リオ五輪、カイトボーディング採用決定

  • 06
  • May

 5月5日、国際セーリング連盟は、2016年リオ五輪でカイトボーディングの採用を決定しました。カイトボーディングは、男女ウインドサーフィン種目(現・RS:X級)に代わり、新種目としておこなわれることになります。普及という意味では、他競技と比べようにないほど世界に浸透しているウインドサーフィン種目がなくなるのは残念ですが、これも時代の流れなのでしょうか。また、投票の結果、マルチハル種目はナクラ17が選ばれました。2016年リオ五輪の種目は次のとおりです。(BHM編集部)


2016年オリンピックで新採用されるカイトボーディング。投票はウインドとたった2票差という結果でした。photo by International kiteboarding class Association

◎リオ五輪セーリング競技10種目
男子・カイトボーディング
女子・カイトボーディング
男子ひとり乗り・レーザー級
女子ひとり乗り・レーザーラジアル級
男子ひとり乗り(重量級)・フィン級
男子ふたり乗り・470級
女子ふたり乗り・470級
男子スキフ・49er級
女子スキフ・49er FX級(マッカイFX)
男女混合ふたり乗りマルチハル・ナクラ17

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ダウンアンダーセイリングジャパン
ノースセールジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
SWING
コスモマリン
葉山セーリングカレッジ
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
エイ・シー・ティー
HELLY HANSEN
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ