ヨットレース繁盛記。春テーザーに久々参戦

  • 01
  • May

 さあ、ヨットレースが華やかなゴールデンウィークがはじまりました! 連休前半は天候に恵まれ、最高のセーリング日和に。連載「ヨットレース繁盛記」のスミコねえさんは、4月27、28日に葉山港で開催されたテーザースプリングレガッタに出場。久々のドタバタ・クルーワークでうれしい悲鳴をあげたのでした。(BHM編集部)


はやカッコイイ、テーザー界のキング・佐藤/村岸(中央)と。8月の米ゴージの世界選手権での活躍に期待です! 左はスキッパー由さん。右はトロフィーにべたべた手垢をつけいるわたし

連載ヨットレース繁盛記!ドタバタ編
「テーザースプリングレガッタ2013」

 黄金週間の最初の土日は、なんと! 7年ぶりのコンビ復活でテーザースプリングレガッタに参加です。わたし自身もテーザーの公式戦に出るのは1年半ぶり。楽しみで楽しみで、遠足前夜に眠れない子供みたいになりながら当日の朝を迎えました。(文・写真/石丸寿美子)

『ねーねー、42条違反っていつ回るの? 今でしょー! 』

 今回はクルーでの参加です。クルーとかできるのか?! 大丈夫なのか?ワタシ。接戦の下マーク回航とかを想像するとモーレツにソワソワしてきます。

 そんなソワソワ感とは裏腹に天気図の等圧線はびろーんとしています。さいわい2日間ともお日様マーク、沖メシのおにぎりが海苔別包装だったとしても余裕〜な感じのマイルドな予報です。ありがたいです! 3回しか練習していないので。

 当日は朝から快晴!参加艇は関西方面からのカートップ遠征組を含め28艇。さわやかな南寄りの軽風で2日間のレガッタがスタートしました。

 第1レース、ロケットスタートが決まり、1カミあわやトップ回航! という感じでしたが鼻の差で前を切られて2番手で回ります。うわー、クラクラしますね。でも今思えば、今回のハイライトはココだったのでした。

 その後、衝撃的な出来事が! サイド下レグで、ジュリーボートに規則42.2違反(パンピング)で笛を吹かれてしまいました。

 まさか自分たちじゃないよねーなんてタカをくくっていたけれど、セールナンバーをコールされてしまったのでもはやどうしようもありません。

 で、いつ回るの?! 今でしょー! ということでドタバタと720度のペナルティーを履行。これは痛い! 一気に順位を落とし、その後もコースミスもあったりと踏ん張りがきかず、気づけば12位。うーん、残念。1カミ番長になってしまいました。

 2レース目からは、風速5〜8メートルくらいの順風になりました。左海面がいいってわかっているのに攻めきれず、ああ、やっぱり左だったよねー、みたいなレース展開が多く、なかなかうまく行きません。

 それに、今日の風はサボって楽すると遅くなる風域なんです! 大変!  もう、なまりきった腹筋でヒーヒー言いながらハイクアウトです。ご愛嬌でマークタッチをカミとシモで1回ずつ。初日は順風で4レースを消化して終了。

 ふー、今日1日で計1440度も回ってしまいました。自己新記録。


芦屋、大阪北港など関西組はカートップで遠征です!

『わたしの腹筋は数年前から行方不明。どこ行った?』

 2日目も快晴です。あちこち筋肉痛だけど、もう1日元気にガンバリマス! 初日の順風でリグがルーズすぎて(サボり気味のハイクアウトでは)既にオーバーパワーだったため、ちょっとセッティングを変えて出艇です。

 楽すると遅くなるんだろうけど、ハイクアウトでいっぱいいっぱいになるよりは、楽なセッティングで楽に走った方が、結果的に余裕ができて順位も上がるんじゃない? という屁理屈をこねくりまわしてみました。

 そもそも、わたしの腹筋さんは数年前からずっと行方不明のままなんです。どこに行っちゃったんでしょう。

 小さい声で言っておきます。今回のスキッパー伊藤 由さんとは、2006年にコンビを組んで全日本タイトルを取っています。

 当時は(腹筋もちゃんと所在が明らかだったし!)本当に一生懸命練習して、由さんに引っ張り上げてもらったおかげですけど。でも、7年ぶりってことは、当然お互い7つずつ歳とったということです。ハッハッハ。

 この日も最初のレースは軽風で始まりました。昨日の成績ですっかり吹っ切れたわたしたちは、肩の力を抜いてレースを楽しむモードです。いい所もあったけど、ダメなところもあり、真ん中が定位置ですかね。そんな甘くないなー。

でも、初日よりはだいぶ慣れて、滑りも良くなってきました。その後、だんだん風があがり、気づけば順風になってきました。キツイ!  けど楽しい!


久しぶりにテーザー仲間と再会してワイワイ盛り上がりました。ちょっとユルいけど、レースはそれなりにレベル高いです

『将来はテーザーおばあちゃんを目指すぜっ!』

 そうそう、この日は新しいRRSの附則LのU旗(編注:スタート前1分間でスタート両端と最初のマークを結んだ三角形ゾーンから出てはいけない。出たら失格。再スタート(ゼネリコ等)、スタート前にレースが延期・中止された場合は失格にならない。I旗と黒色旗の中間のペナルティにあたるもの)が初お目見えしましたよ。

 ルール講習会で習ったばかりだったこともあり、揚がった時は、「おおぉ〜」と唸ってしまいました。さすがに抑止力となり、U旗が揚がったレースは少し凹んでオールフェアのスタートでした。

 長〜い1日となりましたが、4レースを消化し、2日間で予定通り8レースを完了。もう、ヘトヘトのボロボロだけど、なぜか笑顔になってしまいます。

 成績は、28艇中真ん中ちょい落ちの16位でした。ボートスピードが全く足りず、セオリーどおりにやってもセオリーにならないくらいの圧倒的な差で上位陣とは全く勝負にならなかったけれど、中盤のフリートではデットヒートを繰り返したりして、濃厚なレースを楽しみました。

 テーザーは、一見ちょっとユルいけど、上位陣はそれなりにレベル高く、オトナのヨット遊びとしては、サイコーに楽しいクラスです。久々のクルーワーク、もっと圧倒的にダメダメかと思ったけど、想像してたよりちゃんと動けて、そう言えばクルーが好きだったんだってことも思い出しました。

 楽しかったです! 自分の一挙手一投足がボートスピードにダイレクトにリンクする一体感は、ディンギーならではの楽しさですね。

 自転車で原っぱを駆け巡るみたいな爽快感があります。これからもずっと、マイペースでテーザー続けて行けたらな、と思います。将来は、日本初・テーザーおばあちゃんを目指すのも悪くないかも?

 風と天気に恵まれたサイコーの2日間でした。葉山の海は、今、一年で一番いい季節です!


2013年テーザースプリングレガッタ成績表

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
丸玉運送
ネオネットマリン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
VELOCITEK
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ