hirai

313A8081
前半リードを広げたブラジル女子は後半調子を崩して上位グループは僅差に。最終日メダルレースで勝負が決まります。photo by Junichi Hirai

313A8088
1位と同点で並んだGBR。ハンナ・ミルズに続くイギリス2番手の若手チームですが、本大会では健闘しています。photo by Junichi Hirai

313A8204
470女子強豪国のオランダからは新世代が登場しています。現在3位のオランダチームは、2012年の470ジュニアワールドチャンピオンです。photo by Junichi Hirai

313A8161
トップと5点差でメダルレースに挑む吉田 愛/吉岡美帆。昨年10月ワールドカップ最終戦(アブダビ)に続くメダル獲得を期待したいところ。photo by Junichi Hirai

47 Trofeo Princesa Sofia IBEROSTAR, bay of Palma, Mallorca, Spain, takes place from 25th March to 2nd April 2016. Qualifier event for the Rio 2016 Olympic Games. Almost 800 boats and over 1.000 sailors from to 65 nations ©Jesus Renedo/Sofia
パルマ大聖堂前でおこなわれたナクラ17級。フランスがすでに優勝を決めました

7Z7A3260
チームアビームは10位でメダルレースに進出。「よいレースができている時もあるが、スタート後、マーク際などで順位を落とす場面がある。ふたりの戦略の判断が食い違う部分もあるので、正しい判断をしてミスをなくしていきたい。メダルレースは思い切りやります」土居一斗。photo by Junichi Hirai


大会5日目ダイジェスト。映像提供:レイラインメディア

◎第47回プリンセスソフィア杯
www.trofeoprincesasofia.org
◎バルクヘッドマガジン・フェイスブック写真集
PRINCESA SOFIA Day5 photo
PRINCESA SOFIA Day4 photo
PRINCESA SOFIA Day3 photo
PRINCESA SOFIA Day2 photo
PRINCESA SOFIA Day1 photo

第47回プリンセスソフィア杯 5日目成績
470級男子 77艇参加
ゴールドフリート
1. AUS Mathew Belcher / Will Ryan 17p
2. GRE Panagiotis Mantis / Pavlos Kagialis 41p
3. USA Stu Mcnay / Dave Hughes 47p
4. RUS Pavel Sozykin / Denis Gribanov 63p
5. GBR Luke Patience / Chris Grube 66p
6. SWE Anton Dahlberg Dahlberg / Fredrik Bergstrom 69p
7. GRE Panagiotis Kampouridis / Efstathios Papadopoulos 70p
8. ESP Jordi Xammar / Joan Herp 73p
9. ARG Lucas Calabrese / Juan De La Fuente 73p
10. JPN 土居一斗/今村公彦 78p
20. JPN 市野直毅/長谷川孝 146p
シルバーフリート
50. JPN 高山大智/木村直矢 131p

470級女子 66艇参加
1. BRA Fernanda Oliveira / Ana Barbachan 36p
2. GBR Amy Seabright / Anna Carpenter 36p
2. NED Afrodite Kyranakou / Anneloes Van Veen 40p
4. JPN 吉田 愛/吉岡美帆 41p
5. POL Agnieszka Skrzypulec / Irmina Mrozek Gliszczynska 44p
6. SLO Tina Mrak / Veronika Macarol 47p
7. CHN Xiaoli Wang / Lizhu Huang 71p
8. AUS Carrie Smith / Jaime Ryan 75p
9. ISR Gil Cohen / Nina Amir 92p
10. NED Michelle Broekhuizen / Marieke Jongens 105p
33. JPN 山口祥世/畑山絵里 193p

レーザー級 参加152艇
ゴールドフリート
1. NZL Andrew Maloney 37p
2. CRO Tonci Stipanovic 54p
3. BRA Robert Scheidt 64p
シルバーフリート
86. JPN 瀬川和正 259p

RS:X級女子 62艇
ゴールドフリート
1. RUS Olga Maslivets 27p
2. ESP Marina Alabau Neira 42p
3. FRA Charline Picon 43p
シルバーフリート
54. JPN 伊勢田愛 202p

RS:X級男子 85艇
1. GBR Tom Squires 24p
2. GRE Vyron Kokkalanis 35p
3. FRA Thomas Goyard 35p
80. JPN 工藤 輝 269p

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ