五輪日本選手はイタリアへ。ワールドカップ・ジェノバ大会はじまる

  • 16
  • Apr

 4月15日、イタリア・ジェノバで五輪種目の「ワールドカップシリーズ・ジェノバ」が開幕しました。ジェノバは、これまでおこなわれてきたイエール大会(フランス)に代わるW杯イベントで、二年間の開催が決定しています。(BHM編集部)


ジェノバ大会が開催されるマリーナの室内艇置き場。photo by TOMAS MOYA/SAILING ENERGY/WORLD SAILING

 前々週に開催されたマヨルカ島のプリンセスソフィア杯を皮切りにレガッタが続く欧州シリーズ。先週はRS:X級ヨーロッパ選手権が開催されたことから、タイトなスケジュールゆえにW杯ジェノバで同種目の開催がキャンセルされるなど、いまひとつしっくりこないのが現状です。

 また、これまでW杯が開催されていたイエールでは、レーザー級のユーロカップがおこなわれ、多くのユース選手が集まるイベントとなり、月末からはW杯以前に開催されていた「フランス・オリンピックウィーク」(SOF)が復活しています。

 さて、この大会に出場する日本選手は次のとおりです。風が弱いという前評判があるジェノバですが、どのような大会になるでしょうか?


49er艇出場するFXクラス(本大会はオープン参加できます)。15日はナクラ、49er、FXのレースがおこなわれました。photo by JESUS RENEDO/SAILING ENERGY/WORLD SAILING

W杯ジェノバ大会 参加日本艇
470級男子
岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)/外薗潤平(九州旅客鉄道)
土居一斗/木村直矢(アビームコンサルティング)
市野直毅(島精機製作所)/長谷川孝(横浜ゴムMBジャパン)
高山大智/今村公彦(Yamaha Sailing Team Rev’s)
小泉颯作(トヨタ自動車東日本)/松尾 虎太郎(早稲田大学)

470級女子
吉田 愛/吉岡 美帆(ベネッセホールディングス)
宇田川真乃(Yamaha Sailing Revs)/工藤 彩乃(Yamaha Sailing Team Revs・日本大学)
林優季/西代周(明海大学・職)

レーザー級男子
瀬川和正(米子産業体育館)
南里研二(百五銀行)
北村勇一朗(サコス)
鈴木義弘(早稲田大学)

レーザーラジアル級女子
土居愛実(アビームコンサルティング)
冨部柚三子(福井県スポーツ協会)

49er級男子
高橋 稜(レオ)(Auckland University)/小泉 維吹(早稲田大学)

49erFX級女子
山崎アンナ(ノエビア・日本体育大学)/高野芹奈(ノエビア・関西大学)

ナクラ17級男女混合
飯束潮吹/畑山絵里(エス・ピー・ネットワーク)
梶本和歌子(橋本総業ホールディングス)/川田貴章(ミキハウス)

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベストウインド
ファーストマリーン
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
セイル・オン
エス・ピー・ネットワーク
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
コスモマリン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ