吉田・吉岡が暫定トップへ!江の島470世界選手権3日目フォトレポート

  • 06
  • Aug

 8月6日、江の島で開催されている470級世界選手権3日目。江の島沖は朝から南風が吹き、予定通りにレース開始。中風、不規則な波のあるコンディションで3レース実施しました。成績は次のとおりです。大会4日目から決勝シリーズ(ゴールド・シルバーフリート)が始まり、最終メダルレースは9日におこなわれます。(BHM編集部)


2位と僅差ながらトップに出た吉田・吉岡。photo by Junichi Hirai

2019江の島470級世界選手権 3日目成績
女子 参加39艇 5レース終了時
1. 吉田愛/吉岡美帆 16p
2. POL Agnieszka SKRZYPULEC / Jolanta OGAR 17p
3. GBR Hannah MILLS / Eilidh MCINTYRE 20p
13. 宇田川真乃/工藤彩乃 50p
17. 田中美紗樹/野田乙心 58p
32. 林優季/西代周 113p

男子 参加52艇 5レース終了時
1. ESP Jordi XAMMAR / Nicolas RODRIGUEZ 8p
2. AUS Mathew BELCHER / Will RYAN 9p
3. ITA Giacomo FERRARI / Giulio CALABRÒ 10p
7. 岡田奎樹/外薗潤平 15p
10. 土居一斗/木村直矢 23p
14. 磯崎哲也/高柳彬 30p
15. 市野直毅/長谷川孝 31p
25. 小泉颯作/松尾虎太郎 41p
30. 高山大智/今村公彦 51p
46. 河合龍太郎/中澤太郎 79p
48. 出道耕輔/中川大河 89p

◎2019江の島470世界選手権(速報、ニュース、レース結果、ライブトラッキング等)
http://2019worlds.470.org/


3日目は南から入る不規則な波と強い潮流があるむずかしい海面でした。photo by Junichi Hirai


5-4-(10)で総合10位へ上がった土居一斗/木村直矢。photo by Junichi Hirai


なんと3レース連続1位で総合トップに立ったジョルディ・ニコラス(ESP)。photo by Junichi Hirai


日本男子トップに立つ岡田奎樹/外薗潤平。「日本人選手の動向はあまり気にしていません。明日からは風も上がってくる予報で、吹いたら外国人選手が強いので、彼らとどう戦っていくかを考えています」(岡田)。photo by Junichi Hirai


辛くもゴールドフリートに残った小泉颯作/松尾虎太郎。photo by Junichi Hirai


470のバース。日差しを避けるテントを用意するチームもいます。photo by Junichi Hirai


470世界選手権レース3日目ハイライト映像

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ