吉田/吉岡、メダル獲得圏内で最終レース進出へ!リオ五輪セーリング9日目

  • 17
  • Aug

CH6I2636
 8月16日、リオ五輪セーリング9日目の日本選手は、49er級、49erFX級、470級男女の予選最終日に出場しました。メダルレース進出が期待された49er級の牧野幸雄/高橋賢次は15-16-20位の成績で18位へ後退。470級女子の吉田 愛/吉岡美帆は4-13-1位、総合6位でメダルレース進出を決めました。(BHM編集部)

 総合6位ながらも吉田/吉岡の上位との得点差はわずかです。1位のイギリスは金メダルを確実としたため、銀・銅をニュージーランド、スロベニア、アメリカ、フランス、日本、オランダ、オーストリアで競うことになります。

470級女子メダルレース直前の得点
1. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 28p
2. NZL Jo Aleh / Polly Powrie 48p(-6点)
3. SLO Tina Mrak / Veronika Macarol 50p(-4点)
4. USA Anne Haeger / Briana Provancha 51p(-3点)
5. FRA Camille Lecointre / Helene Defrance 52p(-2点)
6. JPN Ai Kondo Yoshida / Miho Yoshioka 54p(0点)
7. NED Afrodite Zegers / Anneloes van Veen 59p(+5点)
8. AUT Lara Vadlau / Jolanta Ogar 64p(+10点)
9. BRA Fernanda Oliveira / Ana Luiza Barbachan 71p
10. POL Agnieszka Skrzypulec / Irmina Gliszczynska 98p

 吉田/吉岡を中心に見ると2位までの得点差は6点。メダルレースは得点が2倍になるため、日本が上位4カ国よりも先に、間に2艇入れてフィニッシュできれば銀メダル。上位3カ国よりも先に、間に1艇入れてフィニッシュすれば銅メダルとなります。

 後位置から「攻める」ことになる日本は得点を考慮すれば不利に違いありませんが、2位のニュージーランド、3位のスロベニアはメダルを死守するため、保守的な戦い方になることが考えられます。ここにアメリカ、フランスがどう絡むか? そして、ここに日本のチャンスがある、と編集長は見ています。

 いずれにしても、470級メダルレースは複雑な展開になると予想されます。みなさん、最大限の応援をリオへ届けてください!

7Z7A9716
49er級の牧野幸雄/高橋賢次。健闘及ばずメダルレース進出なりませんでした。photo by Junichi Hirai

CH6I4713
メダルレースはビーチからも観戦できる近距離でおこなわれました。photo by Junichi Hirai

The Rio 2016 Olympic Sailing Competition
ナクラ17初代五輪金メダルに輝いたアルゼンチン。photo by Sailing Energy

CH6I4791
ラジアル級メダルレースのスタート。photo by Junichi Hirai

The Rio 2016 Olympic Sailing Competition
レーザーラジアル級はオランダのマリット・ボウミスタが金メダルです。photo by Sailing Energy

7Z7A0337
昨年、癌がみつかり、左肺を摘出したサンティアゴ・ランゲ(アルゼンチン)。メダルレースでは2回のペナルティーにも屈せず、1点差で金メダルを獲得しました。オプティミストの「ランゲ」を手掛ける彼は現在54歳。記者会見では現状のセーリング界へ対して次のように発言しました。「ナクラ17は、東京五輪が終わったら変更するべきだ。なぜなら、あまりにもお金が掛かるから。ナクラ17に若者が挑戦することはできないだろう。わたしたちは、まず、セーリングの将来を考え、お金のない若者でも挑戦できる艇種を選ぶべきだ」と、高騰する傾向にあるオリンピックに対して警鐘を鳴らしました。photo by Junichi Hirai

16.08.16_470w
470級女子暫定成績。8月16日10レース終了時
吉田 愛/吉岡美帆 6位

16.08.16_470m
470級男子暫定成績。8月16日10レース終了時
土居一斗/今村公彦 17位

16.08.16_49er
49er級暫定成績。8月16日12レース終了時
牧野幸雄/高橋賢次 18位

16.08.16_49erfx
49erFX級暫定成績。8月16日12レース終了時
宮川恵子/高野芹奈 20位

16.08.16_laserradial
ラジアル級 最終成績
1. NED Marit Bouwmeester 61p
2. IRL Annalise Murphy 67p
3. DEN Anne-Marie Rindom 71p
20. 土居愛実

16.08.16_finn
フィン級 最終成績
1. GBR Giles Scott 36p
2. SLO Vasilij Zbogar 68p
3. USA Caleb Paine 76p

16.08.16_laser
レーザー級 最終成績
1. AUS Tom Burton 73p
2. CRO Tonci Stipanovic 75p
3. NZL Sam Meech 85p

16.08.16_nacra
ナクラ17級 最終成績
1. ARG Santiago Lange / Cecilia Carranza Saroli 77p
2. AUS Jason Waterhouse / Lisa Darmanin 78p
3. AUT Thomas Zajac / Tanja Frank 78p

16.08.14_rsxm
RS:X級男子 最終成績
1. NED Dorian Van Rysselberghe 25p
2. GBR Nick Dempsey 52p
3. FRA Pierre Le Coq 86p
15. 富澤 慎

16.08.14_rsxw
RS:X級女子 最終成績
1. FRA Charline Picon 64p
2. CHN Peina Chen 66p
3. RUS Stefania Elfutina 69p
20. 伊勢田愛

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ