冬の葉山でフォイリングバトル!モス級ウインターレガッタ・レポート

  • 06
  • Dec

 12月3、4日 葉山港で「モス級ウインターレガッタ」が開催されました。5月のモスワールドが終わってから久しぶりの葉山大会です。エントリーは11艇と少ないものの、楽しい内容で飛びまくりました。(レポート/橘 直美、photo by Masa Suzuki)

16-12-06_01
風は冷たくも身体は沸騰するフォイリングモス。ウィンターレガッタは北風で4レース実施しました

 初日3日は、朝から北っけの良い風が吹いています。12〜14ノットの中、久しぶりのアメリカズカップスタイルのアビームスタートですっ飛んでいきました。

 コースは、上マークからゲートの外をまわって下マークへ、上り、下り、上りフィニッシュ。この風ではやはり脇永選手は速い! 続いて荒川、高橋、勝元、上位4艇は、かなり接近戦で面白くなりました。

 初日は1-1-1-4位で脇永トップ、3-2-2-1で高橋が2位、4-3-3-3で勝元が3位、2-7-DNS-2で荒川が4位の結果に。初日夜は、SAILFAST社の鈴木家で(品の良い)パーティーで盛り上がりました。

 明けて4日、日曜日は朝から弱い北風です。予報では落ちて午後は南。しかし、早く南に変わったのに一向に風があがってきません。結局12時半まで待ってノーレース。成績は前日のものが最終成績となりました。

 手伝っていただいた方々、ありがとうございました。手伝ってくれた若者3名はノーレース後に入ってきたシーブリーズでフォイリングに挑戦。みんな上手に飛んで楽しんでくれました。

16-12-06_wakinaga
優勝の脇永達也。バウスプリットの装着でフォイリングがより安定したようです

16-12-06_hiroshi
金曜日から葉山入りして気合十分の高橋洸志は2位に

16-12-06_katsumoto
社会人セーラーとして活動する勝元一也。49erにも乗るマルチセーラーです

16-12-06_result
2016モス級ウインターレガッタ成績

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ