吉田愛/吉岡美帆、3位でメダルレースへ!

  • 31
  • Jan

 1月30日、ISAFセーリングワールド・マイアミ大会5日目は、朝から風弱く、470級男女、49er級のレースはキャンセルされました。RS:X級は残った風で2レースおこない、富澤 慎は総合20位、板庇雄馬は55位で大会を終えました。これでRS:X級の第一次選考が終了です。第二次選考は3月後半から始まるスペイン・マヨルカ島のプリンセスソフィア杯。今回の結果とあわせてリオ五輪RS:X級男子の日本代表が決定します。(BHM編集部)

15.01.30_7Z7A4308
レーザーラジアル級もトップ選手が出場しています。ラジアル女王、マリット・ボウミスタ(NED)がメダルレースを前にトップに立ちました。モスワールド女子2位のアナリース・マーフィー(IRL)は現在10位です。photo by Junichi Hirai

 レースがおこなわれなかった49er級の牧野幸雄/高橋賢次は24位で終了です。リオ五輪の出場枠を獲得してない日本は、11月アルゼンチンで開催される世界選手権で残り3つの出場国枠を取ることが目標。ワールドで獲得できなかった場合は、来年3月にアブダビで開催されるアジアカップで残された1枠(アジア枠)を競うことになります。

 470級男子は、前日の成績そのままで、土居一斗/今村公彦(19位)、飯束潮吹/八山慎司(34位)はメダルレースに進出できず終了。日本からは松永鉄也/吉田雄悟が10位でファイナルへ進みます。また、女子の吉田 愛/吉岡美帆は現在3位でメダル圏内です。2位のGBRとの得点差は14点、4位スロベニアとは1点差。精神力が試される場面ですが、ぜひメダルを狙って戦ってほしいと思います。

「ダウンウインドの走りがよくなっているので、戦いやすくなってきてるのを感じます。スピードが出るようになって自分のコースを走れるようになった。ワールドカップは、去年のアブダビ(ISAFワールドカップファイナル)で3位に入ったけれど、それは上位の選手がでていなかったから。今回は、このチームではじめて表彰台を狙える位置にいます。がんばります!」(吉田 愛)

「この大会がはじまってから、コンビネーションがしっくりいかなくて、自分のセーリングができていなかった。やっと昨日うまく修正できた感じがします。ちょっと遅かったですね。(10位でメダルレースに出るので)ぎりぎり生き残りました。これ以上下がることはないので、思い切り戦いたい」(松永鉄也)

15.01.30_4J5A2499
午前中はぎりぎりレースできましたが、午後になったらこのような海面に。気温も上がって海に飛び込む選手も出てきました。photo by Junichi Hirai

15.01.30_4J5A2510
470帝王、ベルチャー/ライアン(AUS)も時間を持て余しています。コバレンココーチもメディアボートに来て話し込んでいました。photo by Junichi Hirai

15.01.30_4J5A2521
結局、午後からスタートの種目はノーレースに。予選落ちした選手は早々に帰る準備をはじめました。弱き者は去れと言われているような厳しい世界です。いまワールドカップやオリンピックは、メダルレースまでが予選です。メダルレースに出てやっとレース本番(決勝戦)という位置づけなのです。photo by Junichi HIrai

15.01.30_4J5A2535
メダルレースを前にハルを磨く吉田選手。仕上げのポリッシュはマックルーブのハルコートを使っていました。photo by Junichi Hirai


ISAF SAILING WORLD CUP MIAMI 2015 5日目ダイジェスト映像

ISAF SAILING WORLD CUP MIAMI 2015
http://mocr.ussailing.org/

ISAFセーリングワールドカップ 大会5日目成績
RS:X級男子 65艇 14R終了時
1. NED Dorian Van Rijsselberge 65.00p
2. FRA Thomas Goyard 75.00p
3. GRE Byron Kokkalanis 79.00p
20. JPN Makoto Tomizawa 182.00p
53. JPN Yuma Itabisashi 248.00p

470級男子 42艇 8R終了時
1. GBR Luke Patience / Elliot Willis 17.00p
2. AUS Mathew Belcher / William Ryan 32.00p
3. ESP Onan Barreiros / Juan Curbelo Cabrera 45.00p
10. JPN Tetsuya Matsunaga / Yugo Yoshida 84.00p
19. JPN Kazuto Doi / Kimihiko Imamura 125.00p
34. JPN Shibuki Iitsuka / Shinji Hachiyama 213.00p

470級女子 30艇 8R終了時
1. NZL Jo Aleh / Polly Powrie 11.00p
2. GBR Hannah Mills / Saskia Clark 30.00p
3. JPN Ai Kondo Yoshida / Miho Yoshioka 44.00p
4. SLO Tina Mrak / Veronika Macarol 45.00p
5. GBR Sophie Weguelin / Eilidh McIntyre 49.00p
6. NED Afrodite Kyranakou / Anneloes van Veen 52.00p

49er級 56艇 12R終了時
1. AUT Nico Delle – Karth / Nikolaus Resch 66.00p
2. AUS Joel Turner / Iain Jensen 67.00p
3. ESP Carlos Paz / Anton Paz Blanco 80.00p
24. JPN Yukio Makino / Kenji Takahashi 150.00p

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
関東ミドルボートオーナーズクラブ
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ