冬休みに座間味島でセーリングしよう!フューチャーズ座間味レガッタのご案内

  • 13
  • Sep

 今年も沖縄座間味で「FUTURES ZAMAMI REGATTA」(フューチャーズ座間味レガッタ)が開催されます。このレガッタは、オプティミスト級を使って座間味島の美しい海でセーリングしよう、というなんとも魅力的なイベントなのです。(BHM編集部)


今年もフューチャーズ座間味レガッタが開催されます。エントリー開始は11月15日。詳しくは実施要項をお読みください

 これまでバルクヘッドマガジンで紹介してきたので、気になっている方は多いのではないしょうか。

 フューチャーズ座間味レガッタは、ヨットレースも大切ですが、それ以上に、きれいな海でセーリング(もちろん泳いだりシュノーケリングしたり)、沖縄や他クラブの子どもたちと交流したり、大人も子供も一緒に冬休みを楽しむイベントです。

 また、タイミングがあえば、座間味島で特訓する日本ナショナルチームの練習を見学させてもらいます。こちらは、海上練習もそうですが、陸上フィジカルトレーニングの大切さが分かる刺激的な見学になると思います。

◎2019 FUTURES ZAMAMI REGATTA 実施要項
http://www.japan-opti.com/2019-FZR-jisshiyoukou.pdf


座間味にはかわいいウミガメが泳いでいます


昨年のフューチャーズ座間味レガッタは強風で沖に出られず、港内でリレー形式でおこなわれました

 フューチャーズ座間味レガッタはどんなヨットレースなの? と言われると、なかなか答えに難しい部分があります。なぜなら、座間味島でお借りするオプティミスト級の数に限りがあり、全員に配艇できないこともあるからです。その場合は、選手同士が乗り換えて使用することになります。

 また、悪天候になるとセーリングできないばかりか、沖縄本島を往復するフェリーが休航してしまうこともあります(こうしたトラブルも終わってみれば良い思い出になりますよね?)。

 昨年おこなわれた第3回大会では、海が荒れたためレース形式を急遽変更して、港内の風の弱い場所を選んで、チームを2グループに分けてOP級2艇によるリレーに変更しました(優勝チームにはレース委員長からブルーシールアイスが贈られました)。

 上級のOPセーラーには「ちょっと物足りない」と感じるかもしれません。これまでの参加者は、セーリングを始めたばかりの選手が多く、彼ら中心の内容が考えられています。

 上級のお兄さん、お姉さんセーラーは、船を準備したり、レース運営したり、OPの乗り方を教えてあげる「お手伝い」として参加することもできます。

 このイベントは、日本のクラス協会や組織やグループといった背景があるわけではありません。レース一辺倒ではないので、気持ちをリフレッシュするにはうってつけのイベントです。

 2019フューチャーズ座間味レガッタのスケジュールは12月26日〜29日です。今年も編集長は参加する予定です。みなさん、ぜひ座間味島でゆっくりしたセーリングを楽しみませんか?


座間味の阿真ビーチでシュノーケリング(希望者のみ)。セーリングだけでない「遊び」もフューチャーズ座間味の大切な部分です

参考:これまでのFZR様子。バルクヘッドマガジンレポート
第3回フューチャーズ座間味レガッタ2018
第2回フューチャーズ座間味レガッタ2017
第1回フューチャーズ座間味レガッタ2016

第4回 2019 FUTURES ZAMAMI REGATTA 実施要項抜粋
目的:沖縄県内外のジュニアセーラーおよびJSAFナショナルチームとの交流を通じて、沖縄におけるジュニアセーラーの育成およびセーリング競技の普及発展を図ることを目的とする

主催:座間味ヨットレース実行委員会(会長:座間味村長 宮里 哲)

開催場所:座間味村阿真ビーチ

参加資格:ジュニアセーラー(小学生・中学生)とその保護者(原則的に保護者の参加が必要)

参加料:選手5000円(艇チャーター代を含む)、大人・家族・見学者3000円(交流会費など。未就学児は無料)

参加申込:11月15日午前10時より、実行委員会事務局宛にEメールで参加申込を受け付ける(選手20名ほど先着順。沖縄県内の選手を優先します)

問い合わせ先:
2018FUTURESZAMAMI REGATTA 実行委員会事務局 下石衛
e-mail:simoisi2000@yahoo.co.jp

日程:
12月26日 午前 選手アイスブレイクおよび船の準備、午後 船の準備 JSAF NTの練習見学、夕刻 交流会
12月27日 午前 海上練習、午後 プラクティスレース(海況により変更あり)
12月28日 レース(海況により変更あり)
12月29日 午前 後片付け、観光など、午後 解散

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SMAG
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ