上位チーム大接戦、和歌山ナショナルチーム選考3日目成績

  • 14
  • Dec

 12月14日、和歌山ナショナルチーム選考の成績です。選考3日目は軽風で2〜3レースを実施。各クラスの成績にカットレースが入り、上位/下位グループが明確になってきました。470級男子は、磯崎/二神、今村/外薗、市野/長谷川、レーザー男子は南里、瀬川が1点差。RS:X級男子は板庇、岩崎、女子の大西、小嶺が同点首位、と接戦が続いています。(BHM編集部、写真提供/和歌山セーリングセンター)

15.12.14_01
磯崎/二神に続いて下マークを回航する今村/外薗

15.12.14_470m
選考3日目 470級男子成績

15.12.14_470w
470級女子成績

15.12.14_49er
49er級成績

15.12.14_49erfx
49erFX級成績

15.12.14_02
フィニッシュ直前のレーザー級

15.12.14_laser
レーザー級成績

15.12.14_rsxm
RS:X級男子成績

15.12.14_rsxw
RS:X級女子成績

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ