ヨットレース繁盛記。新年!鈍った体でバウ

  • 14
  • Jan

 ひさびさ登場の「ヨットレース繁盛記」です。この連載は、葉山界隈のクラブレース、ロングレース、時々テーザーにも乗っちゃうホビーホーク号の石丸すみーこ艇長による参戦記。バルクヘッドマガジンの人気記事です。不定期連載ではありますが、今年もガンガン飛ばしていきます。みなさん、おたのしみに!(BHM編集部)

15.01.14_DSC_0106
江の島沖で漂うホビーホーク号。photo by O.Yuko

連載ヨットレース繁盛記
第24回 ニューイヤーズレガッタ

 1月4日、早くも葉山マリーナヨットクラブ(HMYC)クラブレースの2015年シリーズに突入しました。お正月休みで体がお餅みたいにびろーんとなまりきってしまったので、そろそろ喝を入れないといけません。恒例の森戸大明神による海上安全祈願祭でしっかりお祈りし、ドックアウトです。(文/石丸寿美子)

 今日は、懐かしいメンバーを含め7人が集まりました。そして顔ぶれを見て気づきます。どう考えてもバウがいませんよ? それでも誰かがやらないといけないとしたら、どう考えても私しかいませんよ? 体はお餅みたいで全くキレがないし、着ぶくれでとても軽やかには動けそうにないけど仕方ありません。今日のヘルムは任せてへさき労働です。失敗しても許してねー。

15.01.14_IMG_3093
ドライブは後ろのおじさま方に任せて、きょうはバウを担当するのです。photo by Hobbyhawk

威勢よくスピンホイスト!…スピンバックもあがる

 本日のコースは、葉山〜烏帽子岩往復のショートディスタンス。新年早々26艇が集まりました。朝の早いうちは、それでもまだ走れる程度の風が吹いていましたが、スタートの頃にはすっかりしぼんでしまい、はっきり言ってベタ。ヘディングを江の島方面に向け、超スローな走り出しです。

 北東のダウンウインド、スピンを飛ばすのに難儀しそうな風速ですが、ここはひとつ、華麗なスピンアップを見せておかないと! そして、2015年最初のスピンアップで勢いよく揚がっていったのは、…スピンバッグでした。ぬぉー。バッグを留めるのを忘れました。スピンバッグでは走るものも走りません。

 今日は、海の透明度が高く、スコーンと抜けているため海底まではっきり見えます。空気も澄んでいて富士山もすばらしく、本当に気持ちの良い天気で小躍りしそうになります。あとは、風だけです…。うーん、1時間経ってもまだスタートラインがすぐそこに見えます。

 だらしなく垂れ下がるスピンをひろげながら走っていると、前から一筋のブローラインが沸いてきて、いよいよ南が入ったかなと思っても、辿り着くころにはしぼんで消えてしまいました。

 しばらくしてまたフワっと降りてきたパフに望みを託してみたものの、またしても騙されて、まんまと風あるある詐欺にひっかかってしまいます。

 ヘディングは変えないままジブだけ返すことも数知れず。全員シモに固まって縮こまり、膝を抱えて顔が映るくらい“トゥルントゥルン”(編注:ツルンツルンの意か?)の水面を見つめます。烏帽子岩なんて程遠く、どうやら江の島でコース短縮になるようです。江の島が遠い〜。本部船も遠い〜。

 その後もまわりの顔ぶれは変わらず、一進一退の横並びで長いこと悶絶していましたが、やっと南のそよ風が一面に広がり、走り始めます。おぉー、前に進むってスバラシイ!

15.01.14_IMG_3094
トゥルントゥルンの海面です。photo by Hobbyhawk

フィニッシュまであとちょっと。でも風が売り切れたよ

 15時のタイムリミットまで20分。フィニッシュラインの目の前までやってきました。ふー、ここまでくれば大丈夫でしょう。万が一これでフィニッシュできなかったら、もうわたしヨット辞めるよ〜。などと口走ったあと、大汗をかくことになります。

 全体的にしっかり南の風が入り、今度こそ本物! と思っていたのに、江の島に差し掛かると、急に風、売り切れてしまいます。へっぴり腰で意気地のない南風めー。

 しかも、南風なのに岸(北)だけは残るというトリックをしかけてきました。一気に形勢が不利になり、ついさっきまで抑えて走っていたフネも豆粒みたいに小さくなるくらい引き離されてしまいました。

 キツネにつままれた感じでフィニッシュ。そして次のフネがフィニッシュする前に長音が鳴り響き、タイムリミットとなりました。

 なんと、葉山から江の島まで4時間! 平均速度1ノット。新年早々すさまじい悶絶でした。フィニッシュした中ではビリ。この先は上昇しかなということで、ヨシとします。優勝は、〈CRESCENT II〉(SEAM33)でした。なんとファーストホーム。おめでとうございます!

バウもたのし。2015年もしあわせでありますように

 バウも楽しかったー。今日は大してやることないとタカをくくっていましたが、気まぐれな風に翻弄され、まさかのクイックジャイブがあったり、あげたり下ろしたりと忙しかったです。ほとんどお笑いに近いものがありました。頭でわかっているのと、実際やるのとでは大違いです。わはは。たまにはデッキワークもらないといけませんね。

 そして、今日はうれしいことがありました。先代ホビーホーク時代の懐かしいメンバーが連絡をくれて乗りに来てくれました。一緒にレースをするのはたぶん10年ぶりくらいです。

 みんな、仕事、家庭、転居などで離れてしまったり、乗れない時期があったりもするけれど、変わらずに続けている人たちがいれば、戻れる環境があるってことですね。

 毎年、相変わらずで進歩ないなーとぼやきながらも、こうやって何年たっても変わらず海に来れること、ずっと変わらない環境で続けていられることこそが幸せなことなのかもしれません。この先もずっと相変わらずでいいかなーと思います。

 2015年は、どんな風が吹いて、どんなセーリングが待っているのか。ムフフ、今から楽しみです。

15.01.14_01
第24回ニューイヤーズレガッタ成績表。優勝は〈CRESCENT II〉でした

15.01.14_DSC_0062
レースの前に安全祈願祭がおこなわれました。今年も安全にセーリングしましょう!photo by O.Yuko

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
リスクマネジメント・アルファ
ベイトリップ セーリング
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
日本ORC協会
関東ミドルボートオーナーズクラブ
Velocitek
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ファクトリーゼロ