ヨットレース繁盛記。大人の夏休みは大島へ

  • 09
  • Aug

 相模湾のセーラーにとって、伊豆大島はいつも遠くに見ている身近な島であり、年に1度は訪れたいあこがれの島でもあります。葉山から大島波浮港まで約40マイル。ここでおこなわれる夏恒例のヨットレースイベントが「トウキョウズカップ」です。いつも元気なホビーホーク号は、夏休み満喫気分フルスロットルで大島に行ってきました。(BHM編集部)

14.08.09_01
会社を休んで大島へ。大人の夏休みの始まりです。photo by HobbyHawk

連載ヨットレース繁盛記
トウキョウズカップ

 8月2日、夏の恒例イベント、トウキョウズカップに参加しました。行き先は、5月のレースで夜中にこわ〜い目に遭ったあの伊豆大島です。驚愕の筆島事変から2カ月。ようやくダメージから立ち直り、Newセールで「トウキョウズカップ」に参戦です。(文/石丸寿美子)

 8月1日、仕事を休んだ陽気なオトナたち9人がスキップしながら集まってきました。午前8時、大島へ向けてドックアウトです。

 この日は絶好のクルージング日和! 青い空に丁度いい風。まさに夏休みって感じです。途中からは真上りの風になり、大島にとっついてからは30ノットオーバーの三原おろしに見舞われ、強烈なうねりの中を叩かれながら、びちょびちょになって大島に到着。

14.08.09_02
葉山から大島まで40マイル。早朝に出て昼過ぎに到着できる距離です。大島が見えてきました。イイ風吹いてます。photo by HobbyHawk

 翌土曜日。朝からいい風が吹いています。トウキョウズカップは三崎をスタートして大島の波浮でフィニッシュするAコースと、大島に滞在しながら、島をぐるっと回るBコースがあります。

 でも、どういうわけか〈ホビーホーク〉はずっとユルユルのBコース派です。程よい距離の大島往復のクルージングと、島にのんびり2泊する楽しみはもちろん、Bコースもなかなか奥が深くて面白いのです。

 スタート海面の岡田沖に向かいます。概ね南西の風ですが、島の地形によって本当に風が目まぐるしくて、突風が吹いて来たと思ったら、急にパッタリと止んだり、まさかの北風が吹いて来たり。

 そしてスタートエリアの西側の山を駆け下りて来る風がまたすごくて、振れ幅50度くらいのミサイルシフトがドキューンと打ち込まれて「あわわわわ」となったり。大島って…かなり忙しい島なのです。

 風は12〜15ノットくらいの南西風で、ポートのアビームスタートです。タックスタートをすべく突っ込んでくるスタボー艇をディップしてかわし、アウターを狙って出る作戦でしたが、ミート艇がもう1艇あらわれ、すれ違いざまにミジップが軽く接触してしまいました。ひゃー、スミマセン! スタート直後にバタバタと720度のペナルティーターン。

 まずは風早に向けてクローズリーチで走ります。強弱激しくトリマーは大忙し。風早をかわしたあたりでクローズホールドになりました。そして、あっという間に元町まで来ました!

 ここから先は潮も風も複雑な難しいエリアに突入です。タックのポイントを探りながら、各艇、くっついたり離れたり至近距離でデッドヒートを繰り広げます。そして、元町を通過したあたりで急にスローダウン。ついに来ましたよ、いつもの怪しい感じが。。。

14.08.09_04
潮も風も複雑なエリアに突入!障害物競走みたいに色々なことが次々起こるのです。photo by HobbyHawk

勝つか負けるか。大島丼大食い選手権

 振れまくる風、蛇行した潮目、大きな周期のうねり。そのうねりにバウを振り回され、潮に押されるとセールも風にはらまず、風も上下でねじれていたりして、計器もテルテールもあまり当てになりません。身体じゅうのセンサーをピコピコさせながら走ります。でも、こういうの嫌いじゃないです! 燃えるー!

 その後も次から次へと障害物競走みたいに色々なことが起こり、大島丼・トッピング全部乗せ・フィニッシュまで食べ放題!みたいになってきました。

 暫くして苦し紛れに打ったタックのあと、あれ? 突如追い越しレーンに入ったみたいです。みんなヘディングをあちこちに向けて苦しんでいるところを、神風に乗ってシャーッと走り出しました。あっという間に全艇を抜き去り、へ? と思っているうちにトップに躍り出てしまいました。うぉー! 大島丼の大食い選手権に優勝した気分です。

 えーと、何するんだっけ? そうです、トップ艇はフィニッシュを探さないと!  つい後ろをチラ見して小躍りしそうになりますが、まだ歯を見せてはいけません。

 竜王埼が見えてきました。波浮沖のフィニッシュに向けて少しずつベアダウンし、ジェネカーアップ。追いかけてきた上のクラスの2艇、〈アドニス〉(First35)、〈O&S〉(Y33S)にはその後キャッチアップされましたが、それでも修正ではまだまだ上にいるはずなので、どうやら総合優勝が見えてきました。

 でも…。このままで終わらないのがトウキョウズカップ。なんと、同型艇〈アデレード〉が沖から驚くべき潮に乗って大外刈りを仕掛けてきました。ホビーホークの位置からは最短でフィニッシュを目指すしかなす術なく…。13:07フィニッシュ。はー、大島丼大食い選手権は逆転で敗北です。参りました!

 Bクラス総合優勝は〈アデレード〉、〈ホビーホーク〉は第2位、第3位は〈アドニス〉でした。残念ながらAコースはスタート直後から風がなく全艇DNF、でも大島付近では例によって強烈な三原おろしで大変だったようです。

 今年のトウキョウズカップも激しく楽しかったです。昨年の台風で甚大な被害を受けた伊豆大島ですが、今年もこうやって迎え入れてくれた島のみなさんに感謝します。緑に覆われたこの素晴らしい自然と、島の人々の暮らしがいつまでも守られますように。

14.08.09_03
大島の西側、元町沖。山に目をやると今も残る地滑りの跡に心が痛みます。photo by HobbyHawk

14.08.09_07
島の断崖近くを走る〈フェローズ〉。これぞ「島レース」といった写真ですね。photo by Masaki Nakamura

14.08.09_05
ホビーホーク号はクラス2位を獲得。がんばりました!photo by HobbyHawk

14.08.09_09
風と太陽の恵みたっぷりの3日間でした。あれ、写真に地底人が混じっていませんか?photo by HobbyHawk

14.08.09_08
トウキョウズカップ成績。Aクラスは全艇DNFになりました

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
BayTrip Sailing
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ