吉田/吉岡、史上2度目の女子優勝に王手!

  • 23
  • Nov

 11月23日、博多湾で開催されている470全日本選手権。前日までの強風シリーズから一転して軽風戦となった決勝2日目。南東風5ノットではじまった第4レースは、第2マークを回航してから風がなくなりレースは一旦キャンセルに。11時過ぎから風向を変えて吹き始めた西風が定期的に入り再スタートしました。(BHM編集部)


決勝2日目はゴールドフリート3レース、シルバーフリート2レースがおこなわれました。photo by Junichi Hirai

 風は軽風ながらも途切れることなく続いていますが、シフトが大きく、またブローの強弱があるコンディションです。スタート後の艇団は、左右海面に広がってレースが進行しました。本日はメダルレース進出を決める最終日とあって、各艇の思いはそれぞれ。大混戦となっている上位グループは、戦う相手がはっきりしているので、相手艇をケアしながら戦略を立てます。

 優勝を狙う松永/吉田(スリーボンド)、土居/今村(チームアビーム)は、火花が散るぐらいお互い意識した戦いをみせます。リオ五輪までリーダーとなり日本をけん引するだろうこの2チームは、見ている方が手に汗を握るほどの格闘戦を繰り広げました。

 本日の軍配は松永/吉田に。土居/今村は、先行する場面も多くありましたが、その差をじわじわと詰められ、2艇がミートする場面で詰将棋のような策にはまってしまいます。470の技術だけではなく、ヨットレースの経験値の豊富な松永/吉田の戦略勝ちとなりました。

 この2艇が至近距離で戦っているのをよそに、自由にコースをひいて前に出たのは、女子コンビの吉田/吉岡(ベネッセ)です。未完成の強風セーリングから軽風に変わったことで、抜群のボートスピードと見事なコース取りで、第1マークを上位で回航。本日2-2-1位と完璧なスコアで暫定首位に上がりました。

 また、本日の注目は大学生チームの活躍です。日本経済大の磯崎/石井はトップフィニッシュを含む絶好調で、前日の13位から総合4位へアップ。早稲田大の小泉/大堀は、軽量チームながらも社会人を抑える走りを見せ総合9位へ。メダルレース進出を決めると同時に、2014年470ジュニアワールド(6月26〜7月3日、イタリア・チェルヴィア)の出場権をほぼ確実としました。

 明日最終日は、上位10艇によるメダルレースと10位以下のゴールド、シルバーフリートレースがおこなわれます。吉田/吉岡の2005年以来となる2度目の女子優勝を飾るのか? スリーボンド、チームアビームの逆転ドラマはあるのか? 大混戦となっている中位グループの決着は? メダルレースは、明日午後からおこなわれます。

◎470全日本選手権・メダルレース進出チーム
18点 吉田愛/吉岡美帆(ベネッセホールディングス)
22点 松永鉄也/吉田雄悟(スリーボンド)
29点 土居一斗/今村公彦(チームアビーム)
42点 磯崎哲也/石井佑典(日本経済大)
45点 河合龍太郎/小川晋平(三井住友海上)
48点 宮川英之/内野航太(シエスタ)
55点 chang-ju kim/ji-hoon kim(チーム・インチョン)
57点 今村亮/大嶋龍介(愛媛県セーリング連盟)
58点 小泉颯作/大堀裕太郎(早稲田大)
60点 飯束潮吹/八山慎司(エス・ピー・ネットワーク)
※メダルレースの得点は、1位0点、2位以下は2倍となります。


抜群のスピードで暫定首位に立った吉田/吉岡。「風が落ちてまわりをよく見られるようになりました」とクルーの吉岡。吉田(旧姓:近藤)は2007年の江の島大会で、加原(旧姓:鎌田)奈緒子と史上初の女子チームによる総合優勝を飾っています。photo by Junichi Hirai


大会5日目(決勝2日目)ゴールドフリート成績表


大会5日目(決勝2日目)シルバーフリート成績表


本日は大学チームが大活躍。第4レースでは序盤からトップを走り、最後まで順位をキープして1位フィニッシュ。総合4位にあがった日本経済大の磯崎(3年)/石井(4年)。photo by Junichi Hirai


韓国チームのパワフルなパンピング。チャーター艇ながらも上位を走る韓国チームは日本よりも大きな体格です。同国のナショナルチームに入るには厳格な体力基準があるそうです。photo by Junichi Hirai


シフトの多い海面で安定して上位を走った河合/小川は5位でメダルレースに進出。三井住友海上に勤務する2人はようやくセーリング環境が整いつつあり、12月のナショナルチーム選考に掛けます。photo by Junichi Hirai


大会4日目ダイジェスト。河合/小川、磯崎/石井、宮川のインタビューがあります。movie create by Kazushige Nakajima / Dailysailing.com


スリーボンドの吉田雄悟とベネッセの吉田愛の夫婦による頂点対決は史上初。「吉田家は陸でも海でも弱肉強食ということになっています。どちらでも負けません(笑)」と吉田愛。手強い奥さんです。photo by Junichi Hirai


来年イタリアで開催される470ジュニアワールド枠(2014年12月31日時点で22歳以下)を獲得した早稲田大の小泉(写真右)/大堀。西宮全日本インカレ後、小松一憲コーチとともに山口、福岡で合宿して大会に挑んでいます。メダルレース進出は大金星。photo by Junichi Hirai

◎470全日本選手権(速報、成績、写真集、動画集)
http://www.fsaf.net/470

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ