レッドブル・ユースアメリカズカップ日本人クルー選考、逗子で開催

  • 23
  • Apr

 4月23、24日、逗子マリーナでレッドブル・ユースアメリカズカップを目標に、日本人クルー選考がおこなわれています。2017年6月のアメリカズカップ期間中に開催されるレッドブル・ユースアメリカズカップ。対象となるのは、この大会に出場できる19〜25歳までの選手です。今月はじめに募集要項が発表され、出場意思を持つ11名が集まりました。(BHM編集部)

4J5A96502
逗子で2日間おこなわれている日本人クルー選考。セーリングテストはGC32を使っておこなわれます。photo by Junichi Hirai

 このクルー選考に注目してる読者は多いでしょう。ユースアメリカズカップに日本が挑戦するのははじめてのこと。このクルー選考は、アメリカズカップと日本のユース世代がはじめて結びつくトライアル・イベントです。

 選考は、面接、体力測定、セーリングに分けられ、選手たちがグループになってそれぞれのテストを受けていきます。

 面接では、英語で自身のセーリング歴、志望の動機等を話し、体力テストでは、昨年末のソフトバンクチームジャパン・クルー選考の一部内容が引き継がれ、ローイングマシン、腹筋・背筋、ランがおこなわれます。動作を繰り返す単純な体力テストですが、相当にタフな内容です。セーリングは、マンマユートチームのGC32を使用し、フライング・セーリングするなかでトライアルがおこなわれます。

 國米チームキャプテン(法政大4年)によれば、今回の選考で数名を選んでチームを作り、国内のトレーニング(GC32、ナクラ17やフライングファントム等)を経て、海外レースの参戦も計画しているとのこと。また、今回、参加できなかった応募者のために、第2回クルー選考も予定されています。

 いま世界では、このユースアメリカズカップを目標にするチームが動き出しています。〈ランドローバーBARアカデミー〉(GBR)は、エクストリームセーリングシリーズに。またニュージーランドチームの〈チームチルト〉はGC32レーシングツアーに参戦予定です。日本と同じようにGC32でトレーニングすることも興味深いところです。

 ついに始動したユースアメリカズカップ日本チームの活動に注目です。

4J5A9330
体力テストのラン。一定区間をテンポアップしていくリズムに合わせて往復します。photo by Junichi Hirai

4J5A9361
腹筋。タイムを測ります。photo by Junichi Hirai

4J5A9342
面接。五輪選手の松永鉄也が面接に加わり、緊張感のあるなかでおこなわれました。photo by Junichi Hirai

4J5A9907
セーリングテストには〈マンマユート〉の海外チームがサポートしています。photo by Junichi Hirai

====================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ポール・スチュアート
ジャストヨット運送
日本レジャーチャンネル
ベイトリップ セーリング
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
リビエラリゾート
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ