レーザー4.7予選終了、高山ゴールドフリート

  • 07
  • Apr

 アルゼンチン・ブエノスアイレス、レーザー4.7級世界選手権。今日は南西から風速12〜20ノットの風で、出艇前の男子は得意風域に喜ぶ反面、予選最終日で少し緊張しているようでした。艤装やフィッティングの確認、レースの注意事項を確認、集中力を切らさない程度の雑談でリラックスして出艇しました。(レポート/藤谷匠 JSAFジュニア・ユース育成強化委員会・ジュニアアスリート担当コーチ、写真/高橋昌威 JSAFジュニア・ユース育成強化委員会)


混戦の中、第1上マークを回航する佐藤と樋口

 男子は、総合36位以上がゴールドフリートです。そして、高山が得意風域で奮起しました。1レース目を2位、2レース目を9位とシングルでまとめ前日の43位から32位にジャンプアップ。見事ゴールドフリート入りを果たしました。樋口は実力があるものの自分のミスで順位を落としてしまい、総合成績も37位になりました。あと3点でゴールドフリートというところだったので最後のミスが大変悔やまれます。佐藤は1マークまでは良いところにいるのですが、世界選手権の長いコースに体力が続かず総合49位まで順位を落としてしまいました。

 女子も懸命に乗っていますがトップの選手たちには置いていかれてしまいます。メイントリムとチョッピーな波に対応できれば勝負ができると思いますが、うまくいきません。それぞれ順位を4番下げる結果となりました。

 今日は風向的にヨットクラブから出るとちょうど風下がレース海面になりますが、レース海面は本線航路を避けているため、かなり沖に出ています。行きは良いのですが、帰りはクローズで帰ることになり、レース後の選手たちには辛かったと思います。しっかりとクールダウンをして明日に備えます。

 予選ラウンドを終えて目標が変わった選手もいますが、気持ちを切り替えて応援していただいている方々の期待に応えられるようにラスト4レースの上位を目指します。


第7レースで2位フィニッシュを決めた高山。「ペースを上げるのに時間がかかりましたが 調子が上がってきたので、総合10番台を目指します」

◎レーザー4.7級世界選手権8レース終了時
男子(72艇参加)
32位 高山達矢 25-30-(BFD)-19-15-6-2-9 106p
37位 樋口 碧 9-(27)-26-13-18-22-15-14 117p
49位 佐藤宏樹 23-24-(30)-13-18-24-29-24 155p

女子(46艇参加)
18位 国見彩乃 15-19-18-5-(31)-14-22-21 114p
26位 林 佳奈 9-33-22-11-22-27-30-(34) 154p

◎ARGENTINA 2012 4.7 YOUTH WORLD CHAMPIONSHIP
http://www.laserworld2012.org.ar/


国見ご夫妻にディナーに招待いただきました。選手たちは当地のステーキに興奮しつつ美味しくいただきました


ブエノスアイレスの夜景

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ