ヴァンデグローブ、後半戦。ケープホーンをまわり再び南大西洋へ

  • 27
  • Dec

 12月26日、ヴァンデグローブは、世界一周最大の難所と言われる南アメリカ大陸最南端ケープホーン(南緯55度58分)をトップ2艇が回航しました。首位を走るArmel Le Cleac’h(FRA。39歳)と、2位のAlex THOMSON(GBR、42歳)は、すでにフォークランド諸島をまわって大西洋を北上。ヴァンデ・グローブは、スタート後に通過した南大西洋レグに入りました。(BHM編集部)

16-12-27_02
トップを走るArmel Le Cleac’h〈Banque Populaire VIII〉。photo by Armel Le Cleac’h

 Armel Le Cleac’hと〈Hugo Boss〉Alex THOMSONの差は300マイルです。スターボード側のフォイルを故障しているAlex THOMSONは必死にしがみつき、約800マイル以上あった差を一気に詰めることに成功しました。

 Armel Le Cleac’hは前回大会を超えるスピードで新記録を更新する勢いです。ケープホーンの回航時で比較すると前回大会で記録を塗り替えたFrancois Gabartよりも5日5時間38分、先行しました。ちなみにヴァンデ・グローブ世界一周記録は78日2時間16分40秒です。Armel Le Cleac’hの新記録樹立が期待されます。

 トップ艇の快進撃とは反対にリタイア艇は10艇(参加29艇中)となり、引き続き厳しいヴァンデ・グローブが続いています。

 インド洋オーストラリア南西を走っていたSébastien Destremau(FRA。52歳)は、30ノットの風の中、大波を受けてキャプサイズ。艇体、マストも横倒しになり、「まるでディンギーのように沈をしたんだ。私はキャビンの中になかにいて、その瞬間 “終わったな”と思った。でも数秒して船はゆっくりと立ち直ったんだ。本当に奇跡だ」とコメントしました。

SAILING - VENDEE GLOBE 2016 - START
ポジション(成績)は最後尾。キャプサイズするも復活してレースを続行しているSébastien Destremau。photo by Jean-Marie Liot / DPPI / Vendee Globe


47日目ハイライト映像。ケープホーンを回航するArmelはシャンパンで乾杯です


クリスマスにケープホーンを通過するAlex THOMSON

16-12-27_01
12月27日時点の成績と上位選手のデータ。現在10艇がリタイアしています

Thomas Coville (FRA) and his 31m maxi trimaran Sodebo Ultim’ has successfully broken the solo round the world record
ヴァンデ・グローブとは別で同時期にスタートした31メートル・マキシトライマラン〈Sodebo〉Thomas Coville(FRA、48歳)が、世界一周ソロ新記録を更新しました(ヴァンデとは船、ルール、コースが違うため同一に競われません)。記録は28400マイルを49日3時間7分38秒で走りました。photo by Christophe Launay

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
セイコー
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ