ヨットレース繁盛記。テーザー乗って筋肉痛

  • 30
  • Aug

 バルクヘッドマガジンの人気連載「ヨットレース繁盛記」。今回はいつものクルーザーレースとは違ってテーザー級のレースに出場です。何を隠そう筆者のスミコ姉さんは、クルーザーだけでなくディンギーも乗りこなし、世界選手権にも出場しちゃったりするマルチセーラーなのです。しかし、テーザーに乗るのは1年以上ぶり。久々のクルーワークにカラダはついていけるのか?(BHM編集部)

14.08.30_01
8月24日、葉山で開催されたミッドサマーレガッタに出場。当日はマイルドな軽風レースでした。4レースやって大満足です!photo by Yusuke Sakai

連載ヨットレース繁盛記
テーザーミッドサマー

 先週の日曜日は、かなーり久しぶりにテーザーのレースに参加しました。軽くてスイスイ走るテーザーの爽快感を久々に味わいたくて、クルーのお誘いを軽く受けてしまいました。練習ナシのぶっつけ本番。ひゃー、大丈夫か? わたし。(文/石丸寿美子)

 1年以上間が空いてしまったテーザーセーリング。ラッシュガード、ハイクアウトパンツ、ライジャケまで、しまっておいただけなのに全てのウエアが著しく縮んでいました。怪奇現象かな(太ったとも言う)。

 ちゃんと動けるのかちょっと不安はありますが、今のところ軽風コンディションなのでなんとかなりそうです。午後、本格的なシーブリーズが入ってきたらちょっと厳しいかも。

 ディンギーレースのスタートってドキドキしますねー。いつものレースとは一味違う緊張感! 練習してないので、テーマは「タックは少なめ、会話は多め」ということにしておきます。わはは。

きょうは久々のディンギーレースです

 第1レース、ドッキドキでスタートしたけどゼネリコだったので、またドキドキのやり直し! I旗でのリスタートとなったけれど、まずまずのスタートを切り、滑りも角度も悪くないです。弱い風の中4レースを予定しているためか、スーパーショートコースです。展開が速いので、頭の回転も速くしないとー!

 風が少し落ち、スローな感じになったところでコース短縮となりフィニッシュ。25艇中8位、意外なシングルフィニッシュです。わー、楽しい!

 第2レース、第3レースと同じようなレンジの風ですが、南風の割には振れ幅が大きく、それぞれマークを打ちかえてからのスタートとなりました。

 どうやら脳内のメモ機能が激しく劣化しているようです。波をひとつ乗り越えるだけでタック直後の角度を忘れてしまします。

 有利なサイドへ返そうと思っていても、あれこれ迷っているうちにコースエンドに来てしまったりと、テンポに慣れるのに時間がかかったけど、頭と体が忙しいディンギーレースを一喜一憂しながら楽しみました!

わたしの腹筋、悲鳴を上げちゃう!

 午後になり、安定したシーブリーズが入って来ました。第4レースはこの風でスタートです。えーと、まだ余裕だけど、これ以上はまずいです…。最後の上りで、不覚にもタックで足がもつれて逆ジブダンスをしてしまったけど、腹筋が悲鳴を上げる前にレース終了、ホッ!

 短かいコースのおかげで、何とかボロが出ずに4レース持ちました。楽しかったー。どのレースも中盤が定位置で、総合成績も真ん中の13位でした。

 やっぱりテーザー楽しいです。自転車で原っぱを走り回るような爽快感です! しばらく乗れなくなって休んでいても、声をかけてくれる仲間がいて、いつでも戻って来れる環境があるってイイですね。

 全身心地よい疲労感に包まれた翌日は、変な歩き方になっています(筋肉痛で)。

 テーザーは、9月、10月と公式戦が続き、11月の全日本が終わると、年明けにはオーストラリアで世界選手権があります。そして、2017年には日本での開催が決まっています。

 その時にいくつになっているかは…、足し算するのをやめておきます。

14.08.30_02
優勝の池田/森チーム。おめでとー! photo by I.Sumiko

======================================
わたしたちは走り続けるセーラーを応援します
BULKHEAD magazine supported by
ベイトリップ セーリング
ポール・スチュアート
ベストウインド
パフォーマンス セイルクラフト ジャパン
SAILFAST
ウルマンセイルスジャパン
ノースセールジャパン
入船鋼材
フッドセイルメイカースジャパン
アビームコンサルティング
トーヨーアサノ
Velocitek
銚子マリーナ
コスモマリン
Gill Japan/フォーチュン
JIB
一点鐘
エイ・シー・ティー
ハーケンジャパン
ファクトリーゼロ