主役はスウィング!メルジェス32ワールド

  • 28
  • Sep

 9月27日、メルジェス32世界選手権3日目。アメリカ・ニューポートは朝から曇天。昨日と似たような天候ですが、風はありません。この時点まで2日間で3レースを消化して、若干レース数が足りない折り返し日。レース委員会は風が吹くことを祈るばかりでしょう。(BHM編集部)

 アウトサイド(外海)の海面は、ボートでも30分ほどのも掛かる遠いエリアです。レース海面へ行くまでも長丁場。そして到着するとまっさらな平水面が広がっています。当然のように風待ちです。長い1日を覚悟する始まりとなりました。

 しかし、予想に反して陸よりからそよそよと海面に広がりました。非常に薄い広がり方ですが、レースをはじめたい選手たちは真っ先にとセールをあげてアピール。11時半過ぎにAPが降りてレースがはじまりました。


上マークをトップ回航するスウィング。期待はしていましたが、ジェスパー・ラディッシュの大胆な作戦が功を奏しました。photo by Junichi Hirai

 本日の主役は、〈スウィング〉(鈴木啓介ヘルムスマン)です。第4レースのスタートでは本部船側からきれいに出ると、クリアな風を掴んですぐにタック。そのままぐんぐんと右海面へ突っ走ります。そこへ大きな右に振れるシフトが入ってきて、レグの中盤には艇団をごっそり先行するカタチでトップに立ちました。

 その後、〈Pisces〉〈Warpath〉といったアメリカの強豪に追いつかれかけましたが、コースも無難にトップフィニッシュを飾りました。この強豪のなかで、トップフィニッシュは圧巻のひとこと。このレースでは、〈スレッド〉が8位、〈エスメラルダ〉が10位となり、日本チームの活躍が際立つレースとなりました。このレースでもメディアボートに乗る日本人はわたくし1人だけなのですが、このレースのように日本が活躍すると誇らしげでいられます(笑)。

「右海面のコースはプラン通り。いい感じでスタートできたし、その後、大きなシフトも入ってきたし、すばらしいレースになったよ。ただ、その後の2レースは今ひとつ。風が上がって波が出てくると走りが安定しなくなる。〈スウィング〉は今年結成した若いチームだから、これから改善していきたい。いまの〈スウィング〉にはライトブリーズがいいね」(ジェスパー・ラディッシュ/タクティシャン)

 このレースの後、再び風待ちを強いられましたが、風が大きく変わって一気に15ノットのコンディションに。午後2時過ぎから大急ぎで2レースおこなわれました。これで、消化予定のレースをすべてこなして、6レースを終了しました。規定通りにディスカード(捨てレース)が入り、順位に変動が見られます。

 日本チームの順位は、16位〈マンマユート!〉、17位〈スウィング〉、19位〈エスメラルダ〉、26位〈夜叉侍〉、28位〈スレッド〉、33位〈ケットフィーク〉。大会4日目も2レース、もしくは3レースが予定されています。

フェイスブック・バルクヘッドマガジンではフォトギャラリーや最新情報を発信しています。


日本チーム最高順位の〈マンマユート!〉。このワールドはメルジェス32全日本選手権にもなっています。非公式ですが。photo by Junichi Hirai


上マークからオフセット(ヒッチ)マークへと走る艇団。photo by Junichi Hirai


軽風では全艇のボートスピードはかなり近くマーク回航は大混雑。ジェネカーアップのタイミング次第では、艇団をごっそり抜き去ることも可能です。photo by Junichi Hirai


昨年のワールド覇者〈Goombay Smash〉が、楽しいパフォーマンスを披露。頭の先から爪先までオレンジ!この姿でレースに出場していました。photo by Junichi Hirai


ホストを担当するニューヨークヨットクラブ。しかし、船はニューポートシップヤードに係留されるためクラブは閑散としています。ヨットクラブの建物(上写真)とは違うセーリングセンターに公式掲示板、審問室、運営ルーム、メディアルームがあるぐらいです。photo by Junichi Hirai

2012 Melges 32 World Championship Day3
1. ITA Bombarda 1-6-9-3-2-(26) 21p
2. USA Samba Pa Ti (20)-8-1-12-1-1 23p
3. USA Pisces 4-1-(19)-2-4-13 24p
4. USA Warpath 2-(15)-4-7-8-3 24p
5. BER Hedgehog 5-(7)-2-4-7-6 24p
6. USA Goombay Smash 3-3-12-(29)-9-9 36p
16. Mamma Aiuto 16-10-22-14-10-(24) 72p
17. Swing 15-13-(DNF)-1-23-25 77p
19. Esmeralda 21-(28)-17-10-14-19 81p
26. Yasha Samurai 24-22-24-(27)-20-16 106p
28. SLED (DNF)-DNC-20-8-32-31 125p
33. Quetefeek 29-30-(31)-28-33-30 148p

◎2012 Melges 32 World Championship
http://www.nyyc.org/melges32worlds-sep20-29/

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ