ヴァンデ・グローブ大会記録更新!アルメル、念願の初優勝を飾る

  • 20
  • Jan

 1月19日、ヴァンデ・グローブ世界一周レースで、フランスのArmel Le Cléac’hが、74日3時間35分46秒(距離27455マイル/平均速度15.43ノット)で大会記録を更新、初優勝を飾りました。(BHM編集部)

16.01.20_01
Armel Le Cléac’hがフィニッシュ。前記録を約4日も短縮する74日3時間の大記録を達成しました。3回目の挑戦となるArmelは、これまで2位(2008–2009年)、2位(2012–2013年)でしたが、ついに念願の優勝を果たしましたphoto by Jean Marie Liot / DPPI / Vendee Globe

 Armel Le Cléac’hは、19日午後3時37分(現地時間)に、スタート地点でもあるレ・サーブル=ドロンヌへフィニッシュ。バウ先に立ち、大きく右手をあげてフィニッシュラインを切りました。前日には、〈HUGO BOSS〉Alex THOMSON(GBR、42歳)に約30マイル差まで詰め寄られる場面もありましたが、最後の1日で先に風をつかみリードをひろげました。

「いまわたしの夢が叶いました。10年前、勝つことを望んで出場したけれど2位。きょうはパーフェクトな1日でした。わたしのチームも同じようにドリームチームになったことに驚いています。アレックス(トムソン)に追われる立場は非常に難しく苦しかった。(アレックスを)ケープホーンで800マイル離した時、これほどプレッシャーを与えられるとは思っていませんでした。アレックスの2位は素晴らしいことです」(Armel Le Cléac’h)

17.01.20_05
ハイドロフォイルの性能を十分に発揮した〈Banque Populaire VIII〉。photo by Vincent Curutchet / DPPI / Vendee Globe

17.01.20_04
レ・サーブル=ドロンヌではたくさんのボートがArmel Le Cléac’hを迎えました。Olivier Blanchet / DPPI / Vendee Globe

17.01.20_06
フィニッシュした瞬間のArmel Le Cléac’h。photo by Jean Marie Liot / DPPI / Vendee Globe

17.01.20_03
2人の子どもが船に乗り込んで感動の再会です。photo by Jean Marie Liot / DPPI / Vendee Globe

17.01.20_02
発煙筒を掲げて水路を行くArmel Le Cléac’h。レ・サーブル=ドロンヌはフィニッシュを観戦する人たちでぎっしりです。ライブ中継されたフィニッシュシーンは世界中のファンが視聴しました。photo by Christophe Launay


74日目ハイライト。Armel Le Cléac’hのフィニッシュシーン

◎Vendée Globe
http://www.vendeeglobe.org/

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ