世界最大級のボートショー。写真で巡るデュッセルドルフ国際ボートショー

  • 09
  • Feb

 1月20〜28日、ドイツ・デュッセルドルフで日本より一足早く「デュッセルドルフ国際ボートショー」が開催されました。期間は2回の週末を含む9日間です。70カ国から1800以上の出展者が質の高い製品やサービスを提供し、70カ国からウオータースポーツファン、約24万2000人が来場しました。(レポート・写真/桔梗敏行 ノアスポーツ)

boot17_BL11186
デュッセルドルフボートショーの規模は巨大です。室内に作られたプールではオプティミスト級のヨットレースがおこなわれていました。photo by event media

 このボートショーのディレクターの話では、デュッセルドルフボートショーは世界で最も重要なプラットホームであり、優れた販売実績が報告されているとのことです。

 全17ホールの中でヨットは2ホールでしたが、日本ではめったに見れない60フィートクラスの巨大ヨットがたくさん並んでいる様子に圧倒されました。またそのヨットの外観だけでなくインテリア、価格などをお互い比較しながら見比べられます。

50フィートオーバーでも2人で操船。最近のヨットのトレンドは?

 デュッセルドルフボートショーでは、大きいメーカーから小さいメーカーまで、各種比較して見ることができるので、最新のトレンドやイノベーションを調べることができます。

 モダンでスポーティなヨットは、よりスターン部は幅広になり、広いコクピットやロッカーが増え、後部キャビンははるかに大きなスペースがあります。よって操舵はデュアルコントロールで最適なポジションを確保でき、それにより中央通路がトランサムとコクピットを容易に安全に移動可能になります。

 多くのメーカーに共通して言えるのはクリアなライン、機能的、効率的なデザイン傾向で、セルフ・タッキングジブでクルーが簡単にコントロールできるシンプルな配置になっています。50フィートオーバーでも2人でコントロール可能な快適性と安全性を持っています。

 また、ヴァンデ・グローブでフォイル艇が優勝した例から、一部の高速ヨットにフォイルを採用されるかと思いましたが、まだプロトタイプの段階でした。

 ディンギーでは、フォイル艇のAクラスカタマランがでヨーロッパ各地でレースをしています。ナクラは昨年フォイル艇を出展していましたが、少しアールのついたセンターボード艇でした。

Impressions
デュッセルドルフ国際ボートショーの入口。photo by event media

boot17_MK11504
内陸にあるデュッセルドルフは海に面していません。展示されるボートはライン川、もしくは陸路で搬入されてきます。。photo by event media

boot17_MK19390
17の会場で行われているデュッセルドルフボートショー。写真はヨットの展示会場です。photo by event media

boot17_MK14916
カヌー体験できる水路も室内に作ってしまいます。日本では想像できない規模には驚かされます。photo by event media

boot17_MK27978
人気セーラーがステージにあがりトークショーがおこなわれていました。大勢が熱心に聞いています。photo by event media

IMG_1320
どんな効果が期待できるのでしょうか? クラブスワン50のラダーは波状です。スワンはイスラエルでも生産されるようになりました

IMG_1395
セーリングクルーザーはコクピットがフラットになってきています(キャビンは深い位置にあります)

IMG_1415
フォイリングカタマランの代表格、Aクラスはウインドサーフィンと同じウィッシュボーンブーム仕様が展示されていました

IMG_1423
別のプールでは、1.5mの波を作りサーフイン大会やスクールが開かれていました

IMG_1463
〈FLO1〉オランダのシングルハンド・フォイル・ディンギーです

IMG_1467
〈FLO1〉はトラベラーカーを使ってフォイルの角度を変えます

IMG_1477
ディンギーの展示会場

IMG_1482
26フィートのフォイリング・カタマラン〈Easy to fly〉

IMG_1500
デヘラー34のシンプルなデッキレイアウト。ユーデル・フローリックが設計しています

IMG_1504
ハンゼに装備されているe-motionというラダー。ペラが内蔵されるラダードライブシステムが発表されました

IMG_1506
このセールボートは、停泊時、コクピット後方がワイドに広がります。パーティに便利でしょうが、船体断面がズレるなんてすごいことを考えるものです

IMG_1550
X-Yachts(デンマーク)の新艇X4とX6

IMG_1525
ユーロヨットオブザイヤーを獲得したフランスのRM36。ボトム形状はチャイン、デッキ内側のウインチにシーティングされるなどアイデアが盛り込まれています

IMG_1539
イギリスの高級ヨット、Oyster675

IMG_1544
デュフォー社のセーリングクルーザーのトランサムには、シンクとプレートが付いていて、バーベキューパーティがすぐできる仕様です

IMG_1560
ユーロヨットオブイヤーを獲得したPOGO36

◎Boot Dusseldorf
http://www.boat-duesseldorf.com/
◎取材協力:メッセデュッセルドルフジャパン
https://www.messe-dus.co.jp/home/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ